「2199」7章を見終えて

2013/08/26 15:21

2199最終章、8/25(日)に見に行ってきました。
新宿ピカデリーです。

入り口階段の処には、7章のポスターと各章の画像が飾ってありました。
ずっとそうだったので、おおまたあったなと思う程度でしたが、そっかー、他にも映画はやっているんですから、あそこにヤマトがあったのはもっと喜んで良いことだったのだな、と今更に思いました。

それにしても物販の多いこと…。
ワタシは毎度パンフしか購入しませんが、メインターゲットが今は40、50代となったかつてのヤマトファンであり、成る程、みんな大人買いするんだろうなぁとしみじみ思いました。
良くも悪くも、ワタシ達はそういう世代なんでしょうね。

「2199」という作品自体が最終局面を迎えたということに加えて、復活篇にはじまったここ数年続いた「リアルヤマトフィーバー」も、とりあえずこれで終了となるのかと思うと、さすがに淋しさを感じます。

「2199」という作品は、ある意味試金石だったのじゃないかと思います。
多感な時代に受け取った感動を、30年以上経った今、こういう形で表現する。
子どもだった、ひよっこだったワタシ達が受け取ったものを、次世代へと受け渡すために。

勿論、ワタシ達世代へのアピールでもありました。
が、それは、ワタシ達の中に埋もれていた「ヤマト」を掘り起こし、再度形作るという作業なんだと思うんです。
30年以上「ヤマトが好きーーー!」と叫び続けてきた人も、胸の中にしまい込んでいた人も、すっかりそんなことは忘れてたっけという人も。
ああ同じ台詞だ、同じシーンだとあの頃のワクワク感を思い出し、いや、ここが違う、あそこが違う、こんな風に描き直せるんだ、或いはこんな描き方はいやだ、とぼんやりとしていた想い出を固め直し、こんな新しい物語を挿入したのか! と新たな感動を胸に留める。
そういう形で「ヤマト」という作品が、再びそれぞれに根付き、上書きされていく。

「2199」に共感できても、共感できなくても。
「ヤマト」という作品を再認識させ、自分の中にあった「ヤマト」が再度くっきりとした輪郭を持って形作られる。
それが「2199」という作品の特性なんじゃないかと、思いました。


ワタシの気持ちをストレートに言葉にしてしまえば。
「ありがとう! 楽しかった!」
と、それに尽きるかなぁと思います。

***

先週、先々週と忙しくて、家の中もネットも放置しっぱなしでしたが、今週はちとゆっくりできるはず。
7章の感想も、ぼちぼち書く予定でいます。
よろしければ、またご訪問ください。

130815_daikuhara01_mono.jpg

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 4  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

おお、7章を観てこられましたか。
私はTVでゆっくり観るつもりなので、2199のラストがどうなるのか楽しみにしています。
でも、あの余韻のあるラストは変えないでほしいなぁ。

2199は終わりですが、また10年くらいたったら再映像化して欲しいですね。
昔、ガイナックスの岡田斗司夫と庵野秀明が西崎プロデューサーに呼ばれて「ヤマト」を作らないかと持ちかけられたそうです。庵野監督のヤマト、ぜひ観てみたいですよね。エヴァなんか新劇場版をやってるくらいですから、新劇場版2199があってもいいですよね。

| 2013/08/26 |  18:55 | 高木一優 #HU2cL6Jg |  URL | 編集 |

No title

物販、多いですね^^;
子供の頃はどんなに欲しくても手が出なくて買えなかった分、
今は大人で買えますからね。
ついつい買ってしまうという方は多いでしょうね。

私はプラモデルをせがまれましたが、頑として拒否。
ネットで買えば千円は安い!
…ではなくて、しつけとしてね^^;

猫耳の子、いましたね。仮装のとき。
ドラえもんみたいな鈴つけて。
とってもキュートです~

| 2013/08/29 |  15:06 | ツクル #- |  URL | 編集 |

Re:お楽しみに!

☆高木一優様

 こんにちは~いらっしゃいませ♪

> おお、7章を観てこられましたか。
> 私はTVでゆっくり観るつもりなので、2199のラストがどうなるのか楽しみにしています。
> でも、あの余韻のあるラストは変えないでほしいなぁ。

 はい、実は昨日も鑑賞に行って参りました!
 最初に見たときは結構「はてな?」になってしまいましたが、二度目は余韻まで楽しむことができました。

 今週末、22話をTVでご覧になった後、劇場で続きを鑑賞できますよ!
 ワタシは「TVで毎週」がヤマトの醍醐味だと思っていますが、でも、ラストは怒濤の4話鑑賞も捨てがたいと思いました!
 お時間があれば、是非、劇場へ行かれることをオススメします♪


> 2199は終わりですが、また10年くらいたったら再映像化して欲しいですね。

 ええ、ワタシもそう思います! もしまた30年後だったとしても、よぼよぼしながら見に行くでしょう(笑)

> 昔、ガイナックスの岡田斗司夫と庵野秀明が西崎プロデューサーに呼ばれて「ヤマト」を作らないかと持ちかけられたそうです。庵野監督のヤマト、ぜひ観てみたいですよね。エヴァなんか新劇場版をやってるくらいですから、新劇場版2199があってもいいですよね。

 庵野さんのヤマトも観てみたいですね!
 2199が成功したことで、また「次」という可能性も生まれるのだと思います。
 「外伝 2199」なんてどうですか!?
 
 

| 2013/08/29 |  22:58 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

Re: ご覧になられたんですね!

☆ツクル様

 こんにちは~いらっしゃいませ~♪

> 物販、多いですね^^;
> 子供の頃はどんなに欲しくても手が出なくて買えなかった分、
> 今は大人で買えますからね。
> ついつい買ってしまうという方は多いでしょうね。

 そうなんです、多いんですよね…^^;
 悪い事じゃないと思いますし、仰る通り「今だからこそ!」という気持ちもよく分かるだけに、
 何だかなーという気もしてしまいまして。^^;

> 私はプラモデルをせがまれましたが、頑として拒否。

 我が家では夫が「特務艦がでたら」購入するみたいです、プラモ。
 (笑)

> しつけ

 ツクルさん、エライわ~!
 ウチでは、長男が成人しバイトで稼ぐようになった今日この頃、全くもって目に余る「大人買い」をしとります。購入するのは主にラノベとガンプラですが。
 ま-借金するわけじゃなし、苦労して稼いだお金をつまらんことに使い込み「失敗したー!」と思うのも勉強かと思いまして、今のところは静観しておりますが。全く、総領の甚六を地で行っておる息子です。

> 猫耳の子、いましたね。仮装のとき。
> ドラえもんみたいな鈴つけて。
> とってもキュートです~

 ありがとうございます~♪
 この子、どこの子だろうと思っていたんですが、最終章を見て気が付きました。
 榎本さんのとこにいる女の子ですね。
 ドメルとの決戦時に、第三艦橋にいた子だと思います。
 ツイッターで名前が出ているようなんですが、HPには載っていなくてワタシには分かりません…^^;

| 2013/08/29 |  23:09 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する