真田丸感想第1回「船出」

2016/01/11 00:41

ふっふっふ。見ると思ったでしょう?書くと思ったでしょう?
そりゃ、もちろんですとも
(笑)

というわけで、結構楽しみに待った今年の大河「真田丸」第1回視聴しました。

真田丸 第1回「船出」 2016.01.10 NHK
 NHK HPはこちら

戦国武将の中では、ワタシ、真田関係はほとんど知識ないんです。
関ヶ原で徳川秀忠が足止めされたことと真田丸のことも、「ああ、そういうのがあった」程度。
忍者系は好きじゃないし、過去真田氏関係の小説を読もうとしていくつか挫折してまして。
うう、何故だろう…><

なので前情報無しでドラマ見ようと思って全然調べてなかったし、特集とかも見てないんですが、
まわりに三浦文彰くんのファンがいらっさいまして、彼がオープニングを弾くというではないですか。
それだけで興味津々なワタシは現金なヤツです(笑)
で、良かったですね、あのオープニング。

花燃ゆや江のオープニングも良かったですけど、それとは違った泥臭さのようなものを感じます。
ワタシには三浦節は聞き分けられないですけど、でも、とても良かった。
幕末とは違った、野性味強い戦国時代を生き抜いた男の物語という感じがしたと思います。
しかも、終わりの紀行が辻井伸行氏とは、さすがNHK。贅沢ですね~*^^*

キャストも豪華に面白そう!
語りが有働さんだったのはびっくりしたけど。
最初は、大河という感じがしなくて宮本信子さんとかだったら…なんて思っていたんですが、
一話終わる頃には馴染んでましたよ。三谷幸喜らしくていいんじゃないでしょうか。

主役の真田幸村はご存知堺雅人さん。
期待しちゃいますよね~*^^*
でもまた子役からかな。いや、あんまり小さい頃は是非子役で頼みます、と思っていたら、
この話、幸村の14、15歳から始まるのね。
堺さんであまり違和感感じなかったです。

ところで、歴史好きな人って、真田幸村っていうと怒る人が多いよね~?
いいじゃん、別に。名前なんていくつもあるんだしさ。
と思うんですけど、本編でも信繁って言ってたから、信繁にします。

岡田君の黒田官兵衛とはちょっと違って、明るい知恵者とお見受けしました。
兄・信幸は大泉洋さん。
ご本人のイメージとは随分違いますが、上手ですよね、この方も。
びっくりしたのは、父・幸昌を演じる草刈正雄さん。
こんな野獣な武将も上手いんですね~もっと優男な俳優さんだと思ってました。
三谷作品と相まって、その変幻自在な臨機応変さとおとぼけっぷりが見事で、また一面恐ろしくもあり、
それだけじゃなく赤誠とか篤実とか(とはちょっと違うんだけど)そういう武将としての魅力をたっぷり持っている人物として見応えありましたね~

母親役は高畑淳子さんでこれも文句なし。草笛光子さんとイイ感じです。
この人の出自やら生年やらはっきりしないらしいですが、名前が「薫」でした。
ヤマトの新見さんを思い出して、ワタシ的に笑いました。
姉役の木村佳乃さんは、まさに三谷作品で、よろし(笑)

そして、エンケン様が出演~♪
上杉景勝役です。精悍な感じがいいです。とてもいいです♡
いつまでも出ていて欲しいです。*^^*

天正10(1582)年2月。名称・武田信玄の急死から9年、武田家は当主・勝頼の下、絶体絶命の危機を迎えていた。
という処から始まります。

戦国時代も幕末も、旧国名と藩名と家名がちんぷんかんぷんなのが敬遠される要因のひとつであると思いますが、
今回はあまり旧国名を出すことなく家名を主に使い、さらに勢力図を日本地図に重ねるという映像をちょこちょこ入れることでわかりやすかったのではないかと思います。
ただ、話が始まった時代は、戦国時代のどの辺りになるのか、というのはある程度知識がないとわかりにくかったのではないかと思います。
年代だと1600年関ヶ原の戦い、なんてのは区切りがいいから覚えやすいですけど、そんなの歴史好きしか覚えてませんしね。
天正10年といえば、本能寺の変じゃん! と思うのも、まあ歴史好きじゃないと覚えてないですよね。

武田勝頼は、主役でない場合は、偉大なる信玄公との対比でえらく矮小な人物に描かれることが多いですが、
この話では父に及ばずともちゃんとモノの見える武将として描かれていて、好感が持てました。

規範がないと言いますか、正解がない時代とでも言いますか。
親兄弟で骨肉の争いをした時代でありまして、
血まみれになりつつも、誰もが生き残ろうと必死だった時代。
ワタシ達は歴史がどう動いたのかもう知っていますが、
高みからではなく、信繁の目線で一年間見ることができたら面白いな、と思います。

来週も楽しみです。


テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

こんにちは^^

もちろん書いてくださると思っていたひとりです。

三浦君のヴァイオリンソロの調べ、アルゼンチンタンゴなんですよ~和風にタンゴ!驚きですが合いますね、びっくりぽんです。作曲家の創作力って凄いって思いました。アルゼンチンタンゴ大好物なんですよ。とりあえずOPだけ30回は聴きました。※本編は三回だけ視聴

日本史も戦国時代も全然ヨワイデス←外国人風
特に好きな武将っていないので登場人物の皆さんを興味津々眺めています。ホームドラマっぽいところが面白そう。平さんがお父さんそっくり!とかそういう本編と関係ないところにももフラグが立つ真田丸第一話視聴なのでした^^

| 2016/01/11 |  13:55 | シスターもも #- |  URL | 編集 |

Re: No title

☆シスターもも様

 ももさんこんにちは~。
 ただ書きたいだけのワタシなんですけど、ご訪問感謝です。^^

> 三浦君のヴァイオリンソロの調べ、アルゼンチンタンゴなんですよ~和風にタンゴ!驚きですが合いますね、びっくりぽんです。作曲家の創作力って凄いって思いました。アルゼンチンタンゴ大好物なんですよ。とりあえずOPだけ30回は聴きました。※本編は三回だけ視聴

 アルゼンチンタンゴ! びっくりぽんだったので、聞き直しちゃいました♪
 でも30回は聞いてません(笑)さすがももさん。
 何て言うか、耳に残る音楽ですよね。

> 日本史も戦国時代も全然ヨワイデス←外国人風
 
 いやいや、そんなことないでしょう。^^

> ホームドラマっぽいところが面白そう。
 家族愛もテーマのひとつみたいだから、ホームドラマっぽくもなるんでしょう。
 どんなホームドラマになるのか、楽しみです。三谷幸喜ですし。

> 平さんがお父さんそっくり!とかそういう本編と関係ないところにももフラグが立つ真田丸第一話視聴なのでした^^
 ワタシ、俳優さんに興味がなかったのでお名前も始めて知りましたが、
 親子だったのか~~~! 知らなかったけど、そっくりですね~!(゜∀゜)
 本編と関係ないところにもフラグが立つのが、ドラマの面白いとこだと思ってます。*^^*
 …まれであれだけちゃらんぽらんなお父ちゃんだった大泉さんが、生真面目な信幸やってるのも可笑しいです(笑)
 

| 2016/01/12 |  00:18 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する