多謝

2014/09/12 18:02

お休みの日、自宅の外壁を這う蔦を切った。
「草むしりマイブーム」と言っては居るが、自宅の敷地内は放りだしたままだった。
お陰で、蔦の絡まる白壁といえば何やら風情がありそうだが、わさわさとアイビーが這いずり回っている有様。
わずかばかりの敷地には、雑草が高々と生え、いかにも蚊がいそうだ。
さすがにデング熱の可能性は低いと思われるが、蚊が居ること自体嬉しくはない。
ようやく、いっちょやるか、という気になって掃除を始めた次第である。

…というのは、ちょっと大袈裟な決意表明(笑)
剪定バサミを片手に、虫の付いている柊と壁を這うアイビーをちょっとだけでもどうにかして、
後は夫に頼もうかなーと思っていたというのが、真相だったりする。^^;

とりあえず、敷地内の草をむしる。
げっ。裏の方、こんな事になってたのか! 
とこれは草むしりマイブームと敷地の狭さが幸いして、あっという間に終了する。
今まで文句を言わずに、ガスの交換してくれてた業者さん、ごめんなさい。

その後、虫の付いた柊の枝を切る。
これは以前に調べたことがあるのだけれど、ヘリグロテントウノミハムシという害虫なんだよね。
胡蝶の夢-2011/06/15「偽物」
今年もやられました。
昨年は、幼虫が木の幹をはっている姿を夫が目撃したため、夫ががしがしと木を切ってくれました。
よほど気持ち悪かったと見える(笑)

しばらく調子よかったんですけどね。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
やっぱり虫がつき始めたのと、ちょっと邪魔になってきたので手が届く範囲だけでも切ろうと思いまして、ちっちゃな剪定バサミでちょこちょこと切っていたんです。

この柊の木、葉っぱがちくちく尖っていてとてもイタいんですよ。
ビニールに入れてもギュウギュウと抑えられないくらい尖ってる。
だから、ちっちゃくしてチマチマと捨てるしかないので仕方ないんですけど、笑えるくらいの進行の遅さ。

で、息子も呼んで、壁の蔦をはがしてもらう。
ふたりがかりでえっちらおっちらと作業していたら、お隣さんがお買い物から帰って来た。
「あら~大変ねぇ」とちょっくら立ち話。
「時間をとっちゃってごめんねぇ」
とお家に入ったと思ったら、「休憩しなさいよ~」とお茶を2本いただいてしまった。
さすがに暑かったので、ありがたく頂戴し、息子とちょいと休憩タイム。

また、作業をしていると、今度はご近所さんが大きなハサミを手にやってきた。

「そんなんじゃ、いつになっても終わらないわよ! これ貸したげるから」
「ありがとうございます~(*T_T)人(T^T)人(T_T*)」
と話してたら、もひとりご近所さんがベランダから顔を出した。
「あら、ウチにも高枝バサミがあるから貸したげるわよ!」
「ありがとうございます~(ノ◇≦。) ビェーン!!」

とあちこちで立派な道具をお借りして、サクサクと作業は進んだ。
始めたのが遅い時間だったので、今日のゴミの収集には間に合わないだろうなと思っていたが、
それでも4,5袋は出したはず。
ピロピロ~と音がして、収集車が家の前を通り過ぎていく…と思ったら、収集車が家の前で止まったの!!

おじさんが降りてきて、「それ、入れるよ!」と中途半端な袋の中身だけをがさりと入れてくれて、
更には道路に撒き散らかされた枝と葉っぱをガサガサと集めて、拾ってくれるではないか!

「あ、ありがとうございます~。・°°・((((ノTTTωTTT)ノワーン!!」

みんな、いい人だねぇ…(*^^*)ポッ
と、作業を終えて息子と言った。

普段、我が家は相当煩いと思うが、誰も文句を言ってこないご近所さんなので、
それだけでも感謝しているのだが、まあ、ほとんど挨拶以外の交流はないに等しい。
お孫さんがいらっしゃるような御年齢で、ご夫婦で暮らしている方がほとんどなのだけど。

皆さんのご厚意に心から感謝した日であった。
こういうのって嬉しいよね♪

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ガンバレ!錦織圭選手!

2014/09/09 06:00

 saq32

 2014年09月09日 全米オープン 決勝戦。
 錦織圭選手を応援します♪

 インドアなワタシのこと。スポーツにもスポーツ観戦にも興味が薄いのですが。
 同郷(じゃないけど、出雲は第二の故郷なのでそういうことで)のご縁で、錦織選手は以前から応援してます。

 オトモダチにテニス一家がおりまして。
 息子がちょっとテニスを習っていたことがあったんですな。
 その時に「ケイはすごいよ~」とアメリカに行くとか、行ったとかいう話を聞きました。
 10年くらい前の話。
 
 錦織選手が出てきたときに、あ、あの時の話のコだ! と思い、
 それ以来、友人を思い出しつつ、応援している次第。

 日本人初の全米オープン決勝戦。
 WOWOWに入ってないし、仕事もあるので観られませんが。

 どうか力を出し切って戦われますよう。
 心から応援している次第です。^^

 ちなみに、ワタシが知っている「錦織」さんは皆、「にしこおり」と読みました。^^

TAG : ちび真田

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

「軍師官兵衛」感想

2014/09/08 16:20

 saq31
 
 大河ドラマの「軍師官兵衛」が地味にオモシロイです。
 ちょっと前に本能寺の変で信長が討たれ、毛利攻めをしていた官兵衛と秀吉の中国大返しの回なんかは、時代劇的に見所だったと思いますが、
 最近の戦のあまりない政治的なあれこれっちゅーのも、何気に面白いです。
 
 好演しているのは松坂桃李くんだと思います。
 官兵衛の息子・黒田長政を演じているのですが、これが青くてね(笑)
 偉大なる父・軍師官兵衛に認められたくて必死なんですけど、
 とっても素直な気性なんで、表に現れるあれこれに振り回されっぱなしで空回り。
 という、好青年じゃなくて、若き武将を好演してます。

 彼の初々しさや青さが、官兵衛らの懐の深さやら腹黒さやら誠心やらをクローズアップ、いや、グレードアップさせて見せてるんですよね。
 まあ、人質として秀吉の元で育てられたんなら、もちっと物事の裏を読む術を備えていてもよさそうではありますが。^^;
 
 何て言うか、俳優陣のバランスがいいのかな、と思います。
 たぶん、桃李クンがいなかったら、官兵衛やその重臣たちってそれほど「成熟した大人」には見えないと思うんですよね。
 岡田准一、もこみち、高橋一生、濱田岳、と皆さんお若い。
 (あ、濱田くんが「アオイノホノオ」で岡田斗司夫役だったのは笑った!)
 彼らをそれっぽく支えているのは、ご本人らの演技の賜ではあるんでしょうけど、やっぱり桃李クンの長政あってこそ、という気がします。

 官兵衛について、ワタシはほとんど知識がないので
 あまり疑問を抱くことなく愉しく観ているんですが(笑)、
 キリシタン大名であったこととキリスト教の迫害にどう対処したのか、というのはワタシ的に注目してます。
 戦国武将でありながらキリシタンって、ワタシ的には矛盾を抱えているように見えるのですが、
 デウスはあまねく迷える人を救いたもう、ってとこなんでしょうか。
 そして、当然この先はバテレン追放に続くキリシタン禁令がでますから、そこの処はどう描くのかな、と。

 今回、バテレン追放令が既に発せられ、高山右近は棄教を拒み、信仰を貫いたことが伝えられました。
 官兵衛は、右近にむかって「自分は弱い。秀吉様の前で信仰を貫けなかった」と告白しました。
 で、ベタではありますが、「それぞれに課せられている役目は違う。それを果たそう」と右近は官兵衛を受け入れるのでした。

 今回そして次回の城井谷の戦いでもそうですが、官兵衛の双肩に掛かっている責任と己の信念とがずれてきている。
 これは、既に秀吉と官兵衛の間に溝ができつつあるということなんでしょうが、それがとても痛ましいですね。
 宇都宮鎮房に約束した本領安堵を秀吉に覆され、あまつさえ、自分が城井谷(豊前です)の国主として赴任することになる。
 官兵衛を信用して下ったはずの宇都宮の領地を乗っ取った形になりますから、
 官兵衛の心情は如何ばかりかと思わずにはいられません。
 「たばかったか!」と激怒する宇都宮に「天下人・秀吉様のご命令である」と、唾を飛ばして応じる官兵衛。

 やってられっかよ。やーめーたー。
 と言わないのは、やはり、戦国の世を終わらせたいという最終目標があるからなんでしょうね。
 その為には、自分の面目など捨て去ることができる、その強さ。
 でも、やはり辛い。
 だから「救い」を求め、キリスト教への道を歩ませることになったのかなぁと、今記事を書きながら思いました(笑)

 清盛もそーなんですけど、秀吉の晩年はどう描いたところで、正道ではないですからねぇ。
 あの信長とそれに続く秀吉を目の当たりにしていたなら、うん、辛かったでしょーねー。
 そういう意味では、最後までブレなかった家康なんかは、家臣にとってはありがたい人なのかもしれません。

 それにしても戦国武将ってカッコイイですね!
 ま、実際一緒に暮らすのは御免被りたいお方が多いですが(笑)
 吉川元春、小早川隆景、蜂須賀小六なんかもめちゃ格好良かった!

 あ、カッコいいのとはちと違いますが、道薫=荒木村重も凄かったですね。
 いじましいというか、執念というか、浅ましいというか、田中哲司さんが化け物のように演じられてました。
 我が家ではいつまでも「山根パパ」と言われているんですけど(「華和家の四姉妹」より)、
 官兵衛と出会ったときの村重の豪快さ、気っ風の良さが際立っていたため、信長に恨みを抱きだした時のおどろおどろしさが一層光ってました。で、その後出家した後の道薫ときたら、もう化け物。
 STの菊川さんとはエライ違い(笑)
 荒木村重って、もちっと豪快なイメージだけだったんですが、今回、改めさせてもらいました。
 田中さん、すげーっ。

 と、いうわけで、毎週楽しみに観ているんですよ~。感想書いてないですけど。^^
 大河は50回もあるから、いろんな人がクローズアップされて面白いですね♪

 では、ごきげんよう。さようなら。^^
 

TAG : ちび真田

テーマ : 大河ドラマ 軍師官兵衛 - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ハリウッド~~~?

2014/09/08 13:13

まじすか!w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

「宇宙戦艦ヤマト」ハリウッドで実写映画化 | マイナビニュース

「宇宙戦艦ヤマト」ハリウッドで実写化 MI5のマッカリー監督で-スポニチSponichiAnnex

『宇宙戦艦ヤマト』ハリウッドで実写映画化 2017年頃公開 -ORICONSTYLE

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |