清盛くん、50歳かぁ

2012/09/07 16:26

テレビを買い換えた。

というか。
仕事から帰ってきたら、テレビが薄くてでっかくなっていた、のだ。

(笑)

ようやく我が家にも液晶画面の薄型テレビというものがやって来た。
32型とか言っていたような。(昨今のテレビ事情からみれば、あまり大きくはない)

以前のブラウン管テレビは、セピア色2割増というか、青みが強かった(←調整不可)ので、画面全体が暗い感じだった。それが、すっかり明るくなっちゃって! ちょっとピンクが強い気がするんだけど、まあ、良かろう。

でも、テレビがキレイになったからって、画面が全部美しくなるワケじゃないのね。
期待したほどの差は感じない。のは、単にワタシの審美眼がよろしくないせいなのかもしれない。

で。
『平清盛』を見たら、何だか別物のように、重厚さが○割減したような気がした。
うん。前の画面の方が良かったかもしれん。
(苦笑)

この2回ほど、今いち、に、さん、不調な大河。
(33回「清盛、五十の宴」34回「白河院の伝言」)
(その前が不調でなかったというわけではなくはない…^^;)

致し方ない、のだろうか。平清盛が50歳に見えんがな。
ワタシが40代だから、それより年長に見えんということであって、
ワカモノ達には、ちゃんと50歳に見えているのかもしれない。

時子ちゃんは、綺麗なおべべを着ていたんだね。
もっと地味な色合いに見えていたので、余計に若々しく感じる。
あんなでかい息子がいるような年齢には見えないなぁ。若妻みたいでカワイイ。

聖子ちゃんは、びっくりしたよ。うん、びっくりした。
年齢不詳。(←失礼ながら、若く見えるってこっちゃないです…)
よーかい的な貫禄をお持ちですな、あの方は。^^;

回想で出てきただけですけど、中井貴一さん、いいですよねー。
やっぱ時代劇限定だけど。(笑)
確かにお顔は50歳ですけど、若いときの青臭さが見事で。
忠盛とーちゃんは格好良かったし。

エンケンさまは、まだ、人の良い田舎侍って感じで、これからどーなることか楽しみなところ。

真面目に言えば。
清盛が何を目指しているのか、その為に何をしたいのか、さっぱりわからんのです。
武士の世だとか、政の頂だとか、言葉では理解できるんだけど、何か薄っぺらな感じがしちゃうのは何故?
アイデンティティの確立に大分時間を割いていたけど、そこからの気持ちの繋がりが今ひとつ弱い。
第1部で泣いて騒いでいた印象は強いけど、その後は、玉木義朝の栄枯盛衰の方が…。
マツケンが悪いわけじゃないと思うし、おお、と見惚れちゃう場面がないわけじゃないんだけど。
ワクワク感とか結構あったのになぁ、どうも清盛に寄り添えないんだよね。
(ワタシの好みの問題じゃないと思うんだけど)

うーん。今後に期待しよう。
来週から、坊主だしな。

『平清盛』感想  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する