親友・2(コメントへの返信も含む)

2015/07/31 16:44

前回の記事(親友)にいただいた反応を見ていると、やはり、こんな事を考えているのはワタシだけだったらしい…ということが判明した。^^;

それでも諦めきれなくて?w、ウチの怪獣にも話してみた結果、要約すると以下のような答えが返ってきた。
「うーん、母さんの言うこともわからないじゃないけど、考えすぎってか、うがち過ぎじゃね? 親友ってのも、カテゴリーのひとつでいんじゃねえの? まあ自分で「親友」って言っちゃうのは無粋だと思うし、「友」くらいにしといた方がカッコいいと思うけど」
とな。

まあ、そういうことかな。
(笑)

日々のドラマの中でも、例えば戦国時代でも、信頼関係にヒビが入り関係が壊れるのに、
大切な人に裏切られた、という感情に起因していることがある。
大きな戦いや困難をくぐり抜けてきた確固たる(と思っていた)信頼関係が崩壊するきっかけとなるのは、
それに相応するような大きな戦いだったり、困難だったりするのではなく、
自分よりも誰かを優先したとか、自分の意見がないがしろにされたといった、ささいな事だったりする。
それが疑いを生み、信頼を壊す。
乗り越えた困難が大きければ大きいほど、ささいな行き違いで人の関係は壊れる。

困難を分かち合うのも難しいが、富貴を分かち合うことは更に難しいと言う。
人はさほどに弱く、他人を信じるのはなかなか難しい。

親友と呼び合う2人の関係に、傷つく人は少ないながらも存在すると思う。
アイコンタクトがとれるような関係、アイツとじゃなきゃ有り得ない関係。
傍から見たとき、大抵の人間はそれを「スゴイ」と思うし、そういう人たちを尊敬する。
けれど、少数ながらもそれを傍観するのではなく、自分こそがそこにありたかったと思う人は存在するだろうと思う。
その場所に自分が居たくて、努力して、でもなれなかった人。
それに傷つくか、嫉むか、妬むか、或いは清々しくそのふたりを尊敬するか。
それは人それぞれだろうけど、心痛める人はきっといると思う。

でも、それは「親友」という言葉とは関係ない。
そんな人の気持ちを考えて言葉を発するのは、忖度のしすぎだ。
言葉をどう扱うかではなく、それはそれに直面する本人が乗り越えるべきものだからね。

「親友」
確かにそれはヒエラルキーではなく、カテゴリーのひとつなのかもしれない。
何故なら、他にその関係を表す言葉を探せないことがあるからだ。

沖田と土方、真田と古代守、古代進と島大介。
彼らの関係性を語るのに、「親友」という言葉は相応しいのかもしれない。

戦友と親友、どちらが重い言葉だと思うか。
それは、たぶん人それぞれに違うのだろう。
ワタシは、親友よりも戦友の方が重い言葉だと思う。
仲の良い友人を全て親友というわけではないのと同じように、
同じ戦いの場にいた人間を全て戦友と呼ぶわけではないだろうと思うから。

これはあるオトモダチの言葉なのだけれど、
真田と古代守は、メ号作戦を真田が伝えられなかったあのシーンではまだ親友ではなかったのだ。
何故なら、親友とは古代と土方のように、全てをわかり合い、それでもなお互いを信頼できる関係だから。
古代守は真田に真実を告げられても、笑って出撃して行っただろう。
告げても告げなくとも、きっと古代守の行動はかわらない。
それを信じることができなかった真田は、道に迷っていたのだろう。
それでも、古代が生きていたなら、いつかは沖田・土方に並ぶ親友になっていただろう。
と。

成る程、と思った。
親友になる(=信頼を得る)にも、一足飛びにはいかない。
相手を発見し、競い合い、互いを認め、試練をくぐり抜け、ふたりの関係は確かなものとなっていく。
沖田・土方、真田・守、進・島という世代の違う3組を描くことで、
成る程、監督は信頼の過程をも描こうとしたのかもしれない。

それにしても、ユリーシャと雪が親友だったという表現、本編でもありましたっけ?
ゆきんこさんが、脚本集から抜粋してくださいましたが、ワタシはビックリ! でした。
(副長関係以外は、結構うろ覚えで…苦笑)
そういえば、監督は上記3組だけでなく、あっちこっちに親友(らしき関係)を配置してましたもんねえ。

でも、やっぱりワタシは自分でそれを発するのはカッコ悪いと感じるなぁ。
「無粋」だと思っちゃう。^^;

それから、ワタシが前記事で例に出したハーロックとルフィの場合、仲間の中に上下関係を設けないのは海賊という関係上当然で、偶然ではないと思う。
コメントでERIさんが仰ったことはまさにその通りで、
逆に言えば、ガンダムの中で、仲間とそれ以外(敵?)というカテゴリーしか存在しなかったら、話そのものが成り立たないしね。
そう考えれば、軍隊という組織で動いている以上、いろんな関係があって然るべきなのかもね。
ERIさんがロマンチストなんじゃなくて、ワタシがひがみっぽいのだな、きっと。^^;

先日、上京した友人と会った。
息子ちゃんが剣道の大会に出るので、武道館まで応援にいったの。
何年ぶりだったかなぁ?
彼女とはカテゴリー的に表現すると、ママ友だ。
子どもが生まれて誰も知り合いのいない土地で10年暮らした。
そこで知り合い、助け合い、たくさんの友人を得た。
その中でも特に親しい存在はあるもので、ほぼ家族同様に暮らしていたひとりだ。
子どもはその家族同様の中に7人いるけれど、同い年なのは一組(ふたり)だけだった。
子ども達同士は、「親の友だちの子」というより「偽兄弟(笑)」というか「親戚」感覚でいる。
今でもあれこれとやりとりしてるっぽいし、たぶん、何年会わなくてもそういう感覚はなくならないだろう。

彼女たちとの関係を、親友というのは、何かちょっと違うような気がする。
もっと近しい、何か、だ。
でも息子達に言わせると、「え、親友じゃね?」なんだそうだ。

「文系の人たちは前提となる言葉のすりあわせをしない」と、養老孟司が森博嗣との対談の中で言っていたけど、
同じ言葉を使っていても、そこにある感覚って案外人によって違うものだってのが、改めてわかった。

たぶん、ワタシは自分の生育過程に於いて、「親友」という言葉に結構なこだわりを持ってしまったんだろう。
まだしばらく、「何か違くね?」とぶつぶついいながら、2199を見ることになるんだろうと思う。

この記事にコメントくださった、ゆきんこ様、ERI様、拍手コメントいただいたK様、Y様ありがとうございました。^^
お返事の記事が遅くなってしまってスミマセンでした。
それからご訪問くださったY様、ようこそいらっしゃいました。^^
呆れずにまたお越しくださいませ。

TAG : 2199

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 4  | トラックバック : 0 |

親友

2015/07/25 01:10

「君は愛する人のために死ねるか」というのは「さらば」のキャッチコピーだったと思うが、
2199」のテーマは、「愛」でも「ロマン」でもなく、「信頼」だったと思う。

そのテーマに沿って、作品中には幾通りかの友情や愛情が描かれている。
同期の桜然り、異星人との信頼然り。

それ自体は監督が選んだテーマとして、否定するつもりはない。
ただ、ワタシがひとつ大きく違和感を感じた言葉がある。
「親友」という言葉だ。

ガミラス側にも、タランとドメルのように、「特に仲の良さそうな友人関係」が匂わせてあったが、
「親友」という言葉が使われたのは、地球人3組だったと思う。

沖田と土方。
真田と古代守。
そして、古代進と島大介だ。

ワタシは「親友」という言葉にとても青臭い匂いを感じている。
その言葉自体を否定するものではないが、「お前だけは特別だよな」という厨二的な気恥ずかしさを感じる。
だから、「方舟」に於いて、土方が沖田を「オレの親友の艦だ」と言った時には、「カッコ悪!」と思ってしまった。

ただ、そう感じたのはワタシの知る限り、ワタシだけだったらしく、誰からも賛同を得ていない。
だから、ワタシはどうしてこんなに違和感を感じるのか、しつこくずっと考えていた。

「親友」ではなく「友」と言ったなら、違和感は感じなかったと思う。
うーん、これは思春期に松本作品にかぶれた影響か? と思い、オトモダチに聞いてみた。
すると、「でも、ハーロックが言う「オレの」友という言葉は、トチローを指しているよね? それと同じ」と言う答えが返ってきた。

そうかな~? 何か違くないかな~? と、これまたしつこく考えていた。

そしてようやく一つの答えに辿り着いた。

「親友」という言葉は、「仲間」というカテゴリーにおいて、そのヒエラルキーの頂点に立つ言葉だと思う。
だから、違和感を感じたんじゃないかと思うのだ。

人と人の関係性に於いて、親密さに差があるのは当然だ。
それ自体を否定したいわけじゃない。
家族と職場の同僚や先輩後輩とを、同じように接するのはヘンだし、
小学校以来の友人と一週間前に知り合った人間に同じような信頼を寄せることは、あまりない。
人と人の関係性に於いて親密さに差がない人がいたら、たぶん、ワタシはその人を信頼できないだろう。
他人から「親友」と呼ばれることを重たいと感じる事もあるかもしれないが、そういう関係性であることは喜ばしいことだと思う。

だが、しかし。
ヤマトのように「一蓮托生」というか、生死を共にするような仲間の間で、
「アイツとオレは親友だ」と公言することに、果たしてメリットがあるだろうか?
「アイツとオレは親友だ」ということは、「アイツじゃないアンタは、オレの親友ではない」と言っていることに等しいのではないか?
「アイツもお前も親友だ」というなら、「アイツとオレは親友だ」という言い方はしないと思う。

つまり、ある集団に於いて、誰かを自分の親友だと公言することは、それ以外の人間を切って捨てるに等しい行為だと思う。
ある集団に属する仲間全員に対して同じような厚意を抱く、同じような信頼を寄せる、ということは通常有り得ないことではあるものの、それを公言することにどんなメリットがあるのかワタシにはわからない。
親友と呼ばれたたった1人(或いは数人)が喜び、そこから漏れた残り全員が不愉快になるだけじゃないのだろうか。

ハーロックが、「友よ」と呼びかけるトチローに対して、他の誰よりも信頼を寄せていることは明白だが、
昨日今日知り合いになったトカーガのゾルに対して、親友であるトチローと区別した対応をとるだろうか?
ハーロックは一旦「仲間」だと認めたならば、仲間に差を付けるような信頼の示し方は決してしない。
長年の親友のトチローであっても、トカーガのゾルに対しても、同じように命懸けの信頼を寄せる。

もし、ハーロックがトチローだけを「親友」と呼んだら?
ゾルは、ハーロックが自分にも同じような信頼を寄せていると信じることができただろうか?

例えが海賊ばかりなのは偶然ではないと思うけれど、
「ワンピース」のルフィが、最初に仲間になったゾロと後々仲間になったロビンの間に差をつけるだろうか?
彼らの間にあるのは、「仲間」かそうじゃないか、だけであり、「仲間」の中にランクは存在しない。

「信頼を寄せる相手」に「同僚」「小学校からの同級生」「サークルの仲間」「同好の士」等々というカテゴリーは存在する。
だが、そこに「ただの友だち」「親友」と言ったようなヒエラルキーを持ち込むことに、ワタシは違和感を覚える。
特に、生死を共にするような集団である場合は、やってはいけないことだと思う。
スクールカースト等という言葉が跋扈する現在だからこそ感じる違和感かもしれないけれど、
「信頼」をテーマとするならば、そこにあるのは「仲間」という言葉だけで良かったのではないか、とワタシは思う。

何も言わずとも、或いは、何を知っていようとも信頼し合える沖田と土方という友情、
信頼を分かち合いつつも、大切に思う相手に大事な事を打ち明けられなかったと悩む真田と古代守、
これから信頼を培っていく若き古代進と島大介、
という三つの友情を対比させつつ、友情の在り方を表現するのならば、そこで敢えて「親友」という言葉を使わなくとも良かったのではないかとワタシは思う。
そんな言葉を使わなくとも、視聴者はその意図を十分に受け取ったと思うのだけど。
つい、「親友」以外はどうでもいいんかい、とツッコみたくなってしまうし、敢えてその言葉を使っても、人としてみみっちいと思ってしまう。

更に言えば、どうせ新見薫を絡ませるなら、「友情」として描いていればここまで新見ちゃんが嫌われることはなかったんじゃないかと思う(笑)
(ワタシは新見ちゃんを嫌いじゃないよ)

毎度、長い記事で申し訳ない。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。*^^*


TAG : 2199

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

ヤマト切り絵

2015/07/16 00:21

ヤマト切り絵104
ヤマト切り絵104

後ろにあるのは地球のはずですが、満月みたいね。^^;
背景色を色つきにしてみました。
自分的には、結構満足な一枚。
更に、この古代君にも満足。*^^*

pixivにはでっかい画像があげてあります。(→こちら



続きを読む »

切り絵挑戦中  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

世界で一番可愛いうちの子

2015/07/12 22:40

切り絵103
おおかみこどもの雨と雪

TV視聴と言えば、そのほとんどが「ながら視聴」なワタシですが、
切り絵しながら、とか、お絵描きしながら、とか、下手すると本読みながら、とか・笑)
久しぶりに何にもせずに見た映画でした。

至る所、ファンタジーだとは思いますが、
人の想いの上澄みを上手にすくい取った良い物語だったと思います。

見終わったら、無性に切りたくなって画像検索してしまいました。^^;
3人の後ろに青い空が見えたらいいなぁ。



続きを読む »

TAG : 切り絵

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

切り絵挑戦中  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ワタシ的に不本意(笑)

2015/07/08 15:53

ヤマト切り絵101 古代守
ヤマト切り絵 古代守

検索してたら偶然見つけた画像なので、元絵が何だかわかりません。
御大色の濃い画だから、PSのゲームか何かかな?
(てことは増永さんなのかな?)
守さんにしては、ちょっと優等生過ぎる感じになってしまった。
もちっとふてぶてしさがあった方が好みです。



続きを読む »

TAG : 2199 切り絵

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

7月7日は古代進の誕生日だったのね。^^;

2015/07/07 18:51

ヤマト切り絵100 古代進
ヤマト切り絵100 古代進

折角の七夕ですが、今夜は涙雨でしょうか。
関東地方、寒いのか暑いのかわかりません(笑)

今日は時間があったので、副長で七夕をしようと思っていたのですが、
ようこんさんちに伺って、あ~そうだ、古代サン誕生日じゃん! と思い出し急遽変更した次第。
フライングハピバ、ありがとうww

一目でおわかりかと思いますが、黒執事とのコラージュ?でございます。
うーん、文明の利器って素晴らしい! と思いましたが、
やはり愛の分量が今ひとつ足りないらしく、デキはイマイチでした。
ごめんなさい、と思いつつ、古代サン、ハピバ!

つづくに拍コメ返信あります。



続きを読む »

TAG : 2199 切り絵

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

切り絵挑戦中  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ヤマト切り絵 宇宙戦艦ヤマト2199

2015/07/03 01:08

ヤマト切り絵 宇宙戦艦ヤマト2199
ヤマト切り絵 宇宙戦艦ヤマト2199

地球を背に、たぶん、発進したところだと思われます。
人物とは違った工夫がいるのだな、とやってみて初めてわかりました。
うむむむ…奥が深いが、面白いぞ♪
もっとカッコイイヤマトを切りたいのだ!

いろいろぶっ千切れてるのはご勘弁…><

TAG : 2199 切り絵

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

切り絵挑戦中  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |