北国遠征日記7

2017/04/19 18:29

【7:流氷

今回の遠征の目的のひとつが「流氷」でした。
本来でしたら、1ヶ月は早い方が良いのです。
2月中旬~3月上旬が見頃。
しかし、たとえそのシーズンでも風と潮の流れで毎日見られるとは限らない…
という、いわばミズモノ。
仕事の関係上ここしか休暇が取れませんでしたから、もうこれは運を天に任せるしかありません。

私達が乗ろうとしていたのは、紋別発の「ガリンコ号」。
流氷の中をガリガリ進むことを期待していたのですが。

はい。ガリンコ号は出航しませんでした。
(予約が10名に満たなかったため)
網走のオーロラ号も出航したものの、流氷には遭遇できず…!とのこと。

こればかりは誰の所為でもありませんし、文句を言ってもどうにもなりませんから、
流氷を求めて南下してみました。

170419_12

オーロラ号は網走。こんな感じで残念無念。
170419_01

そこから斜里町へ。
おや! あれは…!
170419_02

ワタシ的には「流氷だ!」と初めて見る流氷に大喜びでしたが、
夫は満足できなかったもよう(笑)
「もっと南下する!」とやってきたのは、野付半島。
ここです。
170419_13

私は存在を初めて知りましたが、龍の髭のようにほっそい半島でした。
ここ、ラムサール条約登録湿地なんだそうです。
ネイチャーセンターがあり、ちょっと休憩させていただいたんですが、びっくりしたのはこれ。
170419_06
小っちゃくしたら見えないかな。
「水道水はでません! タンクのコックを回してお使いください」って。
…寒いんですね…(^_^;)

で、流氷ですが。
うふふふ。
ありましたよ!
170419_03

170419_04

170419_07

これぞ、ザ・流氷!
国後島も見えたよ。
170419_08
170419_09

この先は灯台があるんだそうです。行きませんでしたけど。
私には両側海でとても心細い場所でしたが、違う季節に行くとまた違った美しさがあるかもしれませんね。

170419_05
170419_10

考えてみたら、流氷は数少ない私の見たいもののひとつだったのでした。^^
夫は次は真冬のオホーツクだ! と意気込んでましたが、私は結構満足しちゃいましたよ(笑)



TAG : 北海道 旅行 流氷

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

旅行・観光  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する