元旦早々、指切った。

2014/01/09 00:07

元旦早々、包丁で指を切ってしまった。
結構な勢いで切ったので、左手薬指の爪の横がパックリと切れた。
あまり痛みは感じなかったし出血も少なかったので、自宅で消毒しただけで済ませていたが、
ようやくそれがくっついてきて、一安心した。

まだ長男がハイハイしていた頃に、同じようなケガをしたことがある。
こんにゃくを切っていたら、足下に纏わり付いてきたのでそちらに気をとられ、うっかり。
その時は、やはり痛みはたいしたことはなかったが、しばらく血が止まらなかったので、
「もしや、この傷は縫った方が良いのだろうか…」と不安になり、
当時、夫の勤め先が徒歩3分という近距離だったので、思わず「どーしよー?」と電話してしまった。

今思うと、アホである。

結婚して住んだ土地だったので、知り合いなど全く居ず、医者だって小児科以外は知らなかったし、
何より出血している状態で、結構でかくなった赤ん坊を抱えて医者へ行くのは難しい。
頼る相手は夫しかいなかったのだから、仕方ないと言えば仕方ないが、
今となれば、若気の至り。やはりただの甘ったれとしか思えん。

(笑)

まだ携帯も持っていなかった時期で、夫は驚いてすぐに帰宅して医者へ連れていってくれたが、
そこでワタシなんかより重篤な救急患者が搬送されてきていて、まあ、待った待った。
待っている間に出血は止まり、それでも縫う代わりに強力なテープで傷をおさえるという処置をした。

20年たつと人間図太くなるもので、切った瞬間流水で傷を洗い、消毒をして、絆創膏で押さえた。
数日、指先がジンジンと痛んだので、「化膿したらやばいな」とは思ったものの、順調に回復。
結構パックリと切れていたので、一日、数回絆創膏を替える時に、職場の同僚に傷を見せると、
大抵、ギョッとしてくれた。
「人間の身体って、すごい…」と言った人もいたっけ。
皆さん、見せた甲斐があったと思える良いリアクションであった(笑)

年をとると傷の治りが遅くなるのは分かっているけど、なかなかくっつかなかったのでありゃりゃと思っていた。
それも、ようやくくっついたようで、もうなんてことない傷跡になった。

正月早々失敗したな、と思っていたが、翌日エライ胃痛に襲われ、医療機関受診を夫に申し渡されてしまい、
明日、お初の胃カメラ検査である。

実は、ちょっと楽しみだったりするのは、内緒。^^

よもやま  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

お久しぶりですー。

初胃カメラなのですね。
今までご縁が無かったのは幸いなことですよ。
胃カメラは医師の「ウデ」が大きく左右しますので、
その辺りも含めて大いに体験なさってくださいな。

私は何度か胃カメラやってますが、自分の内臓が直接見られるまたとない機会なので、涙目になりつつも面白がっております(苦笑)

どうか、大事ありませんように。

| 2014/01/11 |  22:12 | koo #74deeMv2 |  URL | 編集 |

コメントありがとうございます♪

☆koo様

 こんにちは~今年もどうぞ宜しくお願いいたします。^^

> 初胃カメラなのですね。
> 今までご縁が無かったのは幸いなことですよ。
> 胃カメラは医師の「ウデ」が大きく左右しますので、
> その辺りも含めて大いに体験なさってくださいな。

 あ、そうなんですか?
 全然苦しくなく済んだのは、もしかして先生のお陰だったのでしょうか?
 まだできたばっかりのクリニックで、先生は何とワタシと同い年でした~

> 私は何度か胃カメラやってますが、自分の内臓が直接見られるまたとない機会なので、涙目になりつつも面白がっております(苦笑)

 ワタシも実は密かに楽しみにしていたんですが、メガネ外しちゃったので全然見えませんでした。
 残念…(笑)

> どうか、大事ありませんように。

 ありがとうございます。
 お陰様でたいしたことなく済みました。
 「逆流性食道炎と軽い胃炎ですね」と先生に言われたとき、「あ、何ともなかったんですね!」と相づちを打ったら、「違います! 逆流性のね…」とまた説明されてしまいました。^^;

 kooさんも、どうぞお身体大切に~♪

| 2014/01/12 |  00:16 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する