「方舟」感想02 ガトランティス(ネタバレ)

2014/12/15 15:03

    ヤマト切り絵21_真田志郎&榎本勇
  ヤマト切り絵21_真田志郎&榎本勇

うふふ。画像がでかい時は気に入っている時です(笑)



今年は喪中なので、クリスマスの飾り付けもお正月のお飾りもしません。
なので、blogくらいは遊んでみようかな、と思いまして。
これから10日ほどクリスマスバージョンで遊びます。^^
(そういえば昨日の選挙、むかついたわ~~「官兵衛」の最終回が延びたじゃんか)

「うおーーー何で何で!?」
と怪獣がいきなり叫びました。
何事かと思ったら、「2199に甲斐田さんが出てるじゃーーーん!」とのたまう。
え、それはどなた?(すみません、近頃の声優さん知らなくて…)
「サーベラーだよっ。俺っ、2199観に行く! サーベラーいっぱい出てる!?」
…いや。3回くらいかな…。
「ちっ!!」

うーん、ホントに観に行くのかな。
たぶん、「方舟」は結構ヤツの好みだと思うけど、と結構嬉しいワタシ(←バカ)
でもあんたテスト中だよね。と言ったら、
あははははは…とフェードアウトしつつ退場しちゃいました。

(笑)
そっかー、その好みは知らなかったよ。
そういう理由でもいいからさ、2199観に行ってくれないかな。
地元でやってればな~車で行こうと誘えばいくだろうけど、電車で都内となると…行きたがらないだろうな。

あちこちで評判の宜しくない骨ドラムいや、ガトランティスですが。
下っ品だよね~~~~(笑)
新しいキャラは名前が覚えられないな。
えーと何だっけ、雷鳴のなんちゃら、ゴーラムだっけ?
あの誇り高きガトランティスにこの男! 絶対わざとだよね?
いや~笑った~~~。
ワタシは嫌いじゃないけどな。

でも愛すべきキャラとはいわんな。
ゲールやゼーリックとどこが違うのかな。お育ち?w
あ~、いじらしさがないんだな、ヤツには。だから可愛らしくないんだ。
傲慢さと野蛮さが同居する、どうにもこうにも手に負えないタイプ。

こわいよね。ヤマトの「誠意」とか絶対通じなさそうだもんね。
「わかり合える異星人」と出会った後に、対極の出会い。
「絶対にわかり合えない」ヤツをもってくる。
こりゃ戦うしかなかろう、と思いきや「逃げる」からね~~。

話がずれるけど、この台詞の使い回し、オマージュとも言われるけど、違う人が違うタイミングで言うと違和感あるね。
「違うっ! 断じて違うっ!」って言ったのゼーリックだっけ?
古代の名台詞、ここで使うか~~~と思ったし、
違和感ありまくりだった「一年間育てていただいてありがとうございました」という雪の台詞、
これ「永遠に」のサーシャの台詞だよね(って、オトモダチに言われるまで気付かなかった・笑)。
先日「はやぶさ」の映画を観ていたら、その中で「こんなこともあろうかと」という台詞が絶妙なタイミングで使われてて思わずひとりでにんまりしちゃったけど、2199での使い方はあんまり笑えない。
オマージュって言うけど、使い回しゃいいってもんじゃないからね~(笑)

で、骨ドラムか。
バイキングみたいじゃない? と夫に言ったら、それほど誇り高いとは思えん、と答えが返ってきた。
野蛮人そのものなガトランティスだったけど、ズオーダーはどうなんだろうね?
サーベラーの上から目線を考えると、ヤツが野蛮なだけのようにも思えるけど、
うーん、野蛮なズォーダーだとすると、…ヤマトは絶対勝てないぞ。
うん、登場しなくて良かったんじゃないかな!(笑)

そういえば、アンノーン生物? くらげみたいなのってパンフに書いてあったように思うけど、
あれ、どうみてもダイオウイカだよね~~~~!
エチゼンクラゲじゃあるまい、と思ったら笑えたよ。

…ダメだ。次から次へと脱線してしまう。(笑)

うん、だからね。
「異星人とでもわかり合える」というのが2199の通奏低音としてのテーマならば、
「どうやってもわかり合えない」という相手がいるのも、これまた事実としていいんじゃないかなと思った。
どうやって共存するのか、わかんないけどね。

TAG : 2199 切り絵 星巡る方舟

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する