長崎という処

2010/08/04 12:05

昨夜の夢で逢ったのは、何故か遠い土地に住む友人だった。
しかも彼女が住んでいたのは私の実家。
うーん。
相変わらず、夢ってヘンだわ(笑)
しかも、あそこにいたおっさんは誰だ???
技師長なら良かったのに!!!!!

先週の『龍馬伝』の感想で、大浦天主堂と浦上天主堂を間違えてしまい(恥)、少しばかり長崎の教会に興味を持ったのでした。

はい。
何がきっかけになるかわかりませんな。

『近代化遺産 ろまん紀行』やら『NHK美の壺 長崎の教会』やら『遠藤周作と歩く「長崎巡礼」』なんて本を借りてきた。

美しいぞ。

長崎の教会が、である。

キリスト教というものに、たぶん私は強い関心を持っているのだろうと思う。そして、同時に結構な反発感みたいなものも持ち合わせていることに、最近気付いた。

ルネッサンスとか、ミサ曲とか、バロックとか(このジャンルを併記することが妥当かどうかは検討しないでw)、とても美しいと思うし、コンサートホールだけでなく教会で聞きたいと思っているのだけれど。

どうやらそれとこれとは別物らしい。
私は宗教家ではない。
私には絶対唯一神を信仰するということが、全然理解できないんだよね。

だから、西洋の教会は美しいと思いつつも、どこか馴染めない処があって。
しこりのように違和感を持っているわけだ。

それが、長崎の教会の「日本建築との融合」という文章を読んだ途端に、興味が出てきたのは何故だろう。
コロッと気持ちが裏返ったみたいな感じね。

木造の教会とステンドガラスの美しさとあたたかさに、非常に惹かれるものがある。
行ってみたいぞ。
と、珍しく思った。

だがしかし。
長崎なのだよ、そこは。
キリシタンの土地なのだよ。

現在読み中なのが

 『沈黙』。遠藤周作/著。

著者によるあとがきには“昭和41年2月20日”とある。
生まれてないよ、ワタシ!

と、おちゃらける以前にこういう話は、実はめっちゃ苦手だったりする。
重い。重すぎる。
抉られるのは、好きじゃない。

数ページ読んでは「ダメだ」と本を閉じ、数分後また手にとって読んでいる。

ほら。本棚には『フリーター、家を買う。』があるよ! 有川浩さんだよ!
きっとあっちは楽しいよ! 貸出期限はあっちの方が早いよ!

そう思いつつ、ワタシはまた『沈黙』を手に取る。

う。

あと半分だ。
たぶんそうやって読了するに違いない。

『女の一生』までいくかな?

ああ。
オランダ出島とかにはまれば良かったのに!>自分

よもやま  | コメント : 4  | トラックバック : 0 |

コメント

浦上は

爆心地近くじゃなかったっけ。修学旅行やら出張やらお手軽な距離なので若い頃にはよく行きました。

が!

長崎は坂がまうごつ多くてあくしゃうちます。
夏なんか死にそうになりましたよ出張で。
グラバーさんちを空から見たら、屋根が四つ葉の形ってのは本当なんだろうか。
すみません 九州大好き人間なのでついでしゃばってしまった…

| 2010/08/04 |  20:40 | 瑠璃 #- |  URL | 編集 |

>瑠璃さま

>瑠璃さま

> 浦上は
> 爆心地近くじゃなかったっけ。

 そうなんですよね。被爆して、立て直されてます。
 真下だったみたいですね。

 広島に比べて、長崎の話はあまり知られていませんね。
 御多分に洩れず、この私もそうでして。
 今回こういう形で知ったことが結構ありました。

>
> が!
>
> 長崎は坂がまうごつ多くてあくしゃうちます。
> 夏なんか死にそうになりましたよ出張で。

 現在私の住んでいる処も結構坂が多いんですが、どうやらその比ではなさそうですね~(^^;)

> グラバーさんちを空から見たら、屋根が四つ葉の形ってのは本当なんだろうか。

 グラバー邸も行ってみたい!
 この人も、日本にいろいろと貢献してくださった方なんですね~。
 長崎って奥が深いわ~

 管理人、ただ今九州地方に興味津々です!
 是非、情報を教えてくださいまし♪♪

追伸:えーと、少ーし前の他人様んちのことなんで恐縮なんですが…
 わっち、いきなりだんご、大好きです!

| 2010/08/05 |  07:34 | ポトス #- |  URL | 編集 |

いきなり団子

あれはそぎゃーんありがたがって食うもんじゃなかとですよ。
ポトスさんちでもすぐでくって思いますよ。
粉(メリケン粉?小麦粉のことかな)に水ば入れて適当な固さにすっですもんね。膨らし粉やらは入れんでよかです。
してから、唐芋(さつまいも)は皮ば剥いて生んまま適当に輪切りにしとくですもんね、そん芋に正月に余ったとでん店で買うてきたとでんなんでんよかけん、黒かあんこばちょびっとだけぬったくるとです。そればさっき作っとった膨らし粉もなーんもなかとで包んで蒸すだけ。
芋が生だけん、芋がやおなったら食べられるですよ。
ばってんですね、いきなり団子は農作業中に小腹んすいたときやらに、お茶うけで食いよったごたる気取らん菓子だったとです。お茶うけにはうちらへんでは団子んごたっと(甘い)と味噌漬けば出しよったごたっです。
すみません…また熱く語ってしまった…地元なもので。

| 2010/08/05 |  17:05 | 瑠璃 #- |  URL | 編集 |

>瑠璃さま

>瑠璃さま

 熱く語っていただいてありがとうございます!
 だって、私あれ大好きなんですもん♪
 でも、結構良いお値段…だと思っていたら、もしかして、わっちにも作れるかも!? ですね♪
 秋になってお芋の季節になったら、作ってみます。
 あ。お盆にてんぷら揚げなきゃいけないから、その時に買い込むってのありですね…(^^)/
 むふふふ。

| 2010/08/05 |  17:11 | ポトス #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する