肩の力を抜こう

2015/02/12 23:34

今朝起きたら、右顎が痛かった。
前にも同じ痛みを感じたことがある。
たぶん、顎関節症のサインだ。
顎を上下に動かすと、多少の違和感があるが、痛みはまだない。音もしない。
たぶん、まだ大丈夫。

自覚はあった。
気が付くと、親指を握り込んでぎゅうっと拳を握りしめている。
別に緊張する場面でもなく、特定の人物の前でもない。
それでも気が付くと、ぎゅううっと力一杯手を握りしめている。
そういう事が日に何度もあった。
気が付いたのはここ数ヶ月だけど、たぶんもっと前からだったのだろうと思う。

口の中にも、横に一本の線がある。
ぎゅうっっと歯を噛みしめているから、線ができちゃうのだ。

ということは、きっと全身に力が入っている状態が度々あるってこと。
ああ、肩こりの原因もこれかも、と思ったりする。

父が病に倒れ帰らぬ人となったことや、職場を変わったこと。
趣味でレース編みや切り絵を始めたこと。
原因はいくつも思い当たる。
力を入れてかたまっているのか、姿勢を変える時に筋肉がギシギシ言うのがわかるようになった。
で。
顎が痛くなった。

いかん、いかん。
以前もこの顎関節症になって、マウスピースを作ったことがある。
あそこまで行く前に何とかせにゃ。

「あ」
って言うんだって。

これはテレビで得た知識だから、どこまでホントかわからないけど、
家の目につく場所に「あ」って書いた紙を貼っておき、
それを目にしたら「あ」って言うんだって。
そうすると、顎に入っていた力が抜けるらしい。

それだけで、いいんだって。
痛くなってからやるんじゃなくて、習慣的にするのがいいんだって。
簡単だから、ワタシもそれやってみよう。

さすがに、職場のあちこちに紙を貼ることはできないけど、
台所やパソコンにも貼ってみよう。
それで症状が治まればめっけもの。
だめだったら、観念してお医者さんに行こう。

ワタシは性格的に「~ねばならない」というのが好きだ。
ヤマト的、ではある。(笑)
でも実際にそういう状況に陥っているのではなく、気持ち的にそっちへと追い詰めていくのが楽ちんなんだと思う。
たぶん、あまり考えなくていいからなのだろうね。
頑張ってるとそれだけでいいことしてるように見えるし。
自分的にも、周りからも。
結果がでなくても、まあそう責められないよね、常々頑張ってるとさ。

だから、ワタシは頑張っちゃうんだろうと思う。
でもそろそろそれは止めようかな~とか思って。
他人や自分に責められない為の状況整備をすることに注力するんじゃなくて、
違うことを目指そうかな、と思って。

だから、信じようと思って。
他人のことも、自分のことも。
肩の力を抜いて、楽しく歩いて行きたいな、と思ってる。

まずは、顎関節症にならないために、「あ」、です。
(笑)

週末、義父の十三回忌と義母の七回忌の為、長州遠征してきます。
久しぶりにドライブです!
関ヶ原は通らない予定でいるので、いつもとちょっと道順が違うみたいです。
というわけで、帰ってくるのは来週半ばです。
行ってきま~す♪

※「つづく」に拍手コメントお礼



☆2/8にメールフォームからご連絡いただいたY様

 こんにちは~お久しぶりです。ご連絡ありがとうございました!

 いや、これ知りませんでしたよ!
 ひとりで爆笑した後、夫を呼んでふたりで爆笑しました。
 職場の同僚にも「あれ、笑った」と言われました。
 やるね! SB!(笑)

 ワタシはさすがに全部はわかりませんでしたが、夫はわかったようです。
 遠征の時、駅に寄ってみようかな~(笑)


☆2/9に「父との想い出」にコメントいただいたツクル様

 拍手コメントにお礼が付けられるようになったことを失念してました(笑)
 (お礼はそちらに付けました)
 コメントありがとうございました。^^
 しかも、何時の間にか新作がupされてますね~~~♪
 楽しみにしていたんですよ~早速伺いますね~

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する