七色横町シリーズ 第六弾真田志郎

2013/09/05 14:05

滅多にないほどに、天気が不安定ですね。
朝から雷ごろごろとか、そうそうありませんよ。
通勤通学に、みなさんご苦労されていらっしゃるんじゃないでしょーか。

少し落ち着いたようなので、慌てて買い物に出たら、みなさん考えは同じようで…(笑)
結構、込んでました。

さて、七色横町シリーズ。
何時までも続いてスミマセン。
横道入ったり、横道それたりしてるんで、七色ではおわらない気配が濃厚。
どこまで続くかわかりませんが、どうぞお付き合いください。

七色横町シリーズ

 第一弾 「頑固寿司」の大将:ハイデルン
 第二弾 黒執事:ギムレー
 第三弾 フレンチシェフ:ゲットー
 第四弾 中華料理人:クライツェ
 第五弾 ショコラ:古代守

 第六弾 珈琲淹れてるだけです:真田志郎

珈琲を淹れてるだけの真田志郎




これ、ちょっとズルしてます。
あ、真田さんがじゃなく、ワタシが。

というのは、大体今自分には絶対描けなさそうな範囲ってのがぼんやりわかってきたので、このサイフォンの一列は元画像をトレースしてます。
つまり、ワタシは真田さんを描いて色塗っただけ、です。

手抜きな上、厚顔無恥ですみません。

守兄がパティシエなら(ツクルさん、感謝!)、やっぱ珈琲淹れてるのは真田さんっしょと思って。
ごめんね、新見ちゃんが参加する予定はありません
(笑)

この構図、何だか実験してるみたいにも見えるよなぁというところが気に入りました。
ただ、ちと顔がでかい…(汗)
副長、申し訳ないっす。

2199の真田さんは副長という大任を果たすため、技師長としてあまり活躍しません。
ワタシ的には、榎本さんチームと技術班の業務の境界がはっきりしません。
何となく、技術開発関係が技術班? とか思ってますが、それだって榎本さんとこと連携なしじゃできないでしょーし、よく副長が指揮してた補修なんてのはどうやって役割分担してんだろ?

2199では、真田さんが副長として指揮しているので古代進は艦長代理になりませんでした。
古代君の出番が減った原因のひとつになるでしょうが、この艦を継ぐのはやっぱり古代なんだろうなと思います。

真田が自分の「指揮官としての能力」に疑問というか、コンプレックスを持っているという設定は、たぶん、ヤマトⅢで古代進が艦長代理になった際、「俺は艦長というガラじゃない」と真田が言った事への解答であり、復活篇で宇宙科学局長官というポストに就くことへの布石であり、ひいては彼が地球に残る決意をしたことへと繋がるんだろうなと思います。

オリジナル版では、彼は戦闘指揮を執ることはほとんどありませんが、数少ないそれらのシーンで彼が失策をおかすことはまずありません。
カットされたという「新たならる旅立ち」での戦闘機シーンといい、彼の持つ能力は誰にも真似できないほどに偉大でありました。
したがって、彼が現場を退いたというか、艦長という立場を選ばず、古代進を艦長として仰ぎ、最終的には政治的なポストに就いたことは、数多ある選択肢の中から彼が選んだものでありました。

ですが、それに「必然性」を持たせたのが2199だと思います。

「波動防壁展開!」と言った真田を遮るように、沖田が「まだだ!」と言う。
一瞬の間があり、「はいっ」と言った真田さんの声の嬉しそうなこと。
真田はヤマトを「沖田の艦」と明確に認識したであろう瞬間、だと思うんです。

この戦いの果てに、真田は沖田の残したモノを引き継ごうとするんでしょう。
彼のやり方で。
彼にしかできないことだから。

「その人にしかできないことをする」意義を否定するつもりはありませんが、
ワタシは、誰にでもできることを「自分がしなければならないこと」だと決意し、それを引き受け実行することにも大きな意義があると思っています。

ま、真田の頭脳をもってすれば「彼にしかできないこと」ってのは、数限りなく存在するでしょうけど。


…!!
すみません、また真田語りになっちゃった…(汗)


七色横町シリーズ、あと1,2回横道に逸れてから元に戻ってきます。
お楽しみいただければ、幸いです。m(._.)m

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

お絵かき練習帳  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

真田さんや古代守ってまだ若いと持っていたのに・・・
七色横丁のおっさんたちの仲間入りになってしまったんですね。
真田さんは渋いからおっさんの風格ありますからね。
でも真田さんの入れるコーヒーはおいしそうですね。
なんか独特のこだわりがあったりして。

| 2013/09/05 |  18:43 | 高木一優 #HU2cL6Jg |  URL | 編集 |

Re: 永遠の兄貴ってことで(笑)

☆高木一優様

 こんにちは~コメントありがとうございます。

> 真田さんや古代守ってまだ若いと持っていたのに・・・
> 七色横丁のおっさんたちの仲間入りになってしまったんですね。

 わっっははははは! 
 高木さんのコメントに大笑いしました!!

> 真田さんは渋いからおっさんの風格ありますからね。

 えー渋いですけど、おっさんじゃないしーとワタシは思いますが、
 我が家の怪獣達は「十分おっさんだ!」と申しております。

 永遠の「兄貴」ですよね!

> でも真田さんの入れるコーヒーはおいしそうですね。
> なんか独特のこだわりがあったりして。

 でしょう? 豆から焙煎してたりして。*^^*
 芳忠真田は、ごく真面目にというかストレートに自分の好みを追求しそうですが、
 青野真田は、アブナイ成分を入れたりなんかしてたりして…というアヤシサを否定できない感じがありません?(笑)

| 2013/09/06 |  11:25 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する