『江』no.43感想

2011/11/09 00:45

宇宙図書館7thBOOKFAIR、今日と明日はお休みさせていただきます。
(あれ、もう昨日と今日だ・笑)
今週末はヤマトな更新を目指していますので、どうぞお楽しみに!


さて、『江』です。後3回しかないんですね。
って、もう11月なんですから、当たり前なんですが、とてもびっくりしました。

『江』no.43 淀、散る 2011.11.06放送


ワタシは小さい頃から、父のようになりたいと思っていた。
長じて家庭を持ち、子を育て、母のように在りたいと思っている。

けれど、甘えん坊で根性無しのワタシはそのどちらになることもできないままだ。

ワタシの尊敬する人は、両親であると、若い頃から言い続けてきており、今でもそれは変わっていない。
アラフォー過ぎても親離れのできない、結構重度のファザコンだったりするわけです。

母と、義母を、2年続けておくりました。
最近、母を思い出すと涙が出て困っています。
お母さんの作ってくれたご飯が食べたい。
お母さん、どうしたらいいのかわからないんだ、と縋って泣くことができたら。
それが甘えであることは百も承知していながら、やっぱり母は懐かしく、慕わしい。

かけてくれるであろう言葉までが想像できて、うん、もうちょっと頑張るよ、と思ってみたりするわけです。

親の愛は大きく、そして、人の一生を左右するモノなのかもしれません。

大阪夏の陣。
これにて豊臣は亡びます。大阪城、落城。

初回からずっと、浅井三姉妹が家族の安否から離れないことが不満でした。
でも、彼女たちには家族しか見えなかったのかもしれません。
父・浅井長政を亡くした後、母・市は何を娘たちに教えたのでしょう。

織田のほこり。
自由に生きること。
姉と妹を繋ぐこと。

娘に残した最後の言葉は、娘たちの一生を縛ったのかもしれません。
それを支えとして生きてきたのならば、それもまた有り得るのかもしれないと思います。

この物語の中で、女達は誰もが家族の心配を一番に考えています。
それは当たり前なんですが、そこから更に広い視野を持つことは誰もしません。

唯一の例外が高台院・ねねです。

家康を筆頭に、男達の行動の主は「政治」です。
その主眼は「天下」であったり、「意地」であったりはしますが、
家族の無事のために、己の節を曲げていく人間はひとりもいませんでした。

女達はそれとは真逆に、家族のために戦を反対し続けているわけです。

豊臣の中、ねねと茶々は存在するための役割を分け、共存することを選びます。
ひとりは、秀吉の妻として。
ひとりは、秀頼の母として。
だから、秀吉が死んだ後、ねねは政治的判断より徳川を支持し、
意地と家族を守りたい茶々は、家康に反発します。

一時、もしかして、淀は全てわかっていて、その責を全部自分で被ろうとしたのではないか、と思いました。
秀吉を愛し、秀吉の望んだ天下太平を願う。
それを最も早く成就するために、豊臣が亡びるという道を選んだのではないか。

それはワタシの思い過ごしかも知れません。
でも、淀の意地も、秀頼可愛さも、そうすることが何を招くか分かっていても譲れなかった。
意識はしていなかったかもしれない。
でも、淀は誰よりも戦を憎んでいた、と妹・江は重ねて言っています。

目の前のひとりを助ける事こそを考えるべきか。
大勢の前には、ひとりの人間の犠牲はやむを得ないとするか。

誰も。ひとりとして犠牲を出してはいけない。
しかし、全員を助けることはできない。

この矛盾したふたつの命題を、矛盾を抱えたままに答えを出すこと。
どちらの命題も手放さずに抱え続けること。
たとえダブルスタンダードと罵られようと、それを、片方に絞るのは正義をしか認められない子どもの諸行であり、そういう人間に人は付いてこないであろうと思われる。

乱世を終わらせるために、避けては通れない戦があるのかもしれない。

この高台院の言葉は、もしかすると淀の信条だったのかもしれません。

でも、やっぱり哀れだったのは若き秀頼でしたね。

後3回、楽しんで見たいと思います。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

『江』感想  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する