fc2ブログ

NEW

「晴天を衝け」第4回

2021/03/08 01:14

今回の配役を見ていて、世代交代が進んだなあ~という感想を持ったが、
あ、開国派というか開明的な人はあまり時代劇では見ない人たちを当てたのかなと思った。

例えば、慶喜役の草薙君。
見た目的にはあらいい感じの慶喜公だわ、と思ったけど、
着物を着ての畳の上の所作は、さすがに、堤真一、うまい。だから、かっこいい。
小姓? としての作法を慶喜が堤さんに教えていたけど、堤さんの所作の方が時代劇っぽくてかっこ良かったと思う。
そういえば、両親と会った慶喜を見て、「こうしてみると年相応」と堤さんが言っていたけど、いったいいくつなんだろう?
日米和親条約締結が1854年で、慶喜が生まれたのが1837年だから、17歳?
なるほど、確かに若いな(笑)

他の人たちも、全然時代劇をやってないわけじゃないとは思うけど、
なんというか、顔ぶれと所作が、初々しいというか、板についてないというか。
私は時代劇の型がとても好きなので、残念な気がしないわけじゃないけど、
こういう見せ方もありなのかもしれないな~とも思った。

結構、幕閣のあれこれをかっこよさげに描いているけど、
開国を迫られた時の幕府の対応って、もしかして、こんなんだったのかな~と思うような今日この頃。
いろいろ大変な中、収録して放映してくれるだけでありがたい、とも思っていますよ。
おもしろいと思って見てますので。^^

TAG : 大河ドラマ晴天を衝け

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

「晴天を衝け」第3回

2021/02/28 21:07

「こんばんは、徳川家康です」
って、あれ、毎回やるんかい(笑)

初回を視聴したときに、一番強く感じたのは、役者の世代交代、だった。
時代劇的に大御所と呼ばれるような役者さんがほとんど出ていない。
まあ、毎回最初に北大路欣也が出てくるわけだけど(笑)
でも、おそらく役者さんだけじゃないんだろうと思う。
「麒麟」は戦国時代だったから、さほど強くは感じなかったけれど、
今回は、世代交代の感が非常に強い。
自分の年齢を実感したものの、これはこれで面白いとも思う。
これからが楽しみだ。

この3回、藍の色が美しい。
何故かピンクが好きだといわれることがあるけど、私は青が好きなので、
色とりどり、というと変だけど、いろいろなバリエーションの青がとても美しいと思う。
関東地方の冬の乾いた空気をあの青い空が思い起こさせ、
桑の葉の緑と藍の青が毎回とても美しくて好きだ。

今回、栄一は藍葉の買い付けをする。
息子が父親の仕事をその目で見、その背を追い、育つ。
失われて久しい、今では幻でしかないそのストーリーは、幻だからこそ、大切に思える。
こういう物語では、息子の視点で語られることがほとんどだが、
おそらく見られている父の背を正すことも多かったのではないかと思う。

親の後を継ぐことも、別な道を進むことも、
どちらが正しいということではない。
どちらにも、良い面も悪い面もある。
進む本人が何を選ぶのか、ではないかと思う。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ミッションクリア

2021/02/27 18:44

昨秋、受講していた課程が修了した。
コンクール、卒業製作と立て続けの提出で、数か月間は、そのことで私の頭の中はいっぱいだった。
当初の目的もそれなりに達成し、まだまだ未熟ではあるものの、基礎課程を修了した私に訪れたのは「で?」という問いだった。
燃え尽きたか、私。

次のステップに進むためには、一つクリアしなければならない課題があった。
それ自体は決して難しいものではなかったのに、私は手を付けられず、グズグズと先延ばしにしていた。
なんと4か月。
明日こそ、来週こそ、と思いつつ、なんと4か月放り出していた私。

コロナで云々とか、年末年始で慌ただしかったとか、言い訳すればいろいろできなくはないけれど、
「で?」
から先に進めなかったのだと思う。
やっていること自体は楽しい。ホントに。
技術的にも基礎が修了しただけで、まだまだすべきことはたくさんあるのもわかってた。

我ながら何に引っかかったのか未だにわからない。

ようやく、そのミッションをクリアしてきた。

「で?」
の答えが出たわけではないけれど、
「ま、いいか」
と思い直すことはできたように思う。

「技術は流れるからね」
という先生の言葉を忘れずに、精進していこうと思っている。

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

これはもはや激甚災害

2021/02/23 23:53

桜が散る頃の気温に、もはや春と勘違いしたのは人間だけではなかった。
春の風物詩にしては辛すぎた。
仕事を終え、帰宅、マスクを外した途端、くしゃみ鼻水の嵐。
開けたばかりのティッシュを、この一晩でほぼ使い切った。
お風呂に入っても症状は治まらず。
そうか、鼻で息をしなければ良いのでは、と思った。
何とか布団に入り、絶対、仕事帰りに耳鼻科に行こう! と決意した。
今日は祝日なので、初めて市販薬を購入、服用した。
なんとか治まっているような気がする。
きっと明日の耳鼻科は混んでいるに違いない。(T_T)

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

「晴天を衝く」第2回

2021/02/22 00:32

「麒麟」ロスを楽しむ暇もなく、「晴天」。
「いだてん」系かとちょっと斜に構えていましたが、案外、おもしろそう。

栄一が獅子舞を踊ったシーン。
その行為の向こう側に、人の意図が真っすぐに伝わるのはとても気持ちがいい。
それが、親子なら尚更、かな。

理想でも、夢物語でも、そうだったらいいなと思えるものを描くことに意味はあると思う。
そういう物語が好き。

TAG : 大河ドラマ晴天を衝け

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |