アウトプットとインプット

2014/04/26 23:32

ワタシは朝のTVはNHKしか見ないことにしている。
他局はウルサいから。^^;
低血圧で貧血気味のワタシは、朝のテンションが異様に低い。
だから、静かにしていて欲しいのよ。
それにNHKは基本同じニュースの繰り返しなのもありがたい。だって、朝は家事でバタバタしているからTVの前にじっと座ってるわけにいかない。それでも何となく大きなニュースが把握できるのは、ありがたいですから。

で、今はニュース・朝ドラを見て、あさイチを見る。有働さんとイノッチでやってるあれです。
先週だったかな、綾野剛がゲスト出演していて、思わず腰を落ち着けて見てしまった(笑)

この人、面白いですね。
まだ二十代かと思ったら32歳、だったかな。
ほぼNHKしか見ないワタシが役者さんを認識するのは、朝ドラか大河ドラマなわけでして、^^;
その点、綾野君は「カーネーション」「八重の桜」と両方に出演しているのでばっちり認識できてます。
(笑)

いや、綾野君の話をしたかったわけではないんですが。^^;
彼が番組の中でした話が興味深かったんです。

自分たちは(たぶん、俳優という意味だと思う)アウトプットする機会が多い。
どうしてもアウトプットに偏りがちだから、そこで消費されちゃいけないと思っている。
だから、如何にしてインプットの機会を得るか。

というような内容の話をしていたんですね。
で、彼の面白いところは、インプットの機会が「寿司を食べること」なんだそうで。
目で見て、においをかいで、つまんで、食べる。
自分の五感をフルにつかって食べることで、どーも、いろんなモノをインプットすることができるらしいです。

うーん、よくわかんない人ですね。
(笑)

でもその時にね、そっか-、俳優さんってインプットよりアウトプットのが多いのか、と初めて気が付いたわけです。
ワタシのように基本主婦、パートでお仕事という立場だと、あまりアウトプットする機会はありません。
家の中で常に自分をアウトプットするって、ワタシには考えにくいけど、でも、お料理とかお裁縫とか園芸とか、そういう事を主体としていれば日常生活(家事)の中でアウトプットすることも可能なのかもしれません。
が、ワタシはそういうアウトプットはあまりしてないですね。

仕事もあまりクリエイティブなものではないですし、企画したり営業したりという事もありませんので、やはりアウトプットする機会は多くありません。

本を読んだり、演奏会に出かけたり、美術館に行ったり、アニメを見たり、映画を見たり、美味しいモノを食べたり。
どう考えても、インプットの方が多いんですよ。

だから、今までも思っていたんです。インプットばかりじゃいかん、と。
インプットとアウトプットって、バランスがあると思うんです。
集中的に何冊も本を読んでる、みたいに時期的にどちらかに偏ってしまうことはありますが、ずうううっっとインプットしっぱなしって身体に良くないような気がしてくるんです。しません?

先日の記事に受け手も表現をすることがあってしかるべきみたいな事を書きましたが、それだって実は自分のしていることを正当化したいがための言い訳のようなものでもありまして。^^;
単に、ワタシが喋りたいだけと言ってしまえばそれもあながち間違いではないんですが。
インプットしたら、何らかの形でアウトプットした方がいいよ、と結構本気で思っているんです。

ため込みすぎも、出し過ぎも、どっちも良くない。
ため込みすぎると澱むし、出し過ぎると空虚になる。
人によってバランスの違いはあるだろうけれど、自分の気持ちの良い状態になるようにした方がいいと思います。

だから、ワタシは詰め込んだ分、ここでこうしてアウトプットするわけで、それにお付き合いくださる方々には心から感謝しているんです。本当に。
それで、もし、そこから何かしら繋がるものがあったりすると、とても嬉しいと思うのですが、それはワタシにはわからないことなので、ワタシは懲りもせずここでアウトプットを続けているというわけです。

何をどう表現するにしても、自分の中にあるものしか表すことはできないと思いますし。
自分で思ってもみなかったことが表現できた、というのはありますけど、それも結局は自分で意識していなかったというだけで、自分の中にあったものなのだとワタシは思いますので。

アウトプット、インプットの方法は人それぞれだと思いますけど、
それにしたって、「寿司を食べる」がインプットって、やっぱり綾野剛って面白いと思いました。
そして「消費されちゃいけない」という意識というのは、やはり表現を仕事にしている人の言葉だなあと思ったのでした。
ワタシには、実感できないですけどね。


***

週末はお仕事ですが、来週は久しぶりにヤマト関係のオトモダチのご紹介等々をしたいと思います。
お楽しみに。^^

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する