2202を振り返ってみた 1

2017/09/10 01:12

3章の公開が近づいてきて、情報が出てきております。
予告の動画が配信されたり、あらすじが公開されていたりと。

ふと、ヤマトが地球へ帰還してからの時間の流れはどうなっていたのかと、
気になって書き出してみました。

…ヒマな訳じゃないんですよ(笑)

2199.12.8 ヤマト、地球へ帰還する。
   これは、沖田艦長の命日ですから、日付がはっきりしてます。
 → 直後、コスモリバース発動。
   雪が蘇生した時の状況を考えると、一瞬で何事かが起きるんでしょう。
   その影響を及ぼす範囲は不明ですが、何度も起動できる類のものではなさそうです。

*気になることがありまして。
パンフ等にヤマトは「〈コスモリバースシステム〉の依り代」と書いてあることなんですけど、
依り代って「神霊が依り憑く(よりつく)対象物のことで、神体などを指すほか、神域を指すこともある。」
とwikipediaにはあるんですよ。
コスモリバースシステムというのは、オーバーテクノロジー的な超常現象ってことなんでしょうか。
或いは、ヤマトには沖田艦長の魂が宿っているということを端的に表現した?
とすると、私は古代の幻覚だとばかり思っていた「覚悟を示せ」という沖田艦長は、もしかして、本物?
というか、単なる古代の幻覚ではないということなんでしょうか?
しかも、もしかしたらご神体として祀られてもよさそうなヤマトを軍籍抹消して、
海底ドックにほっぽらかしておいたって、結構酷くない?
そういう扱いのものを、敢えて、依り代と呼んでいるのだとしたら、
本当は「依り代」なんだけど、ヤマトクルー以外の地球人は単なるシステムだとしか思っていないということになる。
…やっぱり、あの沖田艦長は幻覚じゃないのかしら。あら、いやだ。
(笑)
ヤマトが依り代って、私は結構違和感があるので。
沖田艦長や守兄さんの魂が宿っていると考えるのはいいのだけど、
それは、あくまでもクルー達の信心の問題であって、
本当に霊魂が宿るっていうのはちょっと違う気がするんですよね。
この艦には、沖田さんがいるのだと、誰の目にも見えなくてもクルー達は信じている。
その目に見えない絆が、ヤマトの強さに繋がるのであって、
それが目に見えてしまうと、ちょっと、ガッカリしてしまうわけです、ワタシとしては。

実際の所、コスモリバースシステムが作動すると何が起こるのか、私にはわかりません。
遊星爆弾で汚染された地球が甦るのだと思いますけど、
有害物質が除去されただけじゃ、生命は再生されませんから、
雪が蘇生したように、傷付いた、或いは、生命エネルギーの消失したものが、復活する。
ですが、2202現在で、地上が元通りになったわけではないので、
時間が過去に巻き戻ったように復活するわけではない。
(そりゃそうですよね。復活する時代設定を指定できないだろうし)
ガミラスに攻撃を受ける前の環境が再生出来うる状態になるってことでしょうかね。
でも、そうしたら、加藤家の翼君はどうして病気になったんだろう。
大体、翼君の病気って、遊星爆弾症候群なの? 宇宙放射線病なの?
この2つって、違う病気だよね?
HPには、「遊星爆弾の残留汚染物質に二次感染した新生児たちが収容される医療施設で治療を受けている。」ってあるけど、コスモリバースシステムが発動したのに、遊星爆弾の残留汚染部室がどうしてあるんだろう?
実は、コスモリバースシステムって私が思っているような魔法のシステムじゃないんだろうか。
もっとも、本編では、山本玲の訓練生達が「宇宙放射線病の影響か」「二次発症?」「真琴さん、自分のせいだって」と言う会話があるので、翼君は宇宙放射線病だと思っていたけど、これは、もしかして、宇宙放射線病じゃないんだよ、って意味の会話だったの?
どちらにしても、コスモリバースシステムの正体がわからないのですよ。

誰か、教えてください。^^;

最初から長くなってしまったので、続きます。
良かったらお付き合いください。m(._.)m

TAG : 宇宙戦艦ヤマト 2202

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する