眠れない方に…

2009/09/30 00:52

タイトルとは真逆で、私はいつでもどこでも眠りに就ける。
明るかろうと、少々煩かろうと、布団じゃなかろうと眠れる。
もっとも、眠りの質がいかほどかというと、それはまぁ布団で寝た方が上質なのは決まっているけど。

だから、「眠れない」という悩みとはご縁がない。
が、まわりには眠れないという人も、案外たくさんいらっしゃる。

母がよく、眠れないと言っていた。
それを見ていた私が思っていたのは「寝てんぢゃん」だった。だって、実際何時間も寝ているもん。
でも、本人は寝られないという。
つまり、寝られないと「感じている」ことが問題であり、実際に何時間寝ていようと関係ないのだ、というのが私の結論だったりする。そして、(私にはわからないが)どうやら「寝られないと感じている」ということは、かなり辛いことらしい。

で、次の出番は父になる。父は深夜ラジオを聴いている。
最初は遠慮してイヤホンで聴いていたが、そのうち枕元で音を出すようになった。
ま、同じ部屋で寝ている人がそれで気にしないのなら、こちらが文句を言うことではない。

父もあまり眠れない人だと思う。
本人に言わせると5~6時間眠れば十分だとか。10時頃お酒を呑んで寝てしまうと、2時か3時頃トイレに起きてきて、そのままずるずると何時間でも起きている、なんていうのを夜更かししている私は横目でみているわけだ。
だから、深夜ラジオというのは眠れない夜のお供だと思っていた。

が、どうやらそれは違っていたらしい。

ラジオを聴くのは、「自分で寝ているんだと納得するための手段」だというのだ。
はっきり言って、目から鱗でした。

つまり、夜中の深夜ラジオ放送――ま、父が聞いているのは某元国営放送なんだけど―は、どうやら1時間間隔で違う番組をやっているらしい。で、聞いているウチに何時にどの番組がやっているのか覚えてしまうそうだ。
ま、それはわかります。そりゃそうだ。
ところが、どっこい。それが必要なんだそうで。

つまり、ラジオ番組を聞けば何時なのか大体わかる。
するってぇと、寝てないと思っていた自分だけど、翌朝番組を思い返すことで、どれくらい寝ていたのかわかるようになる、という。
この番組の次は、あれだった。というのを繋ぎ合わせてゆけば、何だ、一晩で○時間は寝ているんじゃないか、と自分自身で納得できるようになり、それが結果として「寝ていない」というのは思い込みだったのだと自分を納得させることに繋がったというのだ。

「寝られないというのは、自分の思い込み」というのが私の考えだったわけでが、それを逆手にとって、自分に納得させる手段として用いた、という父のやり方に、私は感心してしまった。

「医者に貰った薬よりも効くぞ」
と父はうっすらと笑ったが、そりゃそうだろうと思う。
人間、自分で納得したことが一番強い。
ちなみに、眠れない日々を過ごしていた父の友人もそれで眠れない感を克服したそうだから、一概に父の思い込みの産物ではないらしい(笑)。

人間、考えるもんだなぁ、と感心したのと同時に、やはり、自分自身が納得するということは大事なことなんだと思った。

仕方ない。
納得できるまで、考え続けますか。

よもやま  | コメント : 3  | トラックバック : 0 |

コメント

あたしも・・・

・・・ラジオ、つけっぱなしの人です(爆) 

 「ラ○オ深夜便」でしょうかne。あれなら1時間毎に内容が変わりけど、約360日同じパターンの繰り返しですから、覚えちゃいますyo。
 ちなみに、今年はもう2度も、ささきいさおさんがご出演されてます。

 こうして今夜も不眠症が・・・終わらない。

| 2009/09/30 |  20:04 | Tacke #- |  URL | 編集 |

>Tackeさま

あら、そうなんですか! 共感できなくて申し訳ないです…あ、あ、ラジオがついていても気になりませんけど。
> ・・・ラジオ、つけっぱなしの人です(爆) 
>
>  「ラ○オ深夜便」でしょうかne。
 そうそう、確かそんなことを言っていたと思います。
 でも、ささきさんがご出演されていたら眠れませんね!(^.^) 

| 2009/10/01 |  07:54 | ポトス #- |  URL | 編集 |

そういえば、今夜は

・・・年に数日しかない「ラジオ深夜便」の休止日です。

 そりゃ、台風情報の方が優先ですから・・・台風直撃コース上の我が家ですけど、どうか被害がありませんように・・・他力本願(笑)

| 2009/10/07 |  20:49 | Tacke #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する