七色横町シリーズ 第八弾ハイニ

2013/09/09 09:40

週末、メインマシンがネットに繋がらなくて(時々ある。原因は不明)
劇場公開終了も何もしないまま終わっちゃいましたな。

まあ、それも縁だ。

というわけで、しつこく続きます。

七色横町シリーズ

 第一弾 「頑固寿司」の大将:ハイデルン
 第二弾 黒執事:ギムレー
 第三弾 フレンチシェフ:ゲットー
 第四弾 中華料理人:クライツェ
 第五弾 ショコラティエ:古代守
 第六弾 バリスタ:真田志郎
 第七弾 バーテンダー:フラーケン

 番外編 沖田総料理長 ⇒「全砲門開けッ!!」 Illustrated by ツクル様


第八弾 バーテンダー:ハイニ

ハイニ02_バーテン


フラーケンとハイニはやっぱりセットじゃなきゃねーと思って、同じバーテンダーにしたんですけど、
勘助さんが仰るように、狩られる前の「やんちゃなハイニ」ってのも良かったですね。
しまったでござる。

えーと、グラスを書き忘れました。
しかも、フラーケンに続けて描いていたので、色塗りに飽きてます(汗)

実はワタシは彼がとっても好きで(笑)、キラキラお目々のハイニを描きたかっただけだったりしますが。
なんてーか、可愛いですよね?

やはりpixivを眺めていたときに、フラーケンとハイニのペアで、ハイニがおさるさんのイラストを拝見し、
いやーーーーん、これ最高! と爆笑して以来、ワタシはハイニがうっきっきなおさるさんにしか見えなくなってしまったのでした(笑)

ガラは悪いけど、可愛いヤツ。
そういう印象で。

ちなみに元絵は、トム・クルーズの「カクテル」です。
笑っちゃいけないけど、笑っちゃいます。

どうして酒瓶が空を舞っているのかというと、フレアバーテンディングをしているからです。
そーゆー技法があるのも始めて知りました。

フレアバーテンディング (Flair Bartending) とは、バーテンダーがボトルやシェーカー、グラスなどを用いた曲芸的なパフォーマンスによって、カクテルを作り提供するスタイルである。フレアバーテンディング の技術を有するバーテンダーを、フレアバーテンダー (Flair Bartender) と呼ぶ。英語のスラングである「フレア」(flair) は、主に「自己表現」と訳される。
 (wikipediaより抜粋)

というわけで、面白味には欠けますがご勘弁願いまする。m(._.)m

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

お絵かき練習帳  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する