八雲立つ

2012/04/01 17:36

樹なつみさんのコミックとは関係ない、旅行記です(笑)。


たっだいま~!
って出かけた事は誰に言ったわけではないんですが、出雲へ行って来ました。
島根県出雲市です。
古代神様の國です。砂丘はありません。左側が島根県で、右側が鳥取県です。お間違えなく(笑)。

ワタシは夫の転勤に伴い、子育て期間中の約10年を出雲で過ごしました。
こちらに越してきて7年目になります。
ですが、ちょうど子育て期間中で地域と密接な関わりを持つ時期であったこと、親・親戚等の知り合いがまるでおらずひたすらトモダチに助けてもらったこと、素敵な友人達と巡りあえたことなどによって、故郷のように感じている土地なのであります。

引っ越してからも、年中行事のようにこの時期になると出雲へ行っていました。
昨年は震災後だったこともあり、かなりバタバタしましたが、今年は息子の受験が無事済んだこともあり、息子たちと3人で十二分に楽しんでくることができました。

東京から出雲へのアクセス手段は何通りかあります。

一番早いのは、もちろん飛行機
羽田空港 ⇒ 出雲空港 :約1時間ちょい。費用は一番かかりますね。片道大人31570円。往復割引で28270円。

ちなみに出雲空港は最近「縁結び空港」と名を変えたそうです。 HP
出雲空港は、松江市と出雲市の中間地点にありますので、どちらへもほぼ車で30分程度です。空港からバスもありますので、不便はないと思います。子どもたちが小さい頃は、ワタシもよく利用していました。

次に早いのは新幹線かなぁ?
東京駅(新幹線)→ 岡山駅(特急やくも) →出雲市駅 :のぞみを使えば6時間半くらいかしら。片道大人20000円ちょいくらいみたいですね。

ワタシはこの経路は使用したことがありません。移動で一日潰れちゃうのに料金はそれなりにかかるし、何より、実は特急やくもが苦手なんです。^^;
一度だけ乗ったことがあるんですが、この特急やくもって振り子電車なんですよね~。ワタシは三半規管が弱くて、遊園地でも珈琲カップ系の遊具は乗れません。(絶叫系は大好きです!)まだ次男がお腹にいたというのも手伝って、乗っているのが苦痛で苦痛で。あうううう。
でもね、景色は綺麗なんですよ。中国山地特有の、低くてなだらかでまろやかな緑の山の谷間を縫って走るんです。窓の外をぼぉっと見ているだけでも幸せな気持ちになれるはずです。^^…ゆれなければね。


鉄道系なら、他にも寝台特急サンライズ出雲ってのがあります。
東京駅 ⇒ 出雲市駅 :22時発 翌朝10時着。片道15320+α。このαは、寝台でどんなクラスを選ぶかで変わります。周遊券やとくとく切符などもあるようなので、目的によってはそれとの併用もありでしょうね。

寝台列車ですから、移動時間を有効に使えるわけです。出雲市到着が翌朝10時というのはちょっと遅めですが、松江等で観光するなら、到着時刻もも少し早くなるので良いのではないかと。

もっとも、ワタシが狙っているのは、この中の「のびのび座席」です。
乗車券+特急料金だけで寝台列車に乗れるという、チョーお得な座席です。狭いとはいえ、完全フラットになれるスペースがあるってのはとても魅力的です。ま、言ってみればごろ寝スペースがあるという所ですが、お隣が気にならない人ならば全然オッケーだと思いますね。と乗ったこともないくせに断言してみました(笑)

で、ワタシが乗ったのは高速バス
あうう。疲れたよー。年だねー。でもね、この高速バス今は2種類ありまして、「スサノオ号」と「キラキラ号」がございます。
ワタシが使ったことがあるのは「スサノオ号」です。

「RAILWAYS ~49歳で電車の運転士になった男の物語」ってご存知です? HP
このモデルになっているのは一畑電車なんですが、その系列グループの一畑バスが、それが「スサノオ号」です。ちなみに、エンケンさんも出演してます。工場長というワタシ的には美味しい役で。^^

新木場 ⇒ 出雲市駅 :18:30発 翌朝07:19着。片道大人12070円。

料金的にも、時間的にも◎なので、子どもが大きくなってからはこれを使っています。
乗車は新木場までいかなくても、東京駅や渋谷マークシティでもOK。ワタシはいつも渋谷です。今朝も渋谷から帰ってきたんですが、休日早朝だってのに渋谷駅は結構な人出。世の中の若者はパワフルだなぁと思いつつ、帰宅しました。

このバス、二階は3列シートでそれぞれ独立してます。隣りの席とくっついていないのは、一人でも気楽かもしれません。休憩は2箇所。足柄SAと蒜山高原SAだけです。やはり止まると目が覚めますから、それくらいでいいのかもしれませんね。

ただ、完全フラットになれないのが難です。リクライニングにしても、乗り慣れない頃は後ろの方への遠慮があり、あまり倒せなかったりしましたし。それに、我が家は170㎝のワタシが一番小さいんですね。息子2人には窮屈そうです。特に185㎝の怪獣は足を真っ直ぐに延ばすことができなくて膝が痛いと言っていました。

それでも、時間的金銭的メリットが大きくてこれを使っていたんですが、同じ高速バスでも更にお安いバスができたみたいです。
それが「キラキラ号」です。 HP


(以下つづく・笑)

旅行・観光  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

全く関係ないですけど・・・

・・・第2弾「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の舞台は、うちとこ某田舎でござい魔・・・。

| 2012/04/02 |  19:58 | T#♪ #W3zumXIw |  URL | 編集 |

Re:そうでしたね!

★T#♪様

> 第2弾「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の舞台は、うちとこ某田舎

 ああ、そうでしたね~!
 エンケンさん出てないから見てないんですけど(爆)
 ご覧になりました?
 
 今日はそちらも嵐でしょうか。どうぞお気をつけて~!

| 2012/04/03 |  08:18 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する