北国遠征日記3

2017/04/02 00:05

【3:服装のこと】

3月といえば、季節の変わり目にあたります。
早春のすがすがしさが私は一年で一番好きですが、
次から次へと花開くこの季節も、やっぱり気持ちの良いモノです。
三寒四温とも、暑さ寒さも彼岸までとも言われ、
冬のダウンコートを手放し、スプリングコートへと移りゆく季節なわけですが、
日本列島は長いですよねー。

ダウンはいらないかなーと思えた首都圏の時期ではありましたが、
さて、北国の寒さや如何に。

仙台に実家のある同僚曰く、
「山に行けば雪がありますけど、道路はありませんよー」
web情報曰く、
「道北はまだまだ冬です! 関東地方の真冬くらいの服装で!」
「地元民はもうダウンとか来てないけど、観光客は来てないと寒いよー」
等々。
まあ、そりゃ東京よりは寒かろうなと思い、暑けりゃ着なきゃいいんだしと思い定め、
基本的に首都圏真冬ver.で臨みました。

結果。
思ったよりは寒くなかった。
というか、首都圏の真冬の服装でOK。
それ以上の対策は必要なかったな、というとこでした。

暖かめのセーターに、暖かパンツに、ロングダウンコート。
毛糸の帽子、マフラーは、何度か使った程度。
手袋は薄めのものでOK。
車内用の脱ぎ履きのしやすい靴とスノーブーツは、状況によって使い分け。
ヒートテック等のあったか肌着は必要だと思う。
タイツは80デニールくらいのものを。
靴下は普通の綿で可。

道内、今年は雪が少なかったですね、と地元の方が話しておられましたが、
海沿いを走っていたせいか、道路に雪はほとんどありませんでした。
さすがに、除雪が行き届いてますね。
道路に雪が積もっていたのは、小樽-函館間の山道を走った時だけでした。

この時期にしては随分降雪のあった日もありましたが、
地域が重ならなかったので、ほぼ、晴天に恵まれたことも一因だったかもしれません。
車に積んだスコップも、毛布も、全く出番がないままに帰宅しました。

考えてみれば、海外へ行くわけでもないのですから、
足りなければ、その時に買い足せば良かったのかなと思わなくもないですが、
そこは、まあ、「こんなこともあろうかと」という出番がなくて良かったよ、と考えることにしました。^^

それにしても、地元の方は本当に薄着。
あれは青森駅付近でしたが、本当に誰もダウンコートを着てなかったし、
マフラーもしてなかった。
まじか!(゜ロ゜屮)屮 と目をサラにして見回しましたところ、
ひとり、マフラーをしてたんですけど、
その若いおねーさん、コートも着ずにトレーナーにスカート生足な感じで、
いっくらなんでも、それは無理!(°°)と思った次第でありまする。
道民の方にもそう申し上げたところ、「北海道は家の中は暖かいので、軟弱なんですよ」ですって。
いやいや、十分薄着だったと思いますよ。

真冬のほっかいどーから帰宅したら、満開の桜のお出迎え、
てな状況を期待していたんですが、首都圏、まだ桜は満開ではありませぬ。
お楽しみはこれからですね。^^

写真の整理をしたら、upします。

【つづく】に拍コメお礼。




☆3/24に「北国遠征日記2」に拍手コメントいただいたK様

 こんにちは!
 そうなんですよね。何事にも手を抜かずに臨む事は美徳?だと思ってきたんですけど、
 なんか、ちょっと違うのかなと思えたのです。
 自分のスペックがもっと高ければ、それができちゃう人もいるのかなと思ったりもするんですけど、
 やっぱり、それとは話が違うように思うんですよね。
 強弱をつけてこそ、見えてくるモノもあるのかな、と思えたのでした。
 つくづく、人間て変化する生き物なんですね。

TAG : 北海道 旅行

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

旅行・観光  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する