宇宙図書館BOOKFAIR No.4 更新情報04

2010/06/26 23:01

宇宙図書館 BOOKFAIR No.4「紫陽花の季節に」 の更新情報です。

1)青野さん七変化

【No.00 青野さんへのファンレター byポトス】
 管理人から青野さんへのファンレターです。
    
【No.01 宇宙戦艦ヤマトシリーズ / 真田志郎 by Jay】
 もしかすると管理人以上にアツイ真田ファンであるJayさまによる技師長です。
 めっちゃめちゃ素敵です。管理人は、この素敵なイラストを前に、さてどうやってお見せしたらいいのだろうと、大変に楽しく苦悩しておりました。
 以前、要塞島からの技師長生還のイラストを拝見した時もそうでしたが、このイラストも、見た瞬間にその場面がまざまざと浮かびました。ああ! きっとあのシーンに違いない! とはいえ、妄想逞しい管理人のこと、勝手な思い込みかもしれないとは思いました。ですけどね、「画面の枠外には、ストレッチしているアナライザーが控えております」なんてJayさんが仰るモノですから、これはきっと間違いないっ! と更に確信してしまい…(^^;)
結果として正解でしたので、管理人の妄想も許していただけることかと…。
 まだ未見の方がいらっしゃいましたら、是非! もうご覧になった方も、再度その目に素敵な技師長を焼き付けてくださいませ。Jayさまのアツイ想いもどうぞ!

【No.02 ちびまる子ちゃん / さくら友蔵 by ERI】
【No.05 銀魂 / 平賀源外 by ERI】

 添付ファイルを開いた瞬間に、爆笑してしまった管理人です。
 この企画の方向性を決めて下さった一言通り、なんて素敵なイラストでございましょう>ERIさま。
 笑いを求めたら、ERIさまの右に出る方は、そうですね、mねーさまくらいでしょうか。ああ、お二人のコラボがねーさまの祭りで拝見できるでしょうか! 楽しみにしておりまする♪

 …おっとっと。話がそれましてございます。
 この友蔵さんは、コメントにも書いたとおり最初は富山敬さんでした。そうして、また。まさか、このBOOKFAIR期間中にこんな事態が起こるとは考えておりませんでしたが、そうして、作品は時代へと受け継がれて行くものなのでしょう。

 それから、源外さんですが。このblogをご覧になっていらっしゃる方で「銀魂」をご覧になったことがある方はどのくらいいらっしゃるのでしょうね。管理人宅では怪獣たちが大好きですから、毎週必ず見ています。とはいえ、見ているのは怪獣たち。管理人は家事の合間に見たり見なかったり。もちろん、源外さんが出てくれば気が付きますけどね♪ ええ、くるりと振り返りますから♪ 先日、アニメージュの銀魂の特集を見ました。新しいモノではありません。発行年月を忘れてしまったのですが、年末に「銀魂」の声優さん3人へのインタビューでした。こちらもね、とても面白かったです。げらげら笑いながら読ませていただきましたから。でもその中で「ベテランの声優さんがいらっしゃると緊張します」と仰ってらした箇所を、きっと青野さんのことに違いない、と思いつつ読んだ管理人でございます。 

 とにかくERIさまの美しい、そして腹を抱えて笑える素敵なイラストを、是非、ご覧になってくださいまし。

【No.03 ONE PIECE / ジュラキール・ミホーク(鷹の目のミホーク) by 瑞喜】
 え? ペンタブ壊れちゃったんですか? それで、アナログなんですか? うわーーーーーー!
 とびっくりした管理人です。瑞喜ねーさまってば、ホント何でもできちゃうんですね~♪
 このミホーク、めっちゃカッコイイですよね!

 実は管理人、ワンピースも好きです。リアルタイムで見てました(^^)。ナミと出逢った辺りからかな~。
 最初はね、海外赴任している義姉一家に日本のアニメを届けるために、手当たり次第に録画してたんですよね。で、ワンピもそれに引っかかったと。そうしたら、これ面白いじゃないですか! アラバスタ編まで、一番熱心に見てたのはこの管理人です。
 もちろん、ミホークにはすぐに気が付きましたとも。あーー。青野さんだーー。
 はい、その時点で既に目がはあとです。
 そのミホークを、瑞喜さんがホント素敵に描いてくださったんですよ♪ ねーさまはオチがない…(TT)と仰るのですが、そんなの抜きでカッコイイです♪ ミホークの「孤高」な雰囲気がばっちり♪
 是非、是非、ご覧くださいね~♪

そして、それ以外にも並んだラインナップは、commingsoon! できあがりましたら、またお知らせいたしますので、それまで楽しみにお待ちくださませね。


2)真田志郎七変化。
 うう。こっちはほとんど出揃ってません(TT)。すみません。
 もう少々お待ちください。

 ただ、第1回BOOKFAIRが「技師長への恋文」と題して、宇宙戦艦ヤマトpart1第18話「浮かぶ要塞島!! たったふたりの決死隊!!」の特集でした。よろしければ、そちらをお楽しみください。


3)雨、或いは紫陽花に纏わるSTORY
 こちらは、綾乃さまによる新月worldの物語集です。
 詳細は新月blogをお読みください。だって、あまり紹介してしまったらつまらないですよね?
 でも、新月worldのみんなが、所狭しと駆け回って…はいないかな。
 今回はしっとりと。
 どうぞ雨降る夜更けにお楽しみください。

5)歌舞伎における紫陽花
 いや、本当に知らなかったんですよ。七変化が歌舞伎から来ていたとは!
 管理人は図書館で調べまくってしまいました。(^^;)
 ふんふん。「お染の七役(おそめのななやく)」ってのがあるのか。身分・性・年齢の異なる七役早替わりをするのか~。で? で? それだけ。一度も歌舞伎を見たことがないのに、何かが書けるわけがない。やはりここはその道の方にお願いするしかあるまい! と勝手に白羽の矢を立てられてしまったのが、秋本真耶さまというわけです。

 えええ。こんな歌舞伎があるんですか? 何だか歌舞伎って面白そうですね! ど素人でも楽しめるのかも!
 秋本さまのお話は、管理人をそんな気にさせてくださったのです。
 歌舞伎を全く知らない方でも、楽しめること請け合いです。笑えるだけじゃありません。時代背景もばっちり。
 「サラリーマン本能寺」
 そう題して送ってくださった秋本さまのお話を、是非、お楽しみください!


*** *** *** *** ***

本日、昼、青野さんの入院と「ちびまる子ちゃん」の友蔵さん役降板のニュースが流れました。
それについて、ひとことindexページに付記しました。

一日も早い、青野さんのご快癒をお祈り申し上げております。

宇宙図書館 更新情報  | コメント : 3  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

真田さんだけでなく、青野武さんまでも「仲間内できゃいきゃい騒ぐためのダシにしている」ように見えてしまうのですが。
さして愛着もないのに無理やりネタにして遊ぶのはどうかなと思います。
まあ、そもそも真田さんが図書館なんか作るはずもないですよね。
あまりにもヤマトの原作世界をないがしろにしていて呆れました。
二次創作だからってやりたい放題が許されるのでしょうか。

| 2010/06/27 |  01:30 | なんだかな・・・・・ #wHayamP2 |  URL | 編集 |

>なんだかな…さま

ようこそいらっしゃいました。管理人ポトスです。

私、管理人ポトスも、またこの企画にご協力いただいた方々も、
心からヤマトを大切に想うヤマトファンであります。
弊サイト開設にあたり、ワイワイとファンが集える場でありたいと望んで来ましたが、
それは一人ではできない何かを生み出すことができる可能性を信じてのことであり、
仲間内で騒ぐことを目的としたものではありません。

今回もご協力くださった方々は、みなさんお忙しい方ばかりでして、
その中でやりくりしながら、できる形で参加してくださっております。
そうまでしてご参加くださるのは、ヤマトという作品への愛情がベースにあるからだと
私は考えております。
原作世界を軽んじたり、ネタにして遊ぶことを目的としているわけでは決してありません。
各人それぞれの想いの違いはあれど、
宇宙戦艦ヤマトという作品を30年間大切に想い続けてきた方ばかりです。
想いの深さ、強さというのもは、他人と比べるものではないと考えますが、
軽いノリで遊ぶために参加しておられる方は、ひとりとしていらっしゃいません。

それはまた、青野さんに対しても同じです。
今回、管理人がミーハーチックに騒いだという感は否めないとは存じますが、
今回の特集にあたり、様々なものに接しながら、
管理人は青野さんをますます尊敬さしあげるに至っております。
それは、想いの多寡の差こそあれ、今回ご協力いただいた方々全員が
持っているものでもあります。

ですが、それを作品として表現した時に、全ての方に楽しんでいただける形で
提示することができなかった事は、ひとえに私管理人の力不足であります。
その点、お詫び申し上げます。

二次創作につきましては、各人それぞれの考えとスタンスがあることは存じておりますが、
弊サイトでは、原作を否定したり、蔑ろにしようとする意図は全くありません。
宇宙戦艦ヤマトという作品を愛する人の集う世界の片隅に存在し、
楽しむことができればそれで十分です。
この図書館の存在が、ヤマト世界に何かを及ぼすことはあり得ません。

パロディというものに関しては、それぞれにご意見がおありとは存じます。
私管理人は、このような表現が原作を蔑ろにするものだとは考えておりませんが、
その点、ご理解いただけないまでも、見逃していただければ幸いです。

今後、このようにご不快に思われる方もいらっしゃるとこいうことを、
十分に心して活動していきたいと存じます。


宇宙図書館 管理人 ポトス

| 2010/06/27 |  17:45 | ポトス #- |  URL | 編集 |

コメント

書いていたら長くなったのと、タイミングを逸してしまったので、「新月」blogに書きました。よろしければお読みください。
でも、内容はけっこう同じかもしれませんが。

diary:青野さん&宇宙図書館のこと
http://altomusik.blog39.fc2.com/blog-entry-1581.html

綾乃・拝

| 2010/06/28 |  00:48 | 綾乃@新月の館 #5hiobRrU |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する