ストロベリーナイト

2012/01/26 15:02

テレビを見る時間が増えたのは、ひとえに遠藤憲一さんのせいだ(笑)。

「ストロベリーナイト」 HP
フジテレビ 毎週火曜21時放送

2時間ドラマだったレジェンドの時から楽しみに見てます。
あ、もちろん遠藤憲一さんも出演されてます。^^

主演は竹内結子さん。警視庁捜査一課第十係姫川班班長。初の刑事役だそうです。
レギュラーの女性は彼女だけ。
警察組織という男社会で頑張っている敏腕女性刑事。

レジェンドそして第一話では、猟奇的な事件を扱っていることもあり、映像のグロさが印象に残っています。
ワタシはこの手の話は大の苦手なんですが、それでも面白いと思うドラマです。

構図としては、「戦うお姫さまとそれを守る騎士達の物語」って所だと思うんですが、違っているでしょーか。
描きようによっては稚拙にも、エグくもなる。
それが魅力的、或いは好意的な物語に仕上がっているのは、役者さんたちの演技に拠るだけでなく、物語全体を支える「誇り」という要因が大きいのではないかと思います。

主人公・姫川玲子は過去の事件の影響から、刑事になる道を選びます。
有り体に言ってしまえば、婦女暴行事件の被害者となり、その時にお世話になった女刑事さんが、犯人逮捕の際、殉職してしまう。その刑事さんへの想いと「警察組織への憧れ」が姫川をして刑事なるという道を選ばせるわけです。(レジェンドでの、裁判傍聴の警察官が一斉に敬礼するシーンは、まじ良かったです)
ですから、この物語では、主人公だけでなく登場人物たちが皆自分の属する「警察」という組織(世界?)に誇りを持っている。モチロン、ズルイやつ、昇進を狙うやつ、ある種の事なかれなやつも存在しますが、骨子となるのは「属する世界への誇り」なんです。

姫川は「おじょうちゃん」と呼ばれ、あからさまに目の敵的な扱いを受けたりしていますが、それはつまるところ、その存在が認められているからこその処遇なわけです。そして、明らかに肩に力の入っている姫川をサポートする男達群が背後にずらりと存在するわけですよ。
いや、かっこいいったらありゃしない。

一見、女性が単身、男社会に切り込んで行く構図に見えますし、そういう側面があることも否定しませんが、これは女性版太陽に吠えろなんじゃないかと思うわけです。
夫には「どこが?」と言われちゃいましたけどね(笑)。

姫川はカンと思い込みで突っ走る傾向を持っています。
ですから、かなり感情的になるシーンもありますが、決して嫌な感じは受けません。印象に残るのは竹内さんの「美しさ」です。
決して「女らしくない」わけじゃないんです。ああ、きゃぴきゃぴしてる姿はありませんけどね。
自分へのご褒美としてエルメスのバッグを所持していたりしますし。

女という武器を使っているわけではないのに、竹内さんの美しさが際立つ。
おもしろいですね。

理解ある上司役の高嶋さんはカッコイイですし、渡辺いっけいさんはとにかく芸達者ですよね~。上手いです。龍馬伝の千葉重太郎役もめっちゃ良かったですけど、この嫌みさ加減は他にありません。天敵・ガンテツ役の武田鉄也さんもまあ金八先生とは思えないトンデモ刑事。部下の菊田・西島さんには女性ファンが急増すること間違いなし。でも、パチンコしてたのは意外だったけどね(笑)。姫川班最年長保さん役の宇梶剛士さんのあったかさが懐の広さを感じさせ安定感抜群。

遠藤さん扮する日下は、姫川のライバル。レジェンドでは初っぱな盲腸で入院して、ベッドの中から姫川を呪ってましたけど(笑)。第一話では出勤途中の姫川・菊田を「こんな顔で悪かったな」と追い越し、キレイに整理整頓してある机にそっと鞄を置く。日下の性格も捜査への姿勢もこのシーンだけでみせてるじゃないですか。今後がとっても楽しみです。

とはいいつつも。猟奇的事件は苦手なんですよ、基本的に。^^;
しかも、これは警察側の物語なので、犯罪者へのフォローが全くない。のべつ幕無しに「誰にでも良心がある」とか「犯罪に及んだ理由がある」とか正当化したいわけじゃないです。

できれば見たくない歪んだ暗部を見せつけられ、正義がそれを断罪する。
後に残された希望は、警察の誇りで締めくくる。
確かに人間にはそういう愚かな部分もいっぱいあるけどさ~うう、グロイ…と思うわけです。

あ、でも、第3回の「右手では殴らない」。オチがめちゃくちゃ面白くて笑いました。サイコーでした!(笑)

テーマ : ドラマ感想 - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ・映画のこと  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

見てます!

そうそう、「右手では殴らない」は、娘と2人で大笑いしました。
エンケンさんとは同い年。この年齢って悪くない!と思わせてくれる人です。
宇梶さん、西島さん、みんないい味だしてます。
やはり、グロイのは否めないけど、話は愉しみです。
ぜひ、また感想あげて下さいね。

| 2012/01/27 |  10:36 | ゆずママ #bP8NJWfM |  URL | 編集 |

左手にすれば…(笑)

★ゆずママ様

 わお! お久しぶりです。ご無沙汰しちゃってます~♪

> そうそう、「右手では殴らない」は、娘と2人で大笑いしました。

 ですよね~何度見てもここは笑えます。
 すごく良いタイトルだと思います! うぷぷ。

> エンケンさんとは同い年。この年齢って悪くない!と思わせてくれる人です。

 そうなんですよね~~~!
 渋い、カッコイイ、でもおちゃめ。もう最高です♪

> 宇梶さん、西島さん、みんないい味だしてます。
> やはり、グロイのは否めないけど、話は愉しみです。
> ぜひ、また感想あげて下さいね。

 え~そんな事を仰ると書いちゃいますよ~延々と!(笑)
 でも、そう言っていただけて嬉しいです♪
 是非、ゆずママさんのご感想も教えてくださいね。

| 2012/01/28 |  14:39 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する