お盆終了。

2011/08/17 17:03

ただいま帰りました(^^)/。

12日23:30出発、13日15:30現地到着。
移動距離にして、1000km。

大阪近辺が混雑してましたので、高速を降りて下を走りました。
都内は走らず、中央道へ出て名神高速から中国縦貫、最終的には山陽道が終点です。

中国縦貫に入ると、車の数は減るし、なだらかな中国山地が続いてとても気持ちがいいです。

110813_01

夏だな~という空です。

110803_02

写真を撮ろうと思ってからカメラを用意するまでに時間がかかるので、
撮りたいと思った景色は撮れません(笑)

いつもはこの時期の緑は「とって食われそう」なので後込みしてしまうのですが、
今年は緑もアツサにやられている様子で、あまり勢いを感じませんでした。

いつもは、中国縦貫に入った辺りで私が運転を交代するのですが、
今年はずうううっと夫がひとりで運転してくれました。
どうもありがとう(_ _)。

実家は、もう誰も住んでいません。

「誰も住んでいない家はね、前に出てきたまんまになっているから切なくてね」
と、職場で話していたのですが、その通りでした。

義姉がこまめに訪問してくれるので、遠方にいる私はとても助かっているのですが、
廊下にはうっすらと埃が積もり、白くなっていました。

お茶のみが、洗ったそのままになっている。
それだけのことが、ひどく切なかった。


運転は夫の大活躍でしたが、家に着けば私の仕事♪
(あ、勿論夫も息子も手伝ってはくれてますよ)
掃除機かけて、廊下も畳も拭いて、お仏壇を綺麗にして、お墓参り。
よしよし、これで明日の一周忌も何とか迎えられるぞという程度にはなり。
ばたんぐーーーーっと寝たのでした。

 *****

夏休み、というものが縁遠くなってからどれくらいになるでしょう。
自分の夏休み、という意味です。
子どもが学校に行くようになってから、夏休みは「たいへん」(笑)。
三度の食事と宿題とオトモダチと。
15年もそんな生活を続けてきましたので、自分の夏休みなんて存在しません。

夏休み、ボーナス。

いいなあ。憧れるなぁ。

専業主婦じゃなくなり、ちょぼちょぼと働くようになってからも、
私に夏休みはありません。だって、そういう職場なんだもん(^^;)。

でも、夫だっておんなじです。
「夏休み」をとっても、自分のために使える時間なんてほんの僅かですもんね。
義父が逝き、母が逝き、立て続けに義母も亡くなってしまい。
夏休みも、お盆も、旅行をしたり遊んだりする時間じゃなくなってしまいました。

亡くなった人を偲び、迎え、送る。

昔から当たり前に続いてきた事を、今度は私たちが受け継ぐ番になっただけ。
そうして、私はこれらを息子に受け渡さなければならない。

義母は実家のお墓も、お位牌も持っていましたから、その世話をするのも私たちです。
父は長男ではありませんでしたから、お墓は自分で建てました。
私は三人姉妹の長女なので、もしかすると実家のお墓も継ぐかもしれません。

どういう形でそれを受け継ぐのかは、まだわかりませんが、
途切れさせてしまうわけにはいかないでしょう。

私は、死後の世界というものを実は全く信じていません。
たぶん、私が死ぬときは、消滅するだけでしょう。
私は後に何かを残したいと思わないし、いつまでも覚えていてくれなくてもいいです。
生きている間は、楽しく過ごしたいと思いますが。

でも、他の人のそれまで否定するつもりはありません。
っていうと矛盾してるかもしれませんが、お盆中はご先祖様が帰ってくるというのは嘘じゃないような気がしています。
ぐうたらしていると「まったく、このコは!」と母や義母の嘆きが聞こえてきそうです(笑)

もしかすると。
生きていた間のぐうたらのツケを死後払うことになるのかも、
と、実はちょっと戦々恐々と思ってみたりして。

そんな事を、義母のいなくなってしまった家で考えていました。

夏休み=旅行。

そんな風に過ごせる時間がまたやってくるのかなぁ?
やってこなくても、それはそれでいいような気がしています。
ご先祖様と過ごす時間も悪くはないように思っています。

さて。
帰宅したらメシの支度が待っているぜ!(笑)

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する