うふうふうふ。

2010/02/12 02:20

昨日演奏会に出かけてきた。
音楽音痴(って変な言葉だね・笑)なワタシは、聞いて感動した気持ちを語る言葉を持ち合わせていない。(すげー、良かった、感激したくらい)だから、演奏会に行って「あぁ今日の演奏はよかったなぁ」とか「素敵」と思っても、日記に書くことはあまりない。
その上、どの辺がどう良かったのか、自分でもわからないのだ。歌(特に合唱)が入れば、それなりに好みも出てくるのだけど、オケになると全くわからない。音の良し悪しも、演奏の良し悪しも。もちろん、外部評価と合わないことも結構あるし。
それでも聞くのは嫌いじゃないので、ひょこひょこと出かけたりはする。

いいわけが長いな(笑)。

今日出かけたのは、すみだトリフォニーホール。期待に違わず、とても素晴らしかった!
このオケは、「ショスタコばっかり演奏しているへんなオケ」と嬉しそうに話す人がいたので、昨年初めて聞きに行き、いっぺんでファンになってしまった(^^)。

ショスタコーヴィチという作曲家を、実は近年までワタシは知らなかった。
「ショスタコの○番はいいよね!」とオケ好きの友人たちは話すが、ふう~ん、だったワタシ。
こうして首都圏に住むようになって、演奏会にも出かけるようになり、あちこちでショスタコーヴィチという名前と曲は耳にするようになったが、あまりというより、ちっともわからなかったのだ。

それが、ここのオケは別。
昨年は「森の歌」という合唱つきの曲だったので余計なのだと思うけど、とにかく「すごい」。
申し訳ないが、何が凄いのかはよくわからんのです。
熱が違う、とでも言うのかなぁ。その日、客席にいるだけのワタシがそう思うのだから、そこに関わっている人たちのそれは特別なものに違いない。昨年は確か隣の席で一緒に聞いていた筈の人が、今年はステージの上にいたという気持ちが、何だかわかるような気がする演奏だった。
すんません。素晴らしかった、としか言葉が見つからない。

私はオーケストラに関わったことはないが、社会人がそれを続けて行くのは大変だろうということは想像がつく。
日々仕事が終わってから、練習がある。家で楽器をさらうことができるのは、かなり限られた人なんじゃなかろうか。技術を保つのは大変なんじゃないか。
その上演奏会だ。金額の問題じゃないと思うけど、地方の学生の合唱の演奏会でさえ、100万単位の金が動いた。首都のアマオケとなれば、その金額も、マネージメントもその比ではなかろう。準備も当日の采配も、楽団をまとめることも。
ほとんどの席が埋まったホールを見ながら、なんだかやっぱり凄いなぁ、と思った次第である。

昨年も一緒に聞いた友人とは、「……もしかして、あの演奏会以来1年ぶりでしょうか?」と笑い合ったりしたのだけど、彼女も同じように「良かった! 来年も来たいね!」と言ってました。
私は会場に来るなり「昨年の演奏会の分、ください♪」と早速CDを購入した。彼女も「私も欲しいな~」と言っていたと思うけど、買ったのかな? 来年は今年の演奏会の分を買わせていただきます☆

また来年も、同じように友人たちと演奏会を楽しめることを願っています。

そうそう、パンフにあった「ダスビの日記帳」もとても楽しく読ませていただいた。
何だか、とてもパワーを貰って帰ってきたような気がする、とても良い一日だった。

あれ。簡単に書くつもりが長くなったな(笑)。
いや、タイトルのうふうふうふにはもう一つわけがあるのだな。

夫はとてもマイペースな人で、流行なんてものに興味は一切ない。自分が興味のあるものにしか興味を示さない人だ。
だから、結婚当初から、思い出したように「ヤマト」のビデオを見るのも彼だった。
その他にも当然好みはあるが、その中のひとつに「スペースコブラ」がある。
実は私も好きなので、一緒に見る。子どもたちも、一緒に見る(笑)。
私の場合、ヤマトの他に好きだったアニメのひとつでもあり、野沢那智さん大好きです。

で、その中に、タイトルは忘れちゃったけど、ベガというウィング星人の出てくる話がある。
このベガ役が、青野さんなんだなーーーー♪♪♪

それまで本を読んでいたわっちだが、青野さんの声が聞こえたので思わず顔を上げてしまった。
友蔵じいさんは、真田さんには聞こえないけど、このベガ、真田さんなの~!
こういう言い方は青野さんに失礼なのかもしれないけど、とってもかぶるの~!
野沢さんには申し訳ないけど、青野さんの声しか聞こえなかった~♪(^^)
きゃ~!

家族の前なので、一応心の中だけで叫んでみたけど、たぶん、かなり顔が緩んでいたことは否めない。

普段は、私が声優さんの話を始めるといやな顔をする夫が、
「この声優さん、誰だっけ」
という<わざとか、コイツ
「青野さんでしょ。青野武さん」
「…青野さんて他にも誰かやってたっけ?」<ぜってーわざとだな(笑)
「真田さん。――とか、友蔵じいさんとか?」
「ああ。そうか」
って、わかってて言ってね? と思ってしまった。

たぶん、かなりアヤシくにまにましながら見ていたことだろうと思う。
あぁ、嬉しかった(^^)

音楽のこと  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

こんばんは♪

私は「のだめ」でオーケストラの良さ(良さと言っていいのか?w)を知りました!
私も同じく「なんかいいよね♪」というレベルですが
車の中でいつも聞いています(のだめのサントラですけどw)。
演奏会とかも一度も行ったことがありません。

だけど、だけどやっぱり「なんかいいんです♪」。

| 2010/02/13 |  00:32 | レイ #- |  URL | 編集 |

>レイさま

いらっさいまし。
> 「のだめ」でオーケストラの良さ(良さと言っていいのか?w)を知りました!
 私ものだめちゃん、大好きです(^^)。
 「あ、この曲のだめでやってた♪」という感じでw。

 私も演奏会に行くようになったのはここ数年ですが、やっぱり生は違います。
 わからないなりに感じるものがあって、音楽にしても絵にしても、その他何にしても「LIVE」は大事だ! と思うようになりました。機会がありましたら、是非、お出かけになってみてくださいまし♪

| 2010/02/13 |  07:34 | ポトス #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する