『龍馬伝』no.32感想

2010/08/09 02:08

『龍馬伝』no.32 狙われた龍馬 2010.08.08放映

誰に、どうして、狙われたんだろう? と思っていたんですが。
新撰組に狙われている龍馬。いろんな意味で(笑)。
もう一人、龍馬を狙って登場した人物がおりました。お久しぶりですな。(^^)

今回は、薩長連合に失敗した龍馬がどうやって西郷を動かすか、という話だったのだと思いますが、ファンタジックにおりょうさんが可愛かったです(^^)。

前回、下関に寄らずに機会を逸してしまった西郷-薩摩。でも、それで諦めちゃ男が廃るとばかりに、龍馬と中岡慎太郎は、新撰組旋風の吹き荒れる殺伐とした京へ入ります。

だがしかし。
西郷は会ってくれません。
上川慎太郎を宥め、出直す、という龍馬。何かワケがあるはずだ、と。おお。カッコイイじゃん。

やはり、龍馬は第3部になって人間変わってますな。とても、同一人物だとは思えません。

で、龍馬が潜伏場所に選んだのは、伏見の寺田屋。
はい。おりょうさんに会いに行ったんですね。

でも、そこにはおりょう目当ての新撰組局長-近藤がいて。
姿を見られないウチに帰れ、というお登勢の忠告は、ヤキモチ龍馬の耳には入りません。
「やっぱり近藤さんじゃなかとですか。西郷イサブローでごわす。蛤御門の変では…」
と、西郷隆盛の遠縁だと嘘付いて、おりょうとの酒盛りを邪魔します。

ええ、お登勢さん。
あれはね、おりょうさんを助けに行ったんじゃありませんことよ。
単に、龍馬がヤキモチ焼いて、邪魔しに行っただけでございます。
結果的に、おりょうさんが助けられたってだけの話ですわん。
だって、もしおりょうさんが小手先で近藤をあしらえるだけの技量を持っていたとしても、きっと踏み込んでいったと思いますね、あの龍馬は(笑)。

いやー。笑かしてもらいました。

で。もう一方の龍馬を狙っていた男は、なんと、千葉重太郎さん!
いやー、お久しぶりっす♪

裸の龍馬(←風呂入ってた)に抱きついて、「坂本くーーーーーん!!」ですから(笑)。
渡辺重太郎、相変わらず熱いです!

「江戸に戻ってきてくれ。
 佐那の元に戻ってくれ。
 今でも君を思い続けているんだ!
 生涯誰の嫁にもならんと言っている!!」

いきなり言い出す重太郎くんでしたが、「失礼します」「ほなごゆっくり」と素知らぬ顔で席を立った、おりょうさんとお登勢さんに、笑った。

「一生のお願いだ!」と縋る重太郎くんでしたが、「できん」と一言で断られてしまいました。

でも、この返事がずるいの。
「わしにはやらんといかん事がある」
ずるくね? 龍馬。

この返事じゃ、佐那さんは一生待っているだろうに。

「そやかて、ああいう人を好きになっても幸せにはなれない。あの人が幸せにしたいのは、一人のおなごじゃなくて、世の中全てのお人や」
おりょうさんに言って聞かせるお登勢さん。わかってますな~。

なーんて、言っている処に近藤登場。
あら。そういや、まだこの人いたんだっけ(笑)。

酔いが醒めてきたらしく、龍馬の顔を思い出します。「岡田以蔵を逃がしたヤツだ」と、気付く。
そして、抜刀して客間を改めに。
重太郎さんと並んで寝ている龍馬に、声も掛けずに、ひと突き。

すかさず、起きあがる龍馬と重太郎。
さすが、北辰一刀流の代表たち。

だがしかし。近藤もまた、天然理心流の継承者ですから。
「千葉道場の。北辰一刀流の、千葉重太郎先生じゃ!」
というのも、他の人間相手ならいざ知らず。何の脅しにもなってません。いや、逆に誘い水。
何しろ、日野の弱小道場で苦労した近藤にしてみれば、「腕なら負けはせん!」という自負もあるでしょう。
名乗りを聞いた後、嬉しそうでしたね、原田勇(←近藤ね)。

もっとも、この場面は「おやめください!」と飛び込んできたおりょうさんによって、刀は収められることになりますが。
ああ。このおりょうさんなら、一糸纏わず龍馬のために知らせに及んだ、というのもわかります。

今回、おりょうさんの笑顔がとっても綺麗でね。おお、可愛いぞ♪ と完全にオヤジモード(笑)。
今まで仏頂面だっただけに、まあ、笑顔がカワイイったら♪

逆に原田泰造は、喋らない方が良かったのでは。
以蔵を追い詰めている時の新撰組の迫力が、何だか急にダウンした感じ。
ああ。まさか、個人的怨恨(=失恋)からの龍馬暗殺、ってこと? ありえねーーーーだろっ。

大体「見つかったら斬られる/捕まる」という状況にいる龍馬を、何で江戸から出てきたばっかの重太郎が見つけることができるんだ?

もっとも、失恋したのは近藤だけじゃなくて、重太郎くんもだけどね。
「妹ではなくて、僕の方が諦め切れなかっただけだ。坂本くんを頼む…」
って、重太郎くんらしくて良かったです。

でもって、龍馬は相変わらずたらしだね。
「そのうち、長次郎達にも会わせちゃる。昨日、いうたろ。そのうち、の」
って。重太郎が飛び込んできてできなかったおりょうへの返事を、ちゃーーーんとここで言ってやんの。これ、その場で答えるよりも効果あるよねーーー。ずるっ。たらしだわ、やっぱ。

でもね、おりょうさんの笑顔は可愛かったよーーー♪

と。
龍馬が何だかファンタジーしている間に、西郷は何事かを決心したようで。
上川慎太郎が龍馬を呼びにやってきます。

「髪の、こう。にゃにゃにゃとしたヤツだ」
って表現は笑かしてくれました。

「すんもはんでした!」と廊下で土下座する西郷でしたが。
「幕府の隠密が船におり、取り逃がしたので下関へは寄らなかった」
「既に信用を失っているのだから、長州との密約は無理だろう」
と、とても冷静。

「長州と手を組まなければ、薩摩は亡びるだけじゃ!!」
と、一人熱いのは中岡慎太郎。

「どうしたらええがじゃ!」と叫ぶ変わりに、にやりと笑う龍馬。
「手みやげを持っていくはどうぜよ」

軍艦10隻とミニエー銃1万丁。
つまり、高杉がどうしても用意できなかったものを薩摩が用意する、という手。

「それをやってしまったら幕府に戦を仕掛けることと同じ」という西郷に。
「もう後戻りはできん」とけしかける龍馬。

大きく打った鐘は、大きな音を響かせ。
「わかりもうした。軍艦と銃を用意しもうそう」と西郷は決意する。

長州の様子は詳細には描かれないんだけど、結構おもしろい。
「武器が用意できなかった!」と高杉。
「お前が帰ってきてくれただけで、皆喜んでいる!」と桂。

龍馬伝、だから。龍馬を中心に描かれているんだけど。
幕末の、この歴史のうねりというか、あちこちで起きている「何か」がちらちらと見えるのは面白い。
龍馬だけが作り上げたわけではない、幕末という歴史。

既存の権力に組しない龍馬の魅力はわかるけれど、でも、龍馬だけだったら歴史は動かないワケでしょう?
薩摩や長州、という大きな勢力があった。土佐という、複雑怪奇な権力者(=容堂)を持つ勢力があり。
それを結びつける人間があり。
既存の権力に、忠誠を誓う勢力もあり。
何が欠けても、それは成立しなかったに違いない。
この、歴史というもの。

何が、どう、と言葉で語れないんだけど、面白い! と思う。

おっと。龍馬伝だったよね。
不満なのは、中岡慎太郎の役回りが、演技の割に浮いていること。
あれじゃ、中岡いてもいなくても変わらないじゃん。
納得できん。

今回は、龍馬のファンタジーだった、ってことで笑って終わりにしたい感じ。

あ。猿と戯れてた弥太郎も大いに笑かしてくれましたよ。

次回「亀山社中の大仕事」です。


no.31<<『龍馬伝』>>no.33

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『龍馬伝』感想  | コメント : 1  | トラックバック : 0 |

コメント

>tateさま

>tateさま

 ようこそいらっさいました。
 いつも楽しく拝見させていただいてます♪

> やはり今回は
>  「坂本くーーーーーん!!」
>  「にゃにゃにゃとしたヤツ」
> がポイントですね(笑)。
>
 ですよねー。
 確かに「坂本くーーん」の後には(はぁと)とつけても良いかもしれません(笑)

> あれは龍馬の「ヤキモチ」だ

 「おりょうは俺のもん。俺が探し出してきたの! 勝手に触るんじゃねーよっ」
 って見えたんですけど(笑)

 弥太郎もまさかあの新宅からお山の中へ行くとは思いもしませんでした(笑)。
 そろそろ別な一面も見たいですね。
 それにしても、あの後藤象二郎はどうにかならんのでしょうか。。。(^^;)

| 2010/08/11 |  08:34 | ポトス #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する