ワンピ見た(^^)

2011/08/22 10:35

ONEPIECEアラバスタ編を見た。^^

私はこの物語が大好き。

本放送は何年前になるんだろう?
当時、海外赴任していた義姉一家の為に、「何でもいいから日本のアニメ」を録画し続けていた時期があり、
見つづけるウチにこっちがハマってしまったという代物です(笑)

特にこのアラバスタ編は名作だと思う。

王女と海賊が、内乱を図りそれに乗じて国を乗っ取ろうとする悪者から王国を救う、
というかなり壮大な話。

あ。
今更ですが、基本的にネタバレですのでご注意下さい。


たかが、子供向けのアニメ。
と、実は見始めた当初は思っていたのだけれど、その認識が改まるのに時間はあまり要しなかった。
まだイーストブルーにいる頃から見ていたっけ。

それぞれのキャラがしっかり立っていて、それぞれに事情を抱えている。
弱さも強さもがそれぞれで。

物語もとにかく魅力的。
「ふふん。ファンタジーだわな」と(σ ̄ー ̄)σ と思いつつも、
何しろ見終わった後味が良い!

勧善懲悪とは言わないまでも、基本的に誰も死なないし。

(笑)

ドラゴンボールと同じね。

「仲間」ってのがキーワードで、仲間を救うために死闘を繰り広げるのはお約束としても、
「仲間を抜ける」ための死闘、ってのもあったりする。
(ルフィーとウソップね。仲間を守るためのロビンとCP9も切なかったさ)

みんな違って、みんないい。
でも、仲間だぜっ。

ってな縛りと緩さが心地よいわけです。

で、劇場版アラバスタ編は初めて見た。
「総集編ってクセモノなんだよねえええ」と言いつつ、息子たちと三人で2時間(笑)

あーーーっ、これ端折り過ぎぃと顔を顰めたり、
おおーーーっ、この編集ナイスうううううう、とか。

何だかんだと文句をつけつつ、最後はやっぱり感動するわけ。
途中端折ってある内容も、脳内補完してるから。

でも残念だったのは、ちょっとクロコダイルの怖さが減っていたことかな。
声をあてているのは大友龍三郎さんで、いや、私が見たワンピの中で一番の「悪者」だと思うんだけど。
ちょっと、流ちょうに喋り過ぎ(笑)
本編の時の恐ろしさが減って、小物臭が…というのが勿体なかったなぁ。

クロコダイルのあの悪役っぷりがあってこそ、
ルフィたち海賊団の結束も、ビビの決意も、コブラの偉大さも、コーダたち反乱軍の悔しさも際立つ。

ヤマトでも、デスラーやズオーダーの悪役が光ってこそ、話も面白くなるもんねぇ。

何だか物足りなくて、その内誰かがワンピを見始めるような気がする(笑)



ところで。
すっげ、悔しいんですけど!!

何がって、青野さんが出演されていたことに全く気が付かなかったことよ!!
番組始まる前にcast見て気が付いていたんだけど、らっすーで誰よ???? と思っていたら、
見終わっても分からなかった!

「青野さん? おかーさんが気が付かないなんて珍しいね」
と、息子も言った。

ねえねえ、ラッスーって誰よ!? と検索したら、コイツでした。

がっくし。

イヌイヌの実を食べた銃です。銃です。銃です。

「あー、あのくしゃみだけで青野さんに気が付いたら、おかーさん、ヘンタイだから」
と、息子曰く。


ううううう!
ワタシはヘンタイになりたかったよ!(爆)

ドラマ・映画のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する