『2199』第3章見たよ☆1

2012/10/16 01:13

『2199』第3章見てきました。
いや~面白かった! ワタシは今までで一番良かった! 
夫は可もなく不可もなく、と言った様子。2章の時の方が反応が良かった。
賛否両論、好みが別れる回なのかもしれませんね。…ワタシの場合、同意見の方がわりと少ないので、大きな傾向というのが良くわからないのです。(苦笑)

本日3日目。週初めの夜、19時の回。
オンラインでチケット予約したときは結構空いていたのに、会社帰りと思しきオジサンが来ること来ること。
結果的に、たぶんほぼ満席だったと思う。もちろん、9割方男性陣。
ちょっとびっくりしました。^^

というわけで、ネタバレあり感想、行きます。だって、面白かったから。(笑)

まず、総評。

第1、2章はどちらも『ヤマト1』の焼き直し、或いは穴埋め(=理論武装)というイメージが強かった。
作戦全体の整合性や、最新のアニメ技術を使った艦隊戦やドッグファイトなどの大枠作りで魅せていた。

第3章は、趣が違う。
中盤にさしかかっていることもあるのだろうが、元ネタを「書き直し」しているのだと思った。
結果的に、話で魅せてくれたな、と思う。

上手いなぁと、ホント、感心した。
さすがプロだ。
自分であれこれ妄想するよりも、ずっとずっと面白い。
そんな当たり前の事を再確認した気がする(笑)

7話が、「太陽圏に別れを告げて」
8話が、「星に願いを」
9話が、「時計仕掛けの虜囚」
10話が、「大宇宙の墓場」

全く新しいネタってのはなかったんじゃなかろうかと思う。
元ネタは全て『ヤマト1』の中に存在する。
でも、同じテーマを扱っていても、視点と人物が違えば、そーか、こんな風に描き替えられるのか、と。
もう、とにかく上手いなーーー! と感心しちゃった。

で。
なるほどね、群像劇に徹するとこうなるのか! というのも再発見。
確かに、古代進と森雪の露出が少ない回だった。

ワタシは、以前「古代進を主人公だと思っていなかったみたいなんですよねー」と言ったことがある。
古代ファンの方に猛烈に叱られましたけど(笑)。
最近、いややっぱり古代は主人公だったなぁと思い直したのであったのだ。

というのも。

昔のアニメだから、って言っちゃえば身も蓋もないんだけどね、
原作『ヤマト』だと、古代進と森雪を挟まずに、他のキャラ同士が会話していることってほとんどないのね。
特に『ヤマト1』はその傾向が強い。

古代の背景は、彼の内なる回想という形で描かれる。
たまに島がフォローしてくれてたりするけど、そのほとんどはひとりであって、誰に打ち明けるわけでもない。
例外的に、雪かな?

対して、他のキャラは皆古代が絡むのだ。

例えば、真田の義肢背景は1話丸々使われているけど、でも、話している相手は古代進。
脱走しちゃった相原を迎えに行くのも古代。
着艦できないでいる山本を励ますのも古代。
沖田と酒を酌み交わすのも、古代。
島と将棋を指すのも古代。

それぞれのキャラの背景や性格が語られる時、そこには必ず古代進がいる。
第一艦橋内でなら、つまり、みんながいる中で古代を挟まずに会話することはあったかもしれない。
でも、例えば、真田と島がふたりきりで話しているシーン、ないよね?
沖田艦長と佐渡先生くらいのものじゃなかろうか。

でも『2199』はそうじゃないんだよね。
全員がひとりごちて、古代抜きで話をしてたりするわけだ。
真田副長と新見ちゃんなんか典型。

えーとね。
女性乗組員が増えて、雪が一身に負っていた役割を分散させたのと同じで、
群像劇に徹した結果、古代が一身に負っていた役割もまた、分散されているわけなんだよね。

山本玲はそれが顕著で、そのほとんどが原作・古代の役割を分担している。
女性であることと、旧作と同じエピを持っている古代が実際にいることが目くらましになっているけど、
旧作・古代の子どもっぽさや直情的な部分を受け持っているのは、実は、玲だ。

古代進は、士官であり責任者である以上、
「兄貴の仇!」とナイフを振り上げたりか「オレが!」と現場にすっ飛んでいってしまったりとかするわけにはいかない。
『2199』はリアルな理論武装を旨としている以上、指揮官候補生が迂闊に軽率な行動をとることはできないのだな。
その分、古代の代わりに玲がいろいろとやってくれるわけよね。
玲の立場なら叱られるだけで済むし、背景が同じでも性別が違うから結構別物に見えるし。

こういうとこ、上手いな~と思った。

で。
それはつまり「穴埋め」ではなくて、「書き直し」ってことじゃないかな、と。

「真っ赤なスカーフ」もすごく効果的な使い方をしていた。
あれは、旧世代にはぐっとくるよね。

とにかく、今回は製作陣に拍手! 面白かったです!

ということで、ちょっとのつもりが長くなったので、
また、各ストーリー毎に感想書きます。たぶん。^^;


『2199』第3章 ネタバレ有り 感想☆1 ☆2(7話) ☆3(8話) ☆4(9話-1)

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する