いっせーのせ! The 1st お題の「写真」について

2014/07/04 12:54

先週の前哨戦に引き続いての、いっせーのせ! 企画 第1回」 です。
お題は、星花繚乱の瑞喜様より 「写真」

いやー、上手いお題だと思いました。
ワタシはお題を考えるのは苦手で…^^;
どうしても季節モノになってしまい、ヤマトのお話の中から言葉を上手くピックアップできません。

原作にもありましたが、「2199」では写真は多様されていました。
ということに、実はこのお題をいただいてから気が付いたのでした。

以前、あの時代に紙の本がどのように存在するのだろうか、と考えたことがありました。
たぶん、その多くはデジタルとして存在するに違いない。
けれど、人間の「実物を手にしたい」という欲求は「利便性」では消滅しないのではないかと考え、
ほとんどはデジタル化されつつも、「嗜好」の範囲で、少数ながら存続するのではないかと思っていました。

「2199」は、現在つまり2014年よりはちょっと便利になっているようではありましたが、
それでも、デジタルとアナログが共存する世界でしたね。
沖田艦長の部屋にある本だけなら「趣味」と言えなくもないかと思いますが、
真田さんの研究室にあった書棚には、たんまり分厚い本がありましたからね。
デジタルを得意とする研究者である真田の研究室に、多量の本があったということで、
紙とデジタルは案外共存しているんだよ~ん、という世界なんじゃないかと思っています。

「写真」はちょっと意味が違うかもしれません。

というのは、デジタル化が当たり前である世界というのは、エネルギー供給が安定しているからこそ実現できるものだと思います。
現在のポータブル機器に納められた写真というのは、「電気」が無い世界では見ることができません。
機械の中に入っていても、エネルギーの供給が不安定では、見たい時に見られるかどうか不安ですよね。
「絶対に無くしたくないもの」を、ワタシならそんな環境下に置くことはしません。
再生機器がなくとも、エネルギーがなくとも、最後まで肌身離さず持ち歩くことができる状態で存在させたい。
それが、「紙の写真」という形に表れているのではないでしょうか。

戦場で。(「2199」の事ですよ~)
エネルギー供給の不安な地下都市で。
きっと、彼らは「大切な人」を「写真」という形で残したに違いない。
だから、「2199」ではあれだけデジタルが存在しながらも、「写真」があれだけ存在していたのではないかと思うわけです。

「写真」という小道具に、制作陣はきっと強い思いを抱いていたに違いない、とワタシは推測しております。

なので、そこに目を付けた瑞喜ねーさん、さっすがー! と思うんですよね。
というわけで。

今夜、2014.07.04(金)夜
いっせーのせ! The1st 「写真」 出題者:瑞喜様(「星花繚乱」) 開催
です。

どうぞ、お気軽にご参加ください。
ご訪問くださった皆様も、お楽しみいただければ幸いです。^^


※実は今夜は野暮用にて出かけております。
 もし、ポトスの参加が遅れているでしたら、お手数ですが、ご参加くださった皆様、コメント欄にリンク先を記入していただけると大変助かります。お手数おかけしすみませんが、宜しくお願いします。

TAG : いっせーのせ!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

いっせーのせ!  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

肌身離さず…ですか、メンタリティは同じかな!

管理人様、こんにちわ❗️

ええ、まさに肌身離さずの表現がぴったりですよね〜🎵
これほどまでに電子機器が発達してしまうと、アナログ的なエレメントが存在感を失うように思えますが…ヤマトの世界においてはそんな心配は全くいりませんね!

今回の瑞喜さまがお示しになられた《写真》もそうですが、復活篇でも貨物船『ゆき』で星の海を旅する古代艦長に、愛妻の雪から手紙が届くシーンが冒頭にありましたね!
こちらも2199の世界ではスペースメールといった電子媒体でよりスピーディーに連絡が取れるものと理解されますが、《手紙》にも《写真》同様の素敵なアナログ的なエレメントが内在しています🎵

そんな素敵な題材をご提示して下さった瑞喜さまにあらためて感謝申し上げつつ、ふと思いついたのですが…《写真》って、テロン側にだけ許されたもの【特権】ではないですよね(笑)?
2199ヤマト艦内で白兵戦が展開される中、ユキちゃんの部屋で待機を命じられたセレステラの瞳に飛び込んできたのは、古代君とユキちゃんのツーショットでした!
あの時セレステラは何を思ったのでしょう…
そんなことを考えていたら、ガミラスやイスカンダルにだって《写真》があってもいいんじゃない…ってなことになって、ガミラスサイドからこのお題に対してお話をアップさせていただきました。
そして、2199ガミラスのヒロインと言えば、MERUDA…彼女と古代君とのツーショットというシチュエーションで《写真》を楽しんでいただければ嬉しいです…
では、では。

以下、今週のお話で〜す❗️

イニシャルスナップ《写真》に込められた《信頼》の絆…♪
~古代ススムとメルダ・ディッツのツーショット~



| 2014/07/04 |  16:42 | Sドクター #- |  URL | 編集 |

コメントありがとうございます♪

☆S-ドクター様

 こんにちは~お返事が遅くなってしまってごめんなさいm(_ _;)m

> これほどまでに電子機器が発達してしまうと、アナログ的なエレメントが存在感を失うように思えますが…ヤマトの世界においてはそんな心配は全くいりませんね!

 そうですよね~特に「2199」では違和感なくアナログとデジタルが共存していたと思います。
 小道具の使い方がとても上手ですよね。

> 今回の瑞喜さまがお示しになられた《写真》もそうですが、復活篇でも貨物船『ゆき』で星の海を旅する古代艦長に、愛妻の雪から手紙が届くシーンが冒頭にありましたね!

 おお、すっかり忘れてました(^^;)

> そんな素敵な題材をご提示して下さった瑞喜さまにあらためて感謝申し上げつつ、ふと思いついたのですが…《写真》って、テロン側にだけ許されたもの【特権】ではないですよね(笑)?

 あ~確かに! ドクターが目を付けられたのはそこだったんですね!
 ワタシ、気付きませんでした~成る程ね~! さすがです。 

 セレステラは、うん、そう考えると色々と可哀想でしたよね(><)
 うっふっふ、メルダのお話、これからじっくり伺いますね!

 前回に引き続き、ドクターパワーで牽引してください!
 ご参加、ありがとうございます♪

| 2014/07/07 |  07:52 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する