拍手コメントありがとうございました。

2011/09/23 10:29

台風が日本列島を駆け抜けて行きました。

子どもの頃、台風が来るとわくわくしたものです。
嵐の予感、という事でしょうか。
明日は学校が休みになるかもしれない、という期待でしょうか。

まだ空模様はさほどでもない頃から、少しずつ緊張感が高まっていく。
大人達が家の周りを片付け始める。
風がいつもとは違うのだということを告げ、空が厚い雲に覆われていく。
次第に激しくなる雨。
ごうごうと吹き付ける風。
パッと灯りが消える。(昔はよく停電しましよねー)
小さなろうそくの明かり。

実際にそんな風になることはまれでしたが、いつもと違う雰囲気にドキドキしました。

非日常、ってことですね。

ワタシの育った場所はその頃は災害の少ない地域でしたから、
台風が来て、大変な目にあったことはなかったように思います。

でも、それは子どもだったから。
これから起こる出来事が何をもたらすのか、全く想像できていなかった。
きっと、子どもワタシの知らないところで、父や母は大変だったはずです。
台風がくれば学校は休みになるけど、仕事は休みにならないし、お腹が空くのもおんなじです。

そして川の水かさが増えれば何が起こるか。
昔は洪水の多かった地域ですから、大人達はよく知っていました。
風で屋根が飛べばどうなるか。
知ってはいても、被害を完全に防ぐことは出来ませんでした。

巨大な低気圧が近づいてくる時の、あの雰囲気が、ただワクワクするだけじゃなくなる。
それが、大人になっていくという事なのかも知れませんね。

ああ、雪が降る、って事に対しても、子どもの頃と今じゃ全然違いますね(笑)

今回の台風は久しぶりに怖いと思いました。
自然の驚異を甘く見ちゃいかんな、と。

被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。


それにしても、あのトタンはどこから飛んできたのかな?
もう一度家の周りを点検しないと。


以下、拍手コメントのお返事です。


  ********************

拍手ぽち、拍手コメントありがとうございました。


★9/20に「ハルヒ」の記事にコメントいただいたTackeさま

 コメントありがとうございます。

> 密林
 
 いえ、そのお気持ちはよおおくわかりますよ。
 ワタシなんて、ディアゴ買うのもめっちゃ躊躇いましたから(笑)
 というか、「平気」を装うのが大変というか。

 いやーいい時代ですよねー!ネット万歳(笑)

拍手コメントお礼  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する