似て非なるもの

2010/08/28 10:22

そうか、違うのか。
別の能力やら知識が必要なのか。
と初めて知った。


看護と介護。


去年母は最後の1週間を某大学病院の緩和ケアという病棟で過ごした。

そこでは積極的な治療は行われず、穏やかに最期を迎えるための場所だった。

もちろん、専門の先生とスタッフがおられ、
患者だけでなく、付き添う家族のケアまでしてくれた。

最期まで自宅でと望んでいたが、
自宅ではあの細やかな対応は難しかったと思う。
私たち家族も母の事だけを考えて付き添えた。

病院で看取るのも悪いばかりではないと思えたし、感謝もしている。


今思うとあれは介護だったのかもしれない。

治癒?治療を目的とする病棟とは、根底が違ったのだろう。

どちらが良い悪いと言っているわけではなく。
ああ、介護と看護とは全く別物なのだ、と痛感した次第。
今ごろだけど。


どちらも、大変なお仕事だ。

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する