いっせーのせ! 最終回「切り札」【追記有り】

2014/08/08 16:00

いっせーのせ!
  The Pre 2014.06.27 お題「七夕」 (出題者:ポトス)
  The 1st 2014.07.04 お題「写真」 (出題者:瑞喜様)
  The 2nd 2014.07.11 お題「KISS/キス/口づけ」 (出題者:S-ドクター様)
  The 3rd 2014.07.18 お題「羅針盤」(出題者:綾乃様)
  The 4th 2014.07.25 お題「綿菓子」(出題者:ERI様)
  The 5th 2014.08.01 お題「夏!」(出題者:なおQ様)

***

皆様、既にご存知かとは思いますが、2014年07月30日島大介航海長の声優を務められた仲村さんが亡くなられました。
長い間、ヤマトの航海を支え導いてくださった仲村さん。
淋しさは拭えませんが、哀悼の意と共に心からの感謝を捧げ、お見送りしたいと思います。
***

☆The 6th 2014.08.08 お題「切り札」 出題者:ポトス


 ふとした思いつきで始まった当企画でしたが、こうしてたくさんの方に楽しんでいただけ、何よりも嬉しかったです。
 酷暑の最中、またお忙しい中お時間を割いて、ご参加&ご訪問くださった皆様、ありがとうございます!
 最終回のお題は「切り札」。出題したのは、ワタクシです。
 さて、一体どんな切り札が飛び出すやら。とても楽しみにしています。
 
 ご参加にあたって、フライング&後出しでも全く構いませんし、一回だけのご参加もオッケー♪です。
 また、過去お題に挑戦してみた、というご報告もありですので、どうぞお気軽にご参加くださいませ。

 尚、宇宙図書館のBOOKFAIRコーナーに当企画まとめページを作成いたしましたので、ご覧ください。
  宇宙図書館「いっせーのせ!」企画

 ※毎度の事で申し訳ありませんが、当記事は16時にupしますが、夜にならないとリンク等の対応ができません。
  お手数ですが、ご参加いただいた方はコメント欄にてご一報いただけると幸いです。

【作品紹介】
 ポトス作品-illustration:胡蝶の夢(当記事つづく)にて
   「六連発にしたかったんだけど」


 瑞喜様作品-星花繚乱にて
   「切り札」

    太田君てば。そんな秘密兵器を…(笑)

 S-ドクター様-sansakoちゃんにて
   「《蒼き》瞳の見つめる先に……~紅のツヴァルケ誕生秘話~」

    メルダ・ディッツ。誇り高きガミラスの戦姫なり。

 ERI様作品-短編:The planet of Green☆blogにて
   「切り札」

     ワタシ、泣いちゃいました。切ないお話です。是非、読んでください。

 なおQ様作品-漫画:そうそらはれにて
    「切り札」

     やはり最後は副長で。^^


 シスターもも様作品-短編:仮想宇宙空間にて
    「切り札」

      シスターもも様、ご参加ありがとうございます♪
      --(誰しもがたったひとつだけ持っている切り札。【中略】)
      --(どこで使おうが、【中略】その人間の自由だろ。誰にも奪われるべきものじゃない)
      作品より抜粋させていただきました。「さらば」後のお話です。


 みーこ様作品-短編:さいはて銀河のがらくたぼっくすにて
    「切り札」

      こちらも切ない切り札です。
      それでも世界があたたかいのはみーこさんの筆のお陰だと思います。
      一体誰の話なのか、是非、ご訪問ください。


  *****

ポトス作品

 「切り札」

   saq25

 えーと、六連発にしたかったんですけど…(笑)
 こんななんちゃってヤマトだけど、描いたの初めてだよ!(汗)
 だから、詳しく見ちゃダメだよ!(お願い)

 以下、ヤマトオリジナルと2199における「切り札」の考察です。

 「切り札」と言える真田志郎は、オリジナル版における技師長のことですね。
 復活篇の長官なんか、まさに象徴的です。

 「2199」の副長真田は切り札とは言えないと思います。
 彼が天才的頭脳の持ち主だと言うことは疑いようのないところではありますが、
 切り札といえるようなモノを隠し持っているようには見えません。
 
 オリジナルの技師長は、ヤマト艦内というかヤマトという物語そのものに於ける「兄貴」的存在です。
 「兄貴」にだって、実は苦しみや悲しみ、辛さが内包されているわけですが、
 兄貴を見つめる視点は、古代に代表される初心者組であるか、子どもという視聴者のものです。
 ですから、彼らから兄貴の苦悩を窺い知ることはできません。
 それがほろりとこぼれ落ちたのが、パート1の18話「浮かぶ要塞島!! たった二人の決死隊!!」での真田の述懐です。
 だから余計にあの回は輝るんですよね(わくわく)
  ※宇宙図書館1stBOOKFAIRで18話特集をやってますので、ご興味のある方はどうぞ。
   (自サイトの宣伝ですみません・^^;)

 真田を描いた二次創作にはその辺を扱っているものが多くあります。
 物語の表面には現れてこない真田の苦悩をそれぞれに斟酌しているわけです。
 とはいえ、それはやはり「子ども」には見えてこない。
 だからこそ、真田は常に精一杯でやっているにも関わらず、その懐には余裕があるように見えるし、
 実際「こんなこともあろうかと」新兵器を開発しちゃってくれたりするわけです。

 それが2199の副長にはありません。
 2199はオリジナルをより群像劇として描き直しているため、その点が顕著です。
 つまり、真田に限らず誰しもが心の裡に秘めていたハズの苦悩を、大っぴらに表現しちゃっているんです。
 だから、副長は冷静には見えても余裕があるようには見えないし、「兄貴」とは言い難い存在になっています。
 薄っぺらというのとはちょっと違って、懐に深さが見えないというか、懐が透けて見えちゃっている感じ。
 懐が透けてみえちゃっているような人はその能力は尊敬されても、人間性としてあまり尊重されませんね。
 ここが、副長のイタイところじゃないかと思います。(かわゆいとも言いますが・笑)
 
 まあ、オリジナルには「兄貴」の他に「オヤジ」という存在がありましたしね。
 沖田艦長の苦悩は推して知るべしというもので、大っぴらに語られるものじゃなかった。
 土方、山南という艦長たちもその枝に繋がるモノであると思います。
 あ、佐渡先生忘れてました。あれが一番オヤジかな(笑)

 2199でイマイチ何考えているのかわからんというか、懐がありそうなのは、佐渡先生、沖田艦長、土方司令かな。
 けれど、彼らの苦悩も割と言語化されますしね。

 そういう意味では、2199に「切り札」ってのはないのかもしれません。
 誰もが精一杯であり、その精一杯が全て表面化して描かれている。
 見えてる「切り札」って無いっすよね(笑)

 ある意味、本当の切り札として古代進を描きたかったのかもしれませんが、上手くいったとは言い難いかな。
 「古代さん、艦長みたい」という百合亜の言葉は、わりと唐突に聞こえましたから。
 是非、二次創作で補完してください(爆)



 
 

TAG : ちび真田 いっせーのせ!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

いっせーのせ!  | コメント : 12  | トラックバック : 0 |

コメント

波動砲の封印を解くのはやはりこの人ですね!

こんばんわ。

ヤマトの波動砲の封印を解くのはやはり真田さんしかいませんね!
さっくーが波動砲口から飛び出す姿に思わず見とれてしまいました。
金色の星々がアステロイドリングに見えたのは僕だけでしょうか?

さっくー六連発は是非見てみたいものです…♪

確かに、劣勢を全て跳ね返すような強い力を携えた人物もしくは最後に出すとっておきの手段こそ、切り札ですね。
おっしゃられるように2199ヤマトにその人物を探すのは困難かと…波動防壁も20分足らずしか持ちませんし。

コスモリバースを古代守が弟、進のために起動させた時も、副長が「なぜ、今なんだ。古代…」
と叫んでいましたが、オリジナルの真田技師長なら空間磁力メッキのスイッチを無言のままに入れるような対応をきっととってくれたはず…

でも2199は個人的には、あれでいいと思います。
かわゆい…という表現がピタリかと思いますが(笑)、真田さんのゆとりのないところなんてオリジナルでは決して見ることができませんし、彼、見せませんよ! その意味で貴重です…♪

十分に発達した科学は魔法と区別がつかない…この2199ヤマトでの真田さんの発言もそうですが、ピンチを見せる真田さんも僕的には少しであれば許せます(もちろん、限度はありますよ~)。

ただ、《兄貴》はどんなに苦しくても《弟》にそれを悟られてはいけませんし、常に凛としていなければなりません。

特報2にもありますが、この先真田さんには真価をはっきしてもらう場面が必ず登場してきます…何せ敵はあの最強の敵ですから!

最後に、復活篇の真田長官が貨物船「ゆき」艦長古代と夕日を並んで見ながら会話するシーン…お気に入りです♪
信頼する古代の帰りを信じて待つ真田長官…切り札を待つ感じがひしひしと伝わってきますし、このシーンこそ、18話《浮かぶ要塞島!! たった二人の決死隊!!》で魅了されたふたりの先にあるべき姿と受け取れます。
復活篇は何かと賛否両論ありますが、個人的には評価できる作品なんです!
素敵なさっくーをありがとうございました。

| 2014/08/08 |  20:06 | S-ドクター #- |  URL | 編集 |

うちも出来ました。

真田さんとサーシャと古代の短編です。
最終回なので主催者樣方に敬意を表して。
「切り札!」
http://schoonerpooje35.blog.shinobi.jp/Date/20140809/1/

実を言えば前に途中まで書いて放置してたものなので
なんだか季節的にはトンチンカンですけど。
未発表作品です。

| 2014/08/09 |  00:49 | ERI #lObU7GmY |  URL | 編集 |

前回よりは

かなり早い報告ができました!(よかった)
いつもの「蔵」からよろしくお願いします。
あっという間で最終回となりました。楽しかったです~
ありがとうございました。

| 2014/08/09 |  07:12 | なおQ #- |  URL | 編集 |

No title

こんにちは

お誘いいただいた時は夏休み宣言をしておりましたが今日から本当の9連休です。まだ夜の帰省には時間がありましたので「切り札」で1本島航海長の追悼文を書かせていただきました。お題からこれしかないと思った場面です。
http://sistermomo.dreamlog.jp/archives/52339533.html

素敵企画お疲れ様でした^^

| 2014/08/09 |  12:57 | シスターもも #- |  URL | 編集 |

コメントありがとうございます♪

☆S-ドクター様

 こんにちは~!
 何だかあっという間に最終回でございます。
 楽しんでいただけたでしょうか。ご参加コンプリート、心より感謝いたします。^^

> ヤマトの波動砲の封印を解くのはやはり真田さんしかいませんね!
> さっくーが波動砲口から飛び出す姿に思わず見とれてしまいました。
> 金色の星々がアステロイドリングに見えたのは僕だけでしょうか?

 「あっしには見えませんでしたぜ」と息子が申しておりました(笑)

> さっくー六連発は是非見てみたいものです…♪

 さっくーはまだしも、ヤマトを六つも描けないんです~。^^;
 でも、いつか挑戦してみたいなぁ。

> 確かに、劣勢を全て跳ね返すような強い力を携えた人物もしくは最後に出すとっておきの手段こそ、切り札ですね。
> おっしゃられるように2199ヤマトにその人物を探すのは困難かと…波動防壁も20分足らずしか持ちませんし。

 そうなんですよ。ドクターが仰るようにそれが悪いわけじゃないんですけど、
 天才的資質は持っていても、「普通の人が力を合わせて頑張った」というイメージです。

> コスモリバースを古代守が弟、進のために起動させた時も、副長が「なぜ、今なんだ。古代…」
> と叫んでいましたが、オリジナルの真田技師長なら空間磁力メッキのスイッチを無言のままに入れるような対応をきっととってくれたはず…

 ああ、そうですね!
 オリジナルの技師長は、敵の科学力に驚きつつも絶望したりはしないと思うんです。
 どうにかならんか、どこかにあるはずの突き崩す穴を常に探しているような力強さがあります。
 それが【兄貴】なんでしょーね。^^

> でも2199は個人的には、あれでいいと思います。
> かわゆい…という表現がピタリかと思いますが(笑)、真田さんのゆとりのないところなんてオリジナルでは決して見ることができませんし、彼、見せませんよ! その意味で貴重です…♪

 確かに、貴重です! 萌えられます!*^^*
 2199の副長って、常にゆとりなさそうじゃないですか?(笑)

> 十分に発達した科学は魔法と区別がつかない…この2199ヤマトでの真田さんの発言もそうですが、ピンチを見せる真田さんも僕的には少しであれば許せます(もちろん、限度はありますよ~)。

 そうですね。副長の存在を否定するつもりはないです。ああいう真田さんもありだと思います。
 でも、そんな風に感情を露わにしているにも関わらず、
 2199の副長は、オリジナルよりもより機械的な印象がするのはどうしてなんでしょうね?

> ただ、《兄貴》はどんなに苦しくても《弟》にそれを悟られてはいけませんし、常に凛としていなければなりません。

 してない~。凜としてない~(笑)
 これは芳忠さんの演技の賜だと思うんですけど、沖田艦長への「はいっ」が時々、すっごく嬉しそうなんですよね。ああいう表し方って、青野さんの技師長にはなかったので、聞く度に「かわゆい」と思います。

> 特報2にもありますが、この先真田さんには真価をはっきしてもらう場面が必ず登場してきます…何せ敵はあの最強の敵ですから!

 期待しております!

> 最後に、復活篇の真田長官が貨物船「ゆき」艦長古代と夕日を並んで見ながら会話するシーン…お気に入りです♪
> 信頼する古代の帰りを信じて待つ真田長官…切り札を待つ感じがひしひしと伝わってきますし、このシーンこそ、18話《浮かぶ要塞島!! たった二人の決死隊!!》で魅了されたふたりの先にあるべき姿と受け取れます。
> 復活篇は何かと賛否両論ありますが、個人的には評価できる作品なんです!

 ワタシには復活篇は謎の作品です。
 確かに賛否両論ありますが、ワタシはオリジナル世界の未来にある物語として受け入れています。
 ただ、よくわかならいことが多くて(笑)
 2199のように、何か設定があるんだろうな、という感じではなく、先が読めないから、登場人物の心情が斟酌しきれないという感じです。
 だから、是非続編を見たいな~と思っていたのですが、西崎さんがいらっしゃらないのが残念ですね。

> 素敵なさっくーをありがとうございました。

 いえいえ、こちらこそ素敵なコメントをありがとうございました♪

| 2014/08/09 |  16:02 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

LINKつなぎました~♪

☆ERI様

 こんにちは~企画へのご参加ありがとうございます♪
 早速、LINKさせていただきました。^^

> 真田さんとサーシャと古代の短編です。
> 最終回なので主催者樣方に敬意を表して。

 ありがとうございました。^^
 ERIさんの書かれたサーシャ像に、ワタシは酷く納得してしまいました。
 ああ、そうか。こういう女の子だったのかもしれないね、って。
 真田さんの心情の中にいろんな「ずるさ」が内包されていて、いろいろと感じるところがありました。

 お力落としかと思いますが、どうぞ元気をだしてくださいね。

| 2014/08/09 |  16:07 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

ご参加ありがとうございます♪

☆なおQ様

 こんにちは~今回もご参加ありがとうございます♪
 コンプリートしていただき、ワタシもとっても嬉しいです。^^

 早速リンクさせていただきました。
 なおQさんちの副長は、とってもプリティです。^^
 失敗すると、どくろべえの代わりにベムラーゼが出てきたりして?(笑)

 台風、大丈夫ですか?

| 2014/08/09 |  16:12 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

ご参加ありがとうございます♪

☆シスターもも様

 こんにちは~当企画へご参加いただきありがとうございます♪
 ももさんの琴線に触れるお題があったこと、嬉しく思います。
 早速リンクさせていただきました。^^

 自分で出したお題ですが、今回は皆さんの目線の多様さに驚きっぱなしです。
 「あ~~っ、ここかぁ! 考えなかったなあ」と思いつつも、それぞれに納得。
 ももさんのお話も、とても心に響きました。
 素敵なお話をありがとうございました。^^

 お気を付けて帰省されてくださいね。

| 2014/08/09 |  16:17 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

切り札なし!?

最後のお題、参加できなくて残念。「切り札」と言えば旧作ドメル、2199では玲だな・・・とまでは考えたのですが、そこから先が手詰まりでした。もの凄~い後だしで考え付くかも(笑。
切り札の副長イラストも考察も面白く拝見させていただき、「本当の切り札としての古代進」が新作映画でかかれたらいいな~~と思いました^^
でも・・・PVで飛んでるのは02でしたね・・・(期待薄ウス~汗)
素敵な企画ありがとうございました。最近少し慌ただしく自分の記事UPで精いっぱいでしたが、参加された皆様の作品も後ほどゆっくり楽しませていただきたいと思いま~す^^

| 2014/08/10 |  01:17 | ようこん #N.zmwTEQ |  URL | 編集 |

遅れました~(^^;

最後の最後に出遅れまして、すみません(汗)

おかげさまで久々に楽しく書かせて頂きました。
ありがとうござました。

『切り札』を書いていて思ったのですが、私はこういう内容のものを書くのはほんとに苦手だな~とつくづく思いました。
やっぱりお笑いorラブラブ路線ですわ(笑)

パート1の18話、初めて見た時はまだ子供でしたから、すっごく怖かったんです。あの触手と音が。
ある程度大人になるまで、ダメでしたね。内容はすごくいいお話だったのに。

真田さんって私の中では、壁がある存在だったのですが、ポトスさんのおかげでそれがなくなったような気がします。(あれだけ弄っておいて今更~)

楽しい企画をありがとうございました(*^-^*)

| 2014/08/10 |  22:45 | みーこ #Tr5P94Vg |  URL | 編集 |

超後出しでも、お待ちしておりますよ♪

☆ようこん様

 こんばんは~コメントありがとうございます。^^

> 最後のお題、参加できなくて残念。「切り札」と言えば旧作ドメル、2199では玲だな・・・とまでは考えたのですが、そこから先が手詰まりでした。もの凄~い後だしで考え付くかも(笑。

 ドメルに玲ですか! ダブル出演で如何でしょう? 切り札対決とか?(勝手な事言ってます^^;)
 超後出しになったとしても、全然オッケーです! お待ちしておりますね。^^

> 切り札の副長イラストも考察も面白く拝見させていただき、「本当の切り札としての古代進」が新作映画でかかれたらいいな~~と思いました^^
> でも・・・PVで飛んでるのは02でしたね・・・(期待薄ウス~汗)

 駄文をお読みいただき、感謝の極みでございます。
 かっこいい古代君の姿が新作映画で見られるといいですよね!
 (あ、機体までは確認してませんでした。^^; だって副長が乗ってないし・笑)
 でも、雪ちゃんとのシーンが楽しみじゃありませんか?

> 素敵な企画ありがとうございました。最近少し慌ただしく自分の記事UPで精いっぱいでしたが、参加された皆様の作品も後ほどゆっくり楽しませていただきたいと思いま~す^^

 こちらこそありがとうございました。
 ワタシもちょうどバタバタしてしまって、途中、主催者のくせにフォローできなくて申し訳なかったと思います。
 毎回、いろいろな持ち味の作品を楽しませていただきましたが、今回は我ながら良いお題だったな~とか思っています(爆)
 是非、皆様の作品も楽しんでくださいね!

 ありがとうございました♪

| 2014/08/10 |  23:47 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

ご参加ありがとうございます♪

☆みーこ様

 こんばんは~ご参加ありがとうございます。
 こちらこそ、皆さん夏休みで、お休みされる方もお仕事される方もお忙しい時期ですよね…^^;
 もう、ご参加いただけただけで嬉しさいっぱいです!

> 『切り札』を書いていて思ったのですが、私はこういう内容のものを書くのはほんとに苦手だな~とつくづく思いました。
> やっぱりお笑いorラブラブ路線ですわ(笑)

 そんなそんな。優しさの中に切なさがある、素敵なお話だと思います。
 ただ、彼が涙を拭いたハンカチが「レース」なところに、みーこさんの血を感じます!(笑)

> パート1の18話、初めて見た時はまだ子供でしたから、すっごく怖かったんです。あの触手と音が。
> ある程度大人になるまで、ダメでしたね。内容はすごくいいお話だったのに。

 大人的に解釈すると、ちょっとエロティックな惑星ちゃんでしたね(笑)
 ワタシは18話でコロッと転んだクチでございます。

> 真田さんって私の中では、壁がある存在だったのですが、ポトスさんのおかげでそれがなくなったような気がします。(あれだけ弄っておいて今更~)

 みーこさんの弄り方はサイコーです! もーかわゆくて仕方ないっす♪
 あ、でもワタシは逆に航海長の方がちょっと一線引いてる感じがあります。
 ワタシも弄ってみようかしらん? ←怒っちゃいや(笑)

> 楽しい企画をありがとうございました(*^-^*)

 こちらこそ、素敵なお話をありがとうございました!

| 2014/08/10 |  23:54 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する