フェアということ

2014/06/23 01:02

  sanada41a_mini

   となりのさっくぅ


笑っていただけると、大変嬉しい。^^


ワールドカップでゴールの判定方法が変わったらしい。
グラウンドに7台のカメラを設置し、ゴールしたかどうかを1秒で判定し、主審に知らせるという。

柔道の試合におけるビデオ判定の時もそう思ったのだが、この変更にワタシは疑問を呈する。
機械の判定する、フェアな判定が果たして必要なのだろうか。

サッカーだけではないが、試合というのは選手だけで行えるものではない。
いや、ピッチに選手がいてボールがあれば試合うことは可能であるし、ゲーム本来の意義というものはからすればそれが正しいと思う。
だが、ワールドカップやらオリンピックやらといった「正式」な試合を行うには、選手とボールだけでは実行できない。
グラウンドを整備する人がおり、大会を運営する人がおり、応援する人がおり、それでお金を儲けようとする人がおり、
選手がいて、審判がいる。

様々な国の人間が一堂に会し、公平な試合をしようとするならば、守らねばならないルールというものが存在する。
そのルールはフェアでなければならない。
経済力がある国や、狡猾な考えの人間や、主催者に有利になるようなローカルなルールではなく、誰もが納得できるフェアなルールが必要である。

フェアであること、それ自体に異を唱えるつもりはない。

人間は間違える生き物である。
過去、審判の判定に異を唱えたくなる試合は多数あったし、明らかにジャッジミスであるケースだって少なくはない。

ワタシの経験の中でも、息子の試合でゴールをノーカウントと判定され、親子共々大変悔しかったこともあった。
部活の顧問は、試合後も抗議した。
が、それで試合結果が変わることはなかった。

それでいいじゃないか、とワタシは思う。
悔しいね! と憤れば、それでいいじゃないかとワタシは思う。

たとえ間違った判定でも、審判は絶対である。
それは、泣き寝入りとは本質的に意味が違うものだと、ワタシは思う。
人間同士の「信頼」の証であると思うのだ。

自分が喩え見ていなかったとしても、「正しい」判定をしてくれる機械がある時、果たして審判は必死になって正確に判定しようとするだろうか?
たぶん、ほとんどの審判は、必死になって正確な判定をしようと心懸けるだろう。
審判とはそういうものだと思う。

だが、自分の判定結果と機械の下した「正しい」判定が違っていたという経験が重なった結果、審判は自分の判定に自信を持ち続けることができるのだろうか?
機械のない、自分の判定に誇りを持ち続けることができるのだろうか?

審判は、あの広いグラウンドをボールと共に駆け回る。隅から隅まで。
ボールを介し、ルール違反が行われていないかと一瞬たりとも気を抜けないだろう。
更には、ボールを保持していない人間にも気を配らなければならない。
あの広大なピッチの隅々にまで気を配り、常に動き回るボールと、死ぬ気でそれを追いかける人間の動きを把握しなければならない。
ひとりの人間に阿、全てを見通すことができるのか?
いや、そりゃ無理だろうと思う。

だが、それでいいんじゃないのか。

故意に判定を違える審判はいない。
いや、いるかもしれないがそれは既に審判の資格を失してる。
大勢の観客の見守る中で、録画という決定的な証拠が存在する中で、ひとりの人間が判定を行う。
もしかしたら選手以上のプレッシャーと疲労の中にある審判の、
自分の判定がこの試合の行方を左右するという自負と誇り。

審判に対する絶対的な信頼。
それは、ある意味、スポーツマンシップの原点のひとつであるのではないか。

機械はあくまでも機械である。
ひとつの便利なツールとして、上手に使えばそれでよし。
機械が加わったからと言って、審判の絶対性が崩壊するわけではない。

それもまた、間違いではないだろう。

だが、人間はそれほど確固たる生き物ではない。
助けがあること。
時として、それが足を引っ張ることだって多々あるのだ。

判定は正確で無ければならない。
だが、ワタシは決して譲れない一線はあると思う。
審判という人間が下した判断、それに勝るものはない、とワタシは思うのだ。

だいたい、フェアというけれど。
優秀な選手や指導者、整備された練習環境がある経済的に豊かなチームが有利になるのはわかりきっていること。
同じ環境で練習を重ねたわけではない選手同士が同じルールで戦うことを「フェア」というのか?
まあ、そういう有利なチームが必ずしも勝利するわけではないところが、スポーツの魅力のひとつなんだろうけど。

正確な判定への固執が、スポーツを歪にしてしまわないことを、祈る。
(偉そうな結びで申し訳ない…^^;)



TAG : ちび真田

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

お絵かき練習帳  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する