【切り絵】ヤマト 森雪

2016/01/29 23:53

切り絵167
【切り絵】ヤマト 森雪

ちょっと季節外れというか、時期が遅くなっちゃいましたけど、
明日朝はもしかしたら関東地方雪かも知れないということで、雪ちゃん。

TAG : 切り絵 2199

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

切り絵挑戦中  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

真田丸感想第3回「策略」

2016/01/26 00:45

真田丸 第2回「決断」 2016.01.24 NHK
 NHK 公式HPはこちら

このオープニング、始まりが好き。
途中、ちょい地味な箇所もあるけど、聞けば聞くほど好きなるなぁ。*^^*

というわけで、今年の大河はこんな感じなのね、と三谷脚本に慣れてきた第3回。
テレビドラマだと思うとちょっと違和感があるけど、舞台だと思えば気にならないことに気付いた。
ワタシはほとんど舞台演劇って生で見たことがなく、実はちょっと苦手。
あの独特のしゃべりと場の雰囲気に慣れるまでに時間がかかってしまって、
なっかなか物語に入り込めない=共感できない時間が長い…(´・_・`)
どーして普通にしゃべらんの? って思っちゃって(笑)

今年の大河も台詞の間や話の流れがとても舞台チックだよね。
テレビドラマだと思うと、日常のタイミングとの違いに違和感を感じてしまうんだけど、
舞台だと思えば気にならない。
あれは縦横数メートルの舞台で表現されているのだな。だからちょいと大袈裟だし、台詞回しも違うんだ。
うん、楽しく見ることができそう。*^^*



続きを読む »

TAG : 真田丸

テーマ : 真田丸 - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ヒューズさん

2016/01/23 22:47

切り絵165
切り絵】鋼の錬金術師 マース・ヒューズ

寒いのでちょっとあたたかめなイラストで切り絵を。
ハガレンのコミックを読み終わったので、今度はアニメ1期のDVDを見ています。
この1期のアニメを再視聴して、
自分が何故この作品に惹かれたのか、改めてわかったような気がします。
ワタシ、このアニメを見たのって子ども達がまだ幼児の頃だったので、
親を求めるエドやアルの気持ちに強く惹かれたんじゃないかと。^^;

旅立つ主人公にシンクロしていたはずのワタシは、
いつから見送る人にシンクロするようになったんだろう。
いつから送り出す人にシンクロするようになったんだろう。

ヒューズさんって自分を見守って欲しい人でもあり、
そうなりたい人でもあったんだよね。*^^*



続きを読む »

TAG : 切り絵 ハガレン

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

雪がふるふる

2016/01/23 01:25

関東地方、今週は週明けから雪で大騒ぎでした。
日付が変わった頃から雨音がしなくなり、外を見れば雪模様。
あの雨が雪に変わったとなると、朝までに結構積もるだろうなぁと思いつつ寝たのですが、
もう大騒ぎの朝でしたね。^^;



続きを読む »

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

真田丸感想第2回「決断」

2016/01/18 01:41

真田丸 第2回「決断」 2016.01.17 NHK
 NHK 公式HPはこちら

ギャグパートとシリアスパートの案配が微妙な感じの第2回、だったと思います。
とはいえ、三谷幸喜脚本なんですから、これはもうそれを思い切り楽しんじゃったもの勝ちですよねぇ。^^

そういえば、題字の真田丸。
あれ、左官で使用する鏝(こて)で赤土に書いたものなんですね。
挟土秀平(はさど・しゅうへい)さんのお名前があったから、???と思っていたらそういう理由だったのね。
(↑挟という漢字が違いますが、変換できませんで…スミマセン)
三浦君のヴァイオリンと相まってイイ感じだと思います。^^



続きを読む »

TAG : 真田丸

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

【切り絵】迎春2016 

2016/01/15 00:14

切り絵164
【切り絵】迎春2016

やっっっっっと切り終わりました。
元旦に切り始めたのですが、なんと今日までかかってしまいました。
途中で投げ出したらずっと仕上がらないような気がしてしまい、意地になって切ってました。^^;

今年も楽しみつつ切っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

※「切り絵作家gardenの切り絵で作る浮世絵」よりp52:富嶽三十六景神奈川沖浪裏



続きを読む »

TAG : 切り絵 浮世絵

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

切り絵挑戦中  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

初コンサート

2016/01/13 01:22

今年初めての演奏会に行ってきました。*^^*

オーケストラ・アンサンブル金沢
ニューイヤーコンサート 2016 in東京
 2016年1月12日19:00開演 紀尾井ホール
 指揮 三ツ橋敬子
 歌・ピアノ IL DEVU
 コンサートマスター サイモン・ブレンディス

うふふふー今年初めての演奏会は、やっぱりIL DEVUでした♡
秋の紀尾井ホールでの演奏会でチケット販売していたので、すかさずGet!
5列目ど真ん中というガン見必至のお席でした。*^^*

いや、新年早々めでたい! いい年になりそうです♪



続きを読む »

TAG : IL DEVU

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

音楽のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

真田丸感想第1回「船出」

2016/01/11 00:41

ふっふっふ。見ると思ったでしょう?書くと思ったでしょう?
そりゃ、もちろんですとも
(笑)

というわけで、結構楽しみに待った今年の大河「真田丸」第1回視聴しました。

真田丸 第1回「船出」 2016.01.10 NHK
 NHK HPはこちら

戦国武将の中では、ワタシ、真田関係はほとんど知識ないんです。
関ヶ原で徳川秀忠が足止めされたことと真田丸のことも、「ああ、そういうのがあった」程度。
忍者系は好きじゃないし、過去真田氏関係の小説を読もうとしていくつか挫折してまして。
うう、何故だろう…><

なので前情報無しでドラマ見ようと思って全然調べてなかったし、特集とかも見てないんですが、
まわりに三浦文彰くんのファンがいらっさいまして、彼がオープニングを弾くというではないですか。
それだけで興味津々なワタシは現金なヤツです(笑)
で、良かったですね、あのオープニング。

花燃ゆや江のオープニングも良かったですけど、それとは違った泥臭さのようなものを感じます。
ワタシには三浦節は聞き分けられないですけど、でも、とても良かった。
幕末とは違った、野性味強い戦国時代を生き抜いた男の物語という感じがしたと思います。
しかも、終わりの紀行が辻井伸行氏とは、さすがNHK。贅沢ですね~*^^*

キャストも豪華に面白そう!
語りが有働さんだったのはびっくりしたけど。
最初は、大河という感じがしなくて宮本信子さんとかだったら…なんて思っていたんですが、
一話終わる頃には馴染んでましたよ。三谷幸喜らしくていいんじゃないでしょうか。

主役の真田幸村はご存知堺雅人さん。
期待しちゃいますよね~*^^*
でもまた子役からかな。いや、あんまり小さい頃は是非子役で頼みます、と思っていたら、
この話、幸村の14、15歳から始まるのね。
堺さんであまり違和感感じなかったです。

ところで、歴史好きな人って、真田幸村っていうと怒る人が多いよね~?
いいじゃん、別に。名前なんていくつもあるんだしさ。
と思うんですけど、本編でも信繁って言ってたから、信繁にします。

岡田君の黒田官兵衛とはちょっと違って、明るい知恵者とお見受けしました。
兄・信幸は大泉洋さん。
ご本人のイメージとは随分違いますが、上手ですよね、この方も。
びっくりしたのは、父・幸昌を演じる草刈正雄さん。
こんな野獣な武将も上手いんですね~もっと優男な俳優さんだと思ってました。
三谷作品と相まって、その変幻自在な臨機応変さとおとぼけっぷりが見事で、また一面恐ろしくもあり、
それだけじゃなく赤誠とか篤実とか(とはちょっと違うんだけど)そういう武将としての魅力をたっぷり持っている人物として見応えありましたね~

母親役は高畑淳子さんでこれも文句なし。草笛光子さんとイイ感じです。
この人の出自やら生年やらはっきりしないらしいですが、名前が「薫」でした。
ヤマトの新見さんを思い出して、ワタシ的に笑いました。
姉役の木村佳乃さんは、まさに三谷作品で、よろし(笑)

そして、エンケン様が出演~♪
上杉景勝役です。精悍な感じがいいです。とてもいいです♡
いつまでも出ていて欲しいです。*^^*

天正10(1582)年2月。名称・武田信玄の急死から9年、武田家は当主・勝頼の下、絶体絶命の危機を迎えていた。
という処から始まります。

戦国時代も幕末も、旧国名と藩名と家名がちんぷんかんぷんなのが敬遠される要因のひとつであると思いますが、
今回はあまり旧国名を出すことなく家名を主に使い、さらに勢力図を日本地図に重ねるという映像をちょこちょこ入れることでわかりやすかったのではないかと思います。
ただ、話が始まった時代は、戦国時代のどの辺りになるのか、というのはある程度知識がないとわかりにくかったのではないかと思います。
年代だと1600年関ヶ原の戦い、なんてのは区切りがいいから覚えやすいですけど、そんなの歴史好きしか覚えてませんしね。
天正10年といえば、本能寺の変じゃん! と思うのも、まあ歴史好きじゃないと覚えてないですよね。

武田勝頼は、主役でない場合は、偉大なる信玄公との対比でえらく矮小な人物に描かれることが多いですが、
この話では父に及ばずともちゃんとモノの見える武将として描かれていて、好感が持てました。

規範がないと言いますか、正解がない時代とでも言いますか。
親兄弟で骨肉の争いをした時代でありまして、
血まみれになりつつも、誰もが生き残ろうと必死だった時代。
ワタシ達は歴史がどう動いたのかもう知っていますが、
高みからではなく、信繁の目線で一年間見ることができたら面白いな、と思います。

来週も楽しみです。


テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

成人式

2016/01/09 01:42

当たり前だけど、ワタシにも二十歳の頃はあった。
成人式もした。
振り袖は着なかったけれど。

思い出してみれば、着物を着ていなかった女子は同級生の中で5人くらいだったような気がする。
決して裕福な家庭ではなかったので、振り袖にお金を掛けることが勿体ないと思いワンピースで済ませた。
大体、ワタシはガタイがいいので着物は似合わない。
怒り肩で肩幅広いし、反物の幅一杯に伸ばしても、袖は絶対に足りない。
今になってみれば、一度くらい振り袖着てみたかったなと思わないでもないけれど、
後悔というほどのことでもない。
当時も少数派であることに全然こだわりがなかったので、引け目もなかった。

それでも、美容室で髪をセットしてもらい、
多少なりとも着飾ったワタシは、近所へ挨拶に行った。

成人式はご近所へのご挨拶は欠かせない。
なんて風習は全くない(笑)
とてもお世話になったお家があったので、そこへ挨拶に行った、というか。
「おじちゃんとおばちゃんに見せておいで」と親に言われて行ってきたのだ。
「こんにちは~今日成人式なんだ~」と訪ねて行ったら、
久しぶりにあったおじちゃんが、感極まって涙を流した。
ワタシは、とても驚いた。




続きを読む »

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

季節外れの暖かさ

2016/01/06 23:49

年末から季節外れの暖かさが続き、
ただでさえ朝寝坊のワタシは過ごしやすく助かってはいるのですが。

世の中それなりに影響も出ているようで、早咲きの桜が咲いたとか、梅が開花したとかニュースになっています。
が。
思うわけですよ。

梅や桜だけのはずがない。

ですよね?
誰も報道しないけど、きっと杉花粉も飛んでいるに違いない!!!!!

いや、何となく鼻がグズグズし、くしゃみがでる。
多少の頭痛と喉の渇き。

風邪引いたか、体調悪いかと思っていたけど、これって花粉症の初期症状じゃん。
うーーーー。
まあ、まだ大した影響はないんだけどね。
それでも花粉が飛んでいると思うと、憂鬱。
鼻もかさかさになっちゃうしね。
今年は本当に早めの受診がいいのかも。

みなさん、いかが?

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

おせちもいいけど

2016/01/05 00:00

ということで、早速我が家はカレーでした。^^

「やだねーっ! しっかり載せられてるよ、このヒトっ!」
と笑いながら新年会に行ってしまった怪獣もいましたが。
いいじゃんね、カレー♡
いつもはペラペラお牛なんですが、お値段的に固まり牛になりました。
前回は煮込みが足りなくてカタかったので、今回はしっかり煮込み、
ほっこりやわらかくなったので、一安心。*^^*

今日は仕事始めの方も多かったのかな。
ワタシは明日からです。

今日は暖かかったですね。
悪くはないんですけど、やっぱり季節に即した気候であって欲しいかな。
8(金)くらいから寒くなるみたい。
どうぞ、お気をつけくださいませ。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

おせち

2016/01/04 00:00

ポトスちゃんのお家ではおせちは何を作るの?

義母が存命だった頃、そう聞かれた事がある。
今から10年くらい前だったと思う。

ワタシは首を傾げて考えた後、
「もうしばらく帰ってないので忘れちゃいました」
と笑って答えた。

嫌みで言ったつもりはなく(ホントか?)、ホントに即座に思い出せなかったのだな。
ワタシは結婚して以来、義父母が存命中に自分の実家で年末年始を過ごしたことが一度も無い。
帰りたく無かったワケじゃ無いけど、両家ともそれで納得していたので仕方ないと思っていた。
実際、婚家に帰省するのも年に2回がせいぜいだった時期もあり、ホントに仕方ない選択だったのだ。

両家とも二親が居なくなってしまい、今年は自宅で年末年始を過ごした。
去年もそうだったけれど、まだ喪中だったからお祝いするのも憚られたし、掃除しかしなかった。

一切合切が自分一人の肩にかかっていた今年、
帰省すると義母がおせちを作っているのでそれを手伝うという、パターンだったワタシは、
はて、一体全体どうしたものか、と頭を抱えて悩んでしまった。

が、生来料の嫌いなワタシ。
その上、年末12/28、29と友人家族が泊まりに来ていた事もあり、掃除もさぼりっぱなしだったし。
怪獣は冬コミにフルで参戦した上に、年越しも友人と都内で過ごすという青春まっただ中だったので、
元旦朝に帰宅して果てしなく寝まくるヤツと、元旦早々アキバに出かけて行くヤツと、
何だか今年は慌ただしい。

それでも、2日には家族全員でワタシの実家に年始の挨拶に行ってこられたし、満足。

で、肝心のおせちはというと。
ワタシはとりあえず、肉巻きを作った。(美味しかったよ♪)
夫がローストビーフを作った。(ゆずこしょうがよく合った♪)
怪獣が筑前煮を作った。(安定の旨さ♪)
あれ、俺だけ何も作ってない?ま、食べる専門でいいか! というのが一人居たけど。
(笑)
でも、後はできあいで済ませちゃった。えへへ。^^
かまぼこはいつもより奮発して、美味しそうな小田原蒲鉾を買ったら、夫にも怪獣にも好評だった。
栗きんとんは甘すぎ。分かってたけどね。うーん、来年は作るか?
黒豆は家族の好物だけど、やっぱりイマイチ。義母が上手だったんだよね、これ。
来年は怪獣が挑戦するっぽい事を言ってた。
ワタシはいつか水羊羹を作ろうと思ってる。(これは母が作っていたの)
伊達巻きは買う。
紅白なますは好きじゃない人がいるから、千枚漬けで代用した。

いくらとか数の子とかの魚卵系は誰も食べないし、(ワタシだけがいくらを食べる)
さしみは「まずい」と言って食べないし。(出雲と瀬戸内のは美味しかったんだよ)
田作りとかフナの甘露煮とかは、いらん。
エビも食べないんだよねぇ。(エビフライにでもすれば食べるかも!)
お煮しめや八つ頭は、筑前煮で代用。

あと何があったっけ???
とにかくあとはお皿に彩りよく野菜と一緒に並べればお終いなのだ。

でも、三つ葉とか、数日前までは100円程度だったのに、298円ってぼってない??
なんて、料理はきらいだけど、そんな会話をしながら一緒に買い物するのも楽しかったし、
料理も一緒にすると楽しいもんだね。
どうだ! お正月っぽいだろう! と威張りながらお皿を並べた今年のお正月だった。

今年一年が健康で幸せでありますように。

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

今年も宜しくお願いします

2016/01/01 03:01

明けましておめでとうございます。
昨年もいろいろな方に拙blogに足を運んでいただき、ありがとうございました。
今年がどんな年になるのか予想もできませんが、
楽しくお付き合いいただけますよう、どうぞよろしくお願い致します。

久しぶりに紅白を見、行く年来る年を見ながらの年越しでした。
今年の紅白は何だか懐メロが多かったように思いましたがどうしてなんでしょう。
ワタシは人生で今が一番楽しいので、若い頃に戻りたいとは思いませんが、
随分と懐かしく、また、よし頑張ろうと思えたのでした。

年の瀬か年明けのご挨拶に切り絵が一枚あるとスマートですが、
年の瀬に準備をするのも今のワタシには何か違うような気がして、
今、切り始めました。
切り上がったら、見てくださいね!

今年がどんな年になるのかは皆目見当もつきませんが、今は何となくポジティブであります。
この記事も、「夜中のラブレター」になっていないといいのですが、^^;
何となくひとつ前に進みたい、進めるような気がしているので、頑張ります。*^^*

今年は、座右の銘というものを考えてみました。
「笑う門には福来たる」です。
根がネガティブなのでつい顰めっ面になりがちなので、
いつでも笑っていられるようになりたいと思っています。

今年の目標も考えました。
ワタシにしては珍しいことに、意志的であります。(笑)
「早寝早起き」!
もう、今年の目標はこれに尽きます。
心身共に健康で居るために、目標とするは早寝早起き。
でも、これはうーん自信がない…ので、次目標を。
「これ以上太らない」!
若さにそりゃ憧れはありますが、
年をとることを受け入れられないとあまり幸せになれないだろうと思っているので、
経年変化を受け入れつつ、でも、まあ最低限の抵抗は試みようかなということで、
「これ以上、太らない」。
まずは、体重計を買い替えるところから始めた方がいいかもしれないです(笑)

趣味方面に関しましては、どうなるか予測不可能です。
以前、「ヤマトがなかったら、ワタシ今何やってたんだろう?」と呟いたところ、
「何かやってたんじゃない?」と怪獣から即座に答えが返ってきました。
どうしてもコレがやりたい、ずっとやってみたかった、ということはあまりありません。
それよりも、状況が変化することに合わせて、できることをやって楽しみたいと思っています。
だから、自分を取り巻く環境が変わると、やることも変わってきちゃうんのは当たり前なんです。
今は切り絵に夢中になってますが、たとえば、肩を壊したとか、目がしんどくなったとか、
時間がとれなくなったとか、そういう要因があれば、たぶん、別なモノに移行するでしょうし、
そうじゃなければ、いつまでも切り絵やってると思います。
でも、何か面白い事に出会えるといいですよね。*^^*

この年齢になってようやく、ワタシは諦める事を覚えました。
と書くとカッコいいことのような気がしてくるのはワタシだけかもしれませんが(笑)、
要するに優先順位の低いことはできない、やらない、ということができるようになっただけです。
全てやらなきゃと思い、結局、全部はできない、或いは全てが中途半端になってしまっていたのが、
おそらく此処までしかできない、というラインを見極めることができるようになったということです。
たぶん、合理的な人や社会で揉まれている人はできて当たり前のことなんでしょうけれど、
ワタシはようやくそれが上手く機能し始めたところなんです。
呆れるほど時間が掛かってますが、まあ、大器晩成ってことでヨシと思う事にしてます(笑)

のめり込むようなやり方ではなく、バランスの良さを目指してやっていきたいと思っています。
果たしてどうなるやらわかりませんが、今年もどうぞ宜しくお付き合いいただけますようお願い申し上げます。

皆様にとっても、佳い年でありますよう。

「続く」に拍コメお礼。



続きを読む »

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |