冬の北海道ドライブ紀行 00

2013/10/12 09:31

(図案:「七十二候の切り紙: 切り紙で日本の七十二の季節を楽しむ」より)


「今年のお正月は家族旅行にしようか」
と、唐突に夫が言ったのは昨年の夏の事だ。

我が家は結婚以来、盆正月は夫の実家と決まっている。
ワタシの実家とは距離的に1000km程離れているので、両方に顔を出すというのは時間的にも経済的にも不可能に近い暴挙だ。
婚家も実家もそれを「あたりまえ」と思っていたので、特に苦情が出たことはない。
ワタシ的には若い頃は「今年は婚家だったのだから、たまには実家に行きたい!」と思う事がないわけではなかったが、諸般の事情で主張せずにいるうち、まあそれで丸く収まるのならいいか、と不満に思う事もなくなっていた。

大体、義父が亡くなってからはひとり暮らしをしていた義母を残して自分の実家に帰るなんて後味の悪いことをするのはさすがにできなかったし。
ただ、今思うと、実家の両親は淋しかったかもしれない、申し訳なかったなと思う。

そもそも、盆正月に限らず、ワタシ達の居住地とそれぞれの実家が離れていたため、我が家は帰省の絡まない家族旅行というものをしたことがなかった。
また、長男がまだ1歳の頃、帰省の途中で入ったレストランで大騒ぎしてコップを割ってしまい、それ以来、夫は子連れで外食をするということ自体しなくなってしまっていたのだ。(ラーメン屋は例外・笑)


義母も亡くなり三年が過ぎ、まあ息子達もマナーをわきまえる程度には大きくなり(笑)、夫的に「たまには家族旅行でも」という気になったらしい。
息子達が家族旅行に一緒に来ること自体がなくなるかもしれない、という危機感もあったかもしれないけど。

お正月に家族旅行と聞いて、
うーん、高いな。
とワタシは真っ先に思ったが、滅多にないことなのでそれもいいか、と思い直す。

「いいんじゃない」
と返事をしたものの、行き先や日程に話題が振られることもなく、その時はそれで終了したのだ。


まさか、夫が車で雪の北海道に行くつもりでの提案だとは、夢にも考えなかったワタシである。



****

ということで、昨年末~今年初めの北海道旅行の事を書いておこうかと思っています。
お楽しみに?(笑)

旅行・観光  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

激走!1000キロ、北海道への旅
「水曜どうでしょう」風にタイトルつけたらこんなふうになりますね。
1000キロ、車で走るってけっこうしんどいんですよね。
でも、子どもさんにとっては14万8千光年を旅するくらいの冒険旅行になりますね。きっと一生忘れられない思い出になるでしょう。
旅の安全を願ってて、打電します。

航海ノ無事ヲ祈ル

| 2013/10/12 |  21:14 | 高木一優 #- |  URL | 編集 |

激励、感謝!^^

☆高木一優様

 こんにちは~コメントありがとうございます。

> 激走!1000キロ、北海道への旅
> 「水曜どうでしょう」風にタイトルつけたらこんなふうになりますね。

 わ、カッコイイ!?
 知人が「水どう」ファンなので、とっても親しみを感じているのですが、実は番組を見たことがありません(滝汗)
 藩士とか青屋敷とかいう単語だけ知ってます(笑)

 激走1000km、かあ。確かに片道が1300kmくらいでしたよー。

> 1000キロ、車で走るってけっこうしんどいんですよね。

 ええ、ワタシ腰痛持ちなので心配してましたが、ほとんど大丈夫でした。
 大晦日の日だけは鎮痛剤を飲み、元旦早々からドラッグストアを探しまくりましたけどネ!^^;
 運転はずーーーーーっと夫でした。
 彼は雪道を走りたくてこの旅行を計画したので、まあ良かったんじゃないかと思います。

> でも、子どもさんにとっては14万8千光年を旅するくらいの冒険旅行になりますね。きっと一生忘れられない思い出になるでしょう。

 うふふ、どうでしょう(笑)
 子ども達も文句ひとつ言わずの旅行だったので、楽しく過ごせました。
 旅行自体は夫の実家への帰省が片道1000kmなので、さほど驚きはしなかったようですが、
 あれほどの大雪と寒さは経験したことがなかったので、心に残るといいなと思います。

> 旅の安全を願ってて、打電します。
>
> 航海ノ無事ヲ祈ル

 アリガトウ!

| 2013/10/13 |  22:51 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する