草むしりまいぶーむ♪

2014/06/16 14:38

  sanada36_mini

さんさんと照る太陽の下、実家で草むしりをして(何しろマイブームなので・笑)、週末仕事に出かけたら、昨日はお絵描きしながら寝落ちしていました。^^;
気が付いたら丑三つ時でして、折角だからとさっくぅだけうpしたのでした。

ども、失礼致しました。

太陽の下で身体を動かすってのはいいですね!
日々、考えなきゃならないことや考えても仕方の無い事がありますけど、ワタシのようにインドア派でいると頭の中の考えにブレーキがかからなくなってしまいます。いくら肉体労働とはいえ、やっぱり「太陽の下」ってのが大事なんだと思います。
お陰様で身体はくたくたになりましたが、頭の中も気持ち良ーくトリップさせてもらい、すっきりしました。
考えても仕方の無い事ってのはあるもんです。
とりあえず毎日を元気に過ごしましょう♪

きっとさっくぅも見えないとこで手伝ってくれていたに違いない(笑)

  sanada36b_mini

トリミングを変えてみました。
ところで、下の写真は実家で撮ったものなんですが、何だかわかります?

  トルコキキョウの蕾

これ、キキョウの蕾なんです。
咲いている方を撮ってくるの忘れちゃって申し訳ないんですが、こんな可愛らしいつぼみだとは思いませんでした。
パカッと開くんですねえ。^^
もしかしたら「トルコキキョウ」と聞いたような気がするんですが、検索してみるとどーも桔梗のような気がします。

2199で桔梗と言えば、メルダが最初に乗りこんだ時の部屋に咲いてましたね。
あれ、桔梗ですよね? 竜胆じゃないよね?(笑)
どうして桔梗だったんだろう? 時期的なものかしら? メルダに似合うからかしら?

ちなみに桔梗の花言葉は
「変わらぬ愛」「気品」「誠実」「従順」
でした。

【つづく】に拍手コメントの御礼を。






☆6/13の「懐メロ」の記事にコメントいただいたY様

 こんにちは~お久しぶりです。^^
 ふふふ、笑っていただいて嬉しいっす♪
 ちびさんたち、振り向けばお宅にも1匹いるやもしれませぬな…(笑)

 お、ニルスご覧になっていた!
 しっかり内容覚えているんですねー。さすがっす。
 最終回…うーんうーんうーん…やっぱり思い出せない!><


☆6/13の「懐メロ」の記事にコメントいただいたK様

 こんにちは~コメントありがとうです~♪
 おや、999お好きですか! あれ、いいですよねー♪(でもリメイクしなくていいかな・笑)
 あのメロディを聞くと、今でも胸が高鳴ります。旅に行きたかったなーーーー!
 歌は、絵の好み以上に好き嫌いがそれぞれあるのかもしれませんね。
 ちなみにワタシは「クレア」が好きでした。^^

 >ドメルの不思議な旅
 言われてみれば第二の旅にも見えて、確かにしみじみしちゃいますね。
 でもきっと相変わらず元気いっぱいですよ!


☆6/13の「懐メロ」の記事にコメントいただいたT様

 こんにちは~コメントありがとうございます♪
 おおーT様もご覧になってらした! いやー、地域を問わず好きな人多かったんですね。^^

 >ガチョウの声は安原義人さんだった

 ええー知りませんでした! 太田くんがニルスを乗せていたのか…(笑)
 オモシロイ所に注目されますね?( ̄ー ̄)

 >Nils! Come on, Nils!
 
 やっぱ、ここですよね? うひゃひゃひゃ時代を感じます♪
 喜んでいただけて良かったです!

TAG : ちび真田

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

お絵かき練習帳  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

気高きガミラスの戦姫、メルダ・ディッツは高貴なる蒼を誇りとする戦士…ですね♪
ガミラス人であるゼーリック国家元帥閣下もその血の色は紫色でしたが、多分メルダの血液の色も紫だと思います。
桔梗の花はやはりメルダと古代のファーストコンタクトの場に在って然りの花だったと初見の時に思いました…!
もちろん2199のテーマは《信じる》ですから、古代戦術長とメルダの出会いにはやはり《誠実》さをもって互いを信じさせたいという監督の想いがあったのかも知れませんね♪
メルダは古代のことが好きですし、個人的にはオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェを彼女に重ねてみていますので、《変わらぬ愛》も宜しいかと…思います♪
バラの花が美しく紅であるように、メルダの愛機《ツヴァルケ》も紅です!
内に秘めた紅のハートに桔梗の蒼・紫はとてもよく似合う…♪
そして、もちろん桔梗は凛とした戦姫メルダにとてもよく似合うと思いますよ♪

| 2014/06/16 |  23:02 | S-ドクター #- |  URL | 編集 |

メルダ愛に圧倒…*^^*

☆S-ドクター様

 こんばんはーコメントありがとうございます。
 いや、ワタシのたった一言の投げかけに丁寧な考察、恐縮でございます。

> 気高きガミラスの戦姫、メルダ・ディッツは高貴なる蒼を誇りとする戦士…ですね♪
> ガミラス人であるゼーリック国家元帥閣下もその血の色は紫色でしたが、多分メルダの血液の色も紫だと思います。

 ああ、そういえば紫でしたね! うっかり青だと思い込んでました。^^;

> 桔梗の花はやはりメルダと古代のファーストコンタクトの場に在って然りの花だったと初見の時に思いました…!

 桔梗ってそんなにメジャーな花じゃないですし、かなり季節限定じゃないですか。
 最初に観たときから、どーして桔梗なんだろー? って疑問だったんですよね。

> もちろん2199のテーマは《信じる》ですから、古代戦術長とメルダの出会いにはやはり《誠実》さをもって互いを信じさせたいという監督の想いがあったのかも知れませんね♪

 ああ、なるほど!

> メルダは古代のことが好きですし、個人的にはオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェを彼女に重ねてみていますので、《変わらぬ愛》も宜しいかと…思います♪

 オスカル! ではアンドレは誰? 古代君?

> バラの花が美しく紅であるように、メルダの愛機《ツヴァルケ》も紅です!

 そう、ワタシはメルダは蒼よりも「紅」のイメージが強かったのですよ。
 あ、でも玲も「紅」がイメージ色なんでしょーかね?
 個人的には「紅」といえば、エメラルダスですけど(笑)

> 内に秘めた紅のハートに桔梗の蒼・紫はとてもよく似合う…♪

 おお! そうきましたか! ドクターの愛が深いですっ!

> そして、もちろん桔梗は凛とした戦姫メルダにとてもよく似合うと思いますよ♪

 これには勿論同意です♪

| 2014/06/19 |  01:55 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する