FC2ブログ

ヤマト2205ですってよ

2019/09/01 22:38

 切り絵282
【宇宙戦艦ヤマト2199 真田志郎】

元絵は結城さんの原画集です。
結城さんの真田さんはやっぱりカッコイイです。^^
出来上がりを見て、息子が「あら、イケメン」ですって。
でしょ、でしょ、と思っていたら、
「でも、あんまり深刻な悩みじゃなさそうだね。
夕食はカレーうどんにしようか、カツ丼にしようか、ぐらいな感じ(笑)」
……はい。
覇気の無い副長になっちゃったな~とは思ってましたよ。

さて、9月になり、ヤマトの続編情報でましたね。
宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち
2020年秋上映予定
シリーズ構成:福井晴敏
製作総指揮:西崎彰司


情報と言ってもこれだけですけど。
2時間映画なのか、26話なのか。
東京オリンピック直後か。
……2時間映画、かなぁ?
娘サーシャ登場で、永遠にまでとか。

真田さん、36歳か。
新見ちゃんと結婚してても驚かないよ(笑)
2佐くらいに昇進してるかな。
時間断層は消えてるから、軍需拡大にしても限度がありそうだけど、
ガミラスとの友好関係は更に強まるだろうし、
それでも、イカルス天文台への赴任はなさそうな……^^;
ついでに、真田さんの子育てもなくなる気がする。
虎鉄が相変わらず頑張ってるような気がします。ぷぷ。

8月は暑かったですね。
朝晩は多少涼しくなってきましたが、体調崩されませんようお気をつけくださいませね。

TAG : 切り絵 2199 宇宙戦艦ヤマト 2205 真田志郎

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

映える芹沢

2019/04/28 22:38

切り絵281
【宇宙戦艦ヤマト2202】芹沢虎鉄

虎鉄3連発はいかがなものかと思って、間に真田さんを挟んでみましたが、
圧倒的な芹沢の迫力勝ちです(笑)

アンドロメダの就航式で、バレルや藤堂長官と嫌みの応酬をしてるシーンです。
苦情を言われると、つい、すみませんとか申し訳ありませんとか、口走ってしまう私には到底できない芸当です。
バレル大使も腹の中黒そうですしね~ww
ニコニコ笑いながら、芹沢とタイマンはれそうです。

この時点では、芹沢って、利用してるつもりが逆に利用されて潰される小悪党の典型かと思ってましたが、
案外男気のある、芯の通った人間でした。
とはいっても、己の信念の為にはスターシャと沖田の約束を「ただの口約束」と言い放ってしまうあたり、
やっぱり人としてどうかと思いますけどね。

59歳というと、沖田・土方より1年下、防大で先輩後輩だったんでしょうかね。
芹沢は政治的な野心も持っているようですが、つい、若い頃の純情物語を妄想してしまいます。
ありそうじゃありません? 芹沢、沖田、土方が絡んだ、純情物語。ぷぷ。
誰か書いてくれないかな?(笑)

それにしても、芹沢って切り絵映えするわ~切ってて楽しい(笑)

TAG : 切り絵 宇宙戦艦ヤマト 2202 芹沢虎鉄 第2話

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

真田さんと新見ちゃん

2019/04/27 23:15

切り絵280
【宇宙戦艦ヤマト2202】真田志郎 第2話より

ガトランティス兵の自爆に巻き込まれて新見ちゃんが負傷したシーン。
個人的な付き合いがあるのかないのか、どっちにもとれる、上手い描き方です(笑)
2199の時は、真田さんって新見ちゃんのこと大好きだよねぇと思ってたし、そのわりに新見ちゃんが好きなのは古代守だよね~と思ってました。
私には、「ずっと先生が好きでした」とは思えなかった。
でも2202の新見ちゃんはちゃんと真田さんのこと見てるような気がします。

男の愚痴(弱音)のオンパレード! と感じた2202でしたが(笑)、実は真田さん、意外と弱音を吐いてません。
古代に艦長代理を任せた後も、ヤマト(古代&雪)がテレサと行ってしまった後も、粛々とその事実を引き受けて行動している。そこに支えてくれる存在を感じて、それが新見ちゃんだったらいいなあとか思います。
小説では、古代守に遠慮しているらしい真田さんの姿が描かれてますけど、2202の彼から受ける印象として、それはないかな、と思います。
本編を見た限りでは、新見ちゃんが守に想いを残しているという印象もないですしね。

まあ、この衝立越しを見た限り、一緒に暮らしてるとかはなさそう(笑)
それに、ふたりの関係は恋人同士じゃなくて、師弟愛でも、仲間の信頼でもいいんですよね。
愛って、恋愛だけじゃないと思うので。
全てを男女の恋愛のみに収束させてしまうのは、ちょっと違うと思ってます。

ところで、このブックカバーを掛けた文庫本、何でしょうね?
中原中也の詩集はカバーかかってなくてむき出しでしたし、違う本なのか? と思ってみたり。
カバーかけるには今更じゃない? と思うけど、むき出しで持ち歩いてたら、本が傷んでしまって今更だけどカバーかけてみたのかもね(笑)

「先生、替えのきかない本なんですよね? ダメになったら買い替えればいいというものじゃないのでしょう? だったら、大切にしてくださいね」
と言って、新見ちゃんがブックカバーをプレゼントしたってのはどうだろう?

TAG : 切り絵 宇宙戦艦ヤマト 2202 真田志郎 第2話

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

【切り絵】宇宙戦艦ヤマト2202 芹沢虎鉄

2019/04/22 23:08

切り絵279
【宇宙戦艦ヤマト2202】芹沢虎鉄 第1話より

虎鉄第2弾!(笑)
何故、ピンポイントでそこ!? と息子に言われちゃいましたけど、
この人のこういう所ってとても人間らしくて結構好きです。

2199の伊東・新見の叛乱って、裏で糸を引いていたのは虎鉄でしょうから、
それでも失脚しなかったって、すごい政治力ですね。
尤も、クルーの処遇を慮って事件自体を表沙汰にしなかったのかもしれませんけど。

ワープアウトした巨大戦艦が防衛本部めがけて落ちてくるというシーンですけど、
逃げなければ、と慌てふためく人達に、
「あのスピードでは無駄だ」と、腰抜かしてた割りには、正当な判断してました。
為政者としては、雪や長官のとった「市民の地下都市への避難誘導」が真っ当ですが、
咄嗟の判断としては、芹沢のものが正確だったのだろうと思います。

軍務局長ですしね、有能な人なんでしょう。
その方法が人としてどーよ的なものを含んでいるとはいっても。^^;
でも、グチの1つも零さずに、敵役に徹しているのはなかなか立派だと思います。

あれ。何だか虎鉄寄りになってきたぞ(笑)


そうそう、お友達のオススメに従って、交響曲ヤマトのCDを購入しました。
実は、私はヤマトの音楽を聞くというのをほとんどしてません。
CDも1枚も持ってませんでしたし。
でも、このCD、いろいろといいなと思って、ヘビロテで聞いてます。
帰省と重なってしまったので、このコンサートに行けなかったのが改めて悔やまれます。
CDを聞かないからって、ヤマトの音楽を否定しているわけじゃないんですよ。
ヤマトの音楽、好きですよん。*^^*
秋のコンサートも楽しみです。

TAG : 切り絵 宇宙戦艦ヤマト 2202 芹沢虎鉄 第1話

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

【切り絵】宇宙戦艦ヤマト2202 真田志郎

2019/04/17 14:41

切り絵278
【宇宙戦艦ヤマト2202】第1話より 真田志郎

第1話は真田さんの「てーーーっ」が見せ場なんだけど、
これはその前の「船体上げー」のあたりのはず。
けど、上手く切れなかった。残念。

私は自分で絵を描いていないので、元絵によって出来上がりも違ってくる。
イラストとして素敵でも、切り絵には向かない絵ってのも、もちろんある。
これは、切る前から、ただ切っただけじゃ面白くならないだろーなーと思いながらも、
真田さんの微妙の表情が出れば面白いかも、と思って切ってみたのだけれど。
結果はご覧の通り。
物語の一場面としてはいいのだけど、切り取った時にそれが表せない。
まだまだ修行が足りません。

小っちゃくしてみたら、アラが見えず雰囲気だけでも……なんて思ったけど、それもなかった(笑)
kirie278

あれ、でも、少しエンケンに似ている気がしなくもないかも(笑)
↑言い訳がましい否定の連続ww

時系列的に考えると、この時の真田さんは既に時間断層の存在を知っていたはず。
とはいえ、時間断層の存在が公になっていないことや、
ヤマトのメンバーが軍拡に反対していることで、
ヤマトは普通に整備されていたんだろうね。
そんな中、徳川さんや榎本さんと、真田さんはどんな話をしながら改修していたんだろう。
近いうちにガッツリと出てくる新型艦の存在を知りつつ、それを伏せたまま、
軍拡に反対する仲間と話をするのって、結構、しんどいと思うんだけど。
下手すると裏切り者扱いになっちゃう。

守に陽動作戦を打ち明けられなかったことを後悔していたのなら、
同じように、仲間に全てを打ち明けられないことを心苦しく思っていたのだろうか。
それとも、進に打ち明けたことで、そういう感情を乗り越え、
秘密は秘密として、自分の中に抱えることを選んだ、と考えることもできる。

2202では、真田さんに活躍の場こそあまりないものの、グチグチ言う場面も、実はあまりない。
怪我してる新見ちゃんに泣き付く(笑)場面くらいだ。
古代を艦長代理に指名したのも、真田さんの中では決着がついている問題だったと思うし、
波動砲問題にしても、既に使用することを決意していると思われる。
ああ、探査艦として設計した銀河を違う目的に使われて、文句を言っていたけど。

2199の悩み多き真田青年は、3年の月日を経て、問題を懐に抱え込むことのできる男に成長したのだ。^^

TAG : 宇宙戦艦ヤマト 2202 真田志郎

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |