IL DEVU in冬場所

2013/12/14 23:10

コンサートに行ってきたんだ、と妹にCDを見せたところ、
「あ、IL DIVO! それ、私も聞きに行きたいんだ♪」とにっこりされた。

うんにゃ、違う。
IL DEVUだから。
と言ったら、怪訝な顔をされた。
(笑)

最近、IL DIVOが話題になってるなんて知らなかったよ。

イル・ディーヴォ(Il Divo)は、2004年11月、イギリスでデビューした4人組のヴォーカル・グループ。
クラシック音楽の声楽でポピュラー音楽を歌うクラシカル・クロスオーバーの様式を表現するため、オーディション番組『アメリカン・アイドル』のプロデューサーであるサイモン・コーウェルの手により、2003年に結成された。彼ら自身は、自分たちの音楽をポペラ(ポップ+オペラ)と形容している。

と、wikipediaには書いてあったけど、私が好きなグループは彼らじゃないのだ。
(笑)

ildevu02

これは今回発売になった彼らのdebutアルバムの写真。(もちろん購入した^^)
これを見た妹は、しばしの沈黙の後「ねーちゃんの趣味が益々わからなくなったな」と宣ったが、聴けば一発でわかるって!


イギリスの人気ボーカルグループ「IL DIVO(イル・ディーヴォ)」をもじった「IL DEVU(イル・デーヴ)」は、総重量約500kgの重量級クラシック・ボーカル・グループ。
メンバーは、普段オペラ歌手として第一線で活躍しているテノールの望月哲也・大槻孝志、バリトンの青山 貴、バスバリトンの山下浩司と、歌い手が厚い信頼を寄せている全国引っ張りだこのピアニスト河原忠之による太メン5人。日本のオペラ・声楽界を代表する5名からなるイル・デーヴは、2011年5月17日の「二期会WEEK in サントリーホール」にてデヴュー。オペラ歌手としてマイクレスで歌う5人による圧倒的な声量と、ダイナミックな歌唱表現は、聴いている者を圧倒(圧迫)します。大きなスケール感と、その身体に比例したダイナミックな演奏が魅力です。
コロンビアのIL DEVU特設サイトより抜粋)


私が行った演奏会は、以下の通り。
 2013年12月11日(水)ハクジュホール
 ワンダフル oneアワー
 第7回 IL DEVU クリスマス・コンサート(19:30)

今回の総重量は499kgだったそうだけど、とにかく皆さん素敵だった!

以前「タンホイザー」というオペラを観たときに、どーしてヒロインはこんな男に惚れたんだろう? と全く不思議で仕方が無かったのだけど(だって、歌が上手いだけのだらしない男だったもんで・笑)、いや、よく分かりました。歌が上手いというだけで十二分に素敵です。本当ですって!

ためしに息子と一緒に世紀のイケメングループをぐぐってみましたが、ふたり揃って「IL DEVUの勝ちだな」とがっつり握手した上、息子は「俺も生で聴いてみたい」と言いましたからね。

男声の魅力をこれでもか! ってほどに聴かせてくれる1時間が過ぎると、とても幸せな気持ちになっている事請け合いです。

実は、今回は気持ちに余裕がなくて、実際の処、直前まで出かけるのをためらっていたのですが、
行って良かったと心から思いました。
2曲目のピアノが始まった途端、私は全く自分で制御できないままに、涙を流していました。
でこぼこした気持ちを、ただ、優しく風が撫でてくれていくような。
それだけなのに、涙が止まらなかった。

河原さんのピアノって、本当にすごい。
ど素人の私ですから、どこがどう凄いのか分析も説明もできませんけど、こんな風に感情を持って行かれたのは初めての経験でした。
ボロボロと、ずっと泣いてましたが、泣き終わるとすっきりとしてとても救われたような気持ちになれました。

そしてコンサートが終了する頃には、私はクリスマスに幸せを祈ることができるようになってました。
彼らの歌うクリスマスソングはとてもダイナミックで、そしてとてもロマンチックでした。
中でも、今回は大槻さんに聞き惚れてたかな。(この前は青山さんだったのよね。曲の関係かな~?)

私、基本的にはバリトンが一番好みです。バスバリトンも素敵。
でも、IL DEVUの魅力は全員が揃った処にあります。

抜群の存在感ある大槻さんのテノールの巧みさ。
見た目を裏切る青山さんのバリトンの素晴らしいこと。(かわいらしいんですもん)
絶対的な安定感を持つ山下さんのバスバリトンの響きの豊かなこと。
そこに「華」である望月さんのテノールが響き、
4人の重量に決して負けることのない、繊細で力強い河原さんのピアノが奏でるハーモニー!

誰が欠けてもこの魅力は伝わらないんじゃないかと思います。
90kgを切ったら強制脱退だそうですので(笑)、くれぐれもお身体を大切に、いつまでもいつまでもご活躍を続けて欲しいと思います。

年明けも彼らのコンサートが続くみたいです。
機会があれば、是非是非、お出かけください。
私は3月にまた行きたいな~と思ってます。^^


【Divo Grasso & IL DEVU 公式deブログ♪】 http://ameblo.jp/devudivo/
【Facebook公式ページ】 https://www.facebook.com/pages/IL-DEVU/600202643336958

「つづく」に、CDの事をちょっと。




今回(2013年12月4日)彼らの1stアルバム、「DEBUT」が発売になりました。
コンサート会場で購入すれば、きっとサインがもらえるに違いないと楽しみにしていた通り、サインをいただいてきました。
ステージ終了後でお疲れでしょうに、皆さんニコニコとされ、私みたいにデカイ女でも彼らの隣に並んだら小さく見えるかもね(笑)、と思える優しさがにじみ出るような方達でした。

あれ以来、毎日車の中でCDを聴いています。勿論、大音量で(笑)
やっぱり「パセラ」が一番好きかな。

彼らの魅力は何よりも生で聴くことだと思いますが、でも、そう頻繁には聴けませんからCDもいいのですよ(笑)
今度は息子も一緒に行きたいな。^^

音楽のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する