天から降るもの

2010/02/20 20:34

以前、小学校で図書のボランティアをしていたときに、『デルトラクエスト』を好きな男の子がいた。
全巻読破してしまった彼は、新刊が出るのをそれは心待ちにしていた。

『デルトラ』は初心者向けのファンタジーだと思う。この子ならもう少し難しいものでも読めるだろうと思った。
同じエミリー・ロッダの書いた『ローワンシリーズ』なんかいいんじゃないだろうか。
私は、彼に勧めてみることにした。

「あのね。『デルトラ』と同じ人が書いた本があるんだよ。読んでみない?」
彼は、きょとんとしていた。
たまたま、傍にいたお母さんも「同じ人が書いたんだって」と勧めてくれたが、彼の表情ははかばかしくなかった。

うーん。『デルトラ』にしか興味がないのかな? 私の選書が悪かったか? と、ずっと気になっていた。

数年後読んだある本に書いてあった。

「小学校の低学年のうちは、物語(=本)を誰かが作ったものだ、という意識はありません。物語は、(まるで神さまが用意してくれたように)そこにあるのです」

なるほど! そういうことか。
確かにその通りだ、と自分を振り返って思う。

物語は、ただ、そこに存在しているだけだった。
それを、誰かが作ったものだと、いつ知ったのだろう。

…覚えてないな(笑)。

もちろん、この時期には個人差があるし、最初から或いはかなり早い段階から「物語を作る」ことを意識している人がいるのは知っているけれど。私にとって、物語は「読む」ものであって「作る」ものではなかった。自分の妄想や想像とは完全に別次元にあるものだったのだ。

そして、同じように「本」も「ただそこにあるもの」だったんだよなぁ。

それを書く人がいるのは、さすがに知っていた。
書店で売っているのも、もちろん知っている。

けれど、それを編集して、印刷して、製本して、売る人がいると言うことを、その過程を実感として自分の中に受け止めることができたのは、実はこの1,2年のことだったりする。

こんなにもたくさんの人の手を経て、本はここに存在するんだなぁと思ったら、めっちゃ愛しくなってしまった。

「物語」も。「本」も。

我ながら、遅すぎ(笑)
我ながら、あほ。だとは思うけれどね。

ガリ版とか、ボールペン原紙とか、印刷室とか、インクの匂いとか、輪転機とか。(コピー機ではない・笑)
想い出話をしていたら、やっぱ本が好きだなあ、としみじみと思ったのだった。

もしも、次の人生があるのなら、今度は本を作る人になってみたいなぁと思う。

びょーき、なんですかね?(笑)

よもやま  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

・・・本には、当人にとって当るか否かのものがあるのかも。
 あたしの小学生時代は、教室不足のため図書室を教室に改造してましたっけ。そんな環境下でも、本に馴染めた同級生は数少なかったように思います。リアルタイム学生よりも10~20年古い本しかなかったですから。新作も「ホームズ」の児童向け翻訳や「のらくろ(寄贈された唯一の漫画本)」程度?

 ガリ版、懐かしいですね。中学校が閉校する直前の文集、今の時期に夜なべで作っていましたっけ・・・編集委員(泣)。アニメでは「太陽の子エステバン」をやってた時代ですけど、誰も知らないか。
 いや待て、大学生時代の学生寮にも常備されてたっけ。寮内レジュメの印刷用に・・・ってもほとんどサークルイベント用(笑)

| 2010/02/23 |  21:00 | Tacke #- |  URL | 編集 |

>Tackeさま

> ・・・本には、当人にとって当るか否かのものがあるのかも。
>
 「面白い本はありませんか?」って聞かれると「私には面白いけど~」って答えます(笑)
 好みが似ている人を身近なところで捜すのは難しいですが、ネットは便利ですね(^^)

>  あたしの小学生時代は、教室不足のため図書室を教室に改造してましたっけ。そんな環境下でも、本に馴染めた同級生は数少なかったように思います。リアルタイム学生よりも10~20年古い本しかなかったですから。新作も「ホームズ」の児童向け翻訳や「のらくろ(寄贈された唯一の漫画本)」程度?

 あ~私は南洋一郎翻訳のルパンシリーズを息子に勧めて、そっぽを向かれた経験があります(笑)。私が子どもの頃ラノベがこれほどあったら、「名作」は手を出さなかったかもしれませんね。
 それにしても選書は難しいですね!

 ところで、わっちの高校時代やはり校舎の改築をしておりまして、わっちのクラスは「音楽室」(階段教室)でしたよ。

>
> アニメでは「太陽の子エステバン」をやってた時代ですけど、誰も知らないか。
 エステバン、見た記憶がありますが…(笑)

>  いや待て、大学生時代の学生寮にも常備されてたっけ。寮内レジュメの印刷用に・・・ってもほとんどサークルイベント用(笑)
 そういえば、学生の時もしましたよ。何しろお金がありませんし(笑)
 あのインクの匂い、忘れられませんね~(^^)

| 2010/02/24 |  10:29 | ポトス #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する