足りないものは

2015/02/20 00:39

わかっているのに、なかなかできない。

どうしてだろう?
ちょっと考えてみた。



職場に20代後半の女性がいる。
彼女は毎日数分だけ遅刻してくる。或いは、時間ぎりぎりに出勤してくる。
面白いくらい、毎日だ。

出勤時間だけではない。
仕事の準備も、ゆっくりだ。
え、まだできてないの? わかってたじゃん!? ということの繰り返し。

その態度にキレて言葉きつく説教し、「言い過ぎた」と落ち込み反省する人。
「どうしてそうなのかなあ?」と、子どもに諭すように話を聞いてあげる人。
最初から当てにしてない人。

周りの対応はそれぞれだが、彼女の態度は一向に改まらない。
話を聞くと、本人も悪いと思ってるし、早めに行動した方が良いことはわかっているらしい。
それで周囲の人間が苛ついていることもわかっているし、居心地悪いと感じているらしい。
でも、できないんだそうだ。

「弁当のおかず詰めてる時間があったら、それしないで家出ればいいんじゃん?」とワタシなんかは思ったりもするけど。
怒られた翌日は何事もなかったように出勤してきて繰り返すのだ。

これじゃまずい、と本人が強く思わなきゃなおらないよ。とワタシは思っていた。
というのも、ワタシもそういう時期があったのだ。
今思うと、どうしてあんなに酷かったのかわからないくらい、ルーズだった。
何もかも、だ。

今は、たぶん、さほど酷くないと思う。超厳格でもないけど(笑)
どうしてかわったのか。
振り返ってみても、大きなきっかけはなかったように思う。

とすると、「大きな失敗をすれば学ぶ」ということではないと思うのだ。
大体、まずいまずいと思いつつ、そういう態度が改まらないのは、
実はそれでどうにかなっているからなのだと思う。
多少は怒られる。嫌な思いもする。他人に迷惑も掛ける。
でも、取り返しがつかないほどの失敗は、そうそうしないものだ。

そうか。
成功体験が足りないのだ。
と気付いた。

人間は経験から学ぶのだと思う。

つまり、
怒られる。嫌な思いをする。迷惑をかける。
そういうちょっと嫌な、でも耐えられないほどではない失敗体験を重ねると、
自分はいい加減だ、ダメなヤツだ、仕事はイヤだ、という事を学んでしまう。
そこから学ぶのは、そういう負の感情だけだ。

これじゃいけない。
そう思えるためには、やったらできた、やったら褒められた、やったら認められた、という経験が不可欠である。

やらないから、できない。
やれば、できる。

これは、同じ事を裏と表から見ているだけだ。
でも、「自分はできない」と「やらないから、できない」という感覚には百里ほどの差があると思う。
「自分はできない人間だ」ではなく、
「やらないから、できない」のだということを自覚するためには、
「やれば、できる」という経験が絶対に必要になるのだ。

「やらないと後々面倒なことになる」ということを理解するためには、
「やっておけば楽ちん」という実感が必要だよね?

小さなことでいい。
「やったら、できた」という経験を積み重ねることで、人は前に進めるのだと思う。
「やらないから、できない」人は、
その小さな小さな成功体験の積み重ねが、圧倒的に少ないのではなかろうか、と思うのだ。
たぶん、楽をしたいからズルしているわけではないのだろうと思う。

それをどうやって経験させるのか。経験していくのか。
そこは難しいよね。

社会の中では、叱られる経験も大事だ。
でも、その前には成功体験、つまり、やったらできた、褒められた、認められた、という経験をすることはもっと大事だ。

ああ、子育てで「褒めて育てる」ってそういう事なのかもしれない、と今にして思う。
しまつた。
そうか、ヤツ(←怪獣)の取りかかりが遅いのも、見通しが甘いのも、
うまくデキた時にちゃんと認めてやれてなかったのかもしれない。
失敗すれば自分で学ぶでしょ、というのはちょいと手抜きだったのかもしれない。
と、思う。

たぶん、今からでも遅くはないだろう。
ちゃんとできた時にきちんと認める、ということを意識的にやってみようと思う。
自分でも、尻込みしてしまうような事例には、小さな一歩を重ねる努力をしよう。

そんな事を思っていたら、同じように成功体験について言及している人がいた。

僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない (PHP新書)僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない (PHP新書)
(2014/10/16)
岡田 斗司夫 FREEex

商品詳細を見る


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
(2013/11/01)
堀江 貴文

商品詳細を見る


ワタシ的にタイムリーで面白い本だった。
機会があれば是非手にとってみてください。^^

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

うわ!身近にいる!同じような人…

読んでて、自分とこの話かと思ったくらい、似たような動向の人がいます!!
その人、ついに雇用形態を自動更新から2ヶ月契約にされちゃったの。やっぱり遅刻と、同じようなミスの繰り返しが直らない上に本人に反省の色が無いからです。

私は、腹は立つけど責めてさらにミスされたら自分が尻拭いしなきゃならないから、怒らない。過去には褒めてみたら(おだてにのって)良くなるかと思ってやってみたんだけど、そうしたら横柄になっただけだった!
新人が入ると大体1週間もしないうちに「なんですか、あの人は」って呆れ顔になるんだよね……それには本人気付いてない。ホント困ったちゃんです…

そういう人って、常に自分を誰か「自分より下の人」と比較していて、「あの人より自分の方がましだから」って思ってる気がする。
だから直らないんじゃないだろうか。

ポトスちゃんみたいに性格の良いまっすぐな人だと、「褒められ体験が前向きな態度を作る」って言えるかもだけど、常に自分以下の人を探してて、それで安心している性格の悪い人もいるように思う……

まあ、善くも悪くも、誰かと自分を比較しているうちは、人間良い方へは伸びないよね〜。

けど、自分の子は別。
やっぱり「褒められ体験」がヤル気に結びつくのは確かだと思う(^^)
私も、何でも良いから一日に最低一回は褒めるようにしてます〜

| 2015/02/22 |  16:48 | ERI #lObU7GmY |  URL | 編集 |

遅くなりました!

☆ERI様

 こんにちは~お返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい!

> 読んでて、自分とこの話かと思ったくらい、似たような動向の人がいます!!

 え、そうなんですか! 実は同じことを他の方からも言われてますが…
 うーん、どこにでもいる人種、ってことですかね?^^;

> その人、ついに雇用形態を自動更新から2ヶ月契約にされちゃったの。

 あ~うちはそういうこと有り得ないからな~。
 
> 過去には褒めてみたら(おだてにのって)良くなるかと思ってやってみたんだけど、そうしたら横柄になっただけだった!

 あ、そうそう! そこも難しいとこですよね!

> そういう人って、常に自分を誰か「自分より下の人」と比較していて、「あの人より自分の方がましだから」って思ってる気がする。
> だから直らないんじゃないだろうか。

 う~そういう思考回路自体、理解できないですよね~~?

> まあ、善くも悪くも、誰かと自分を比較しているうちは、人間良い方へは伸びないよね〜。

 そうそう、そうなんですよね。
 ワタシは比較して「どうしてこんなにダメなんだ」と落ち込んじゃう方なんですけど、
 これも結局は自分をいじめて逃げてるだけですからね~。

> けど、自分の子は別。
> やっぱり「褒められ体験」がヤル気に結びつくのは確かだと思う(^^)
> 私も、何でも良いから一日に最低一回は褒めるようにしてます〜

 お、さすがERIさん! 偉いな~
 ワタシは一日一回褒める、はやってないな~。
 最近はいろいろやってくれるようになったから、よく「ありがと」ってお礼は言うけど。
 (それだけ、いろいろやって貰ってるってことですね・笑)

 タイミング良く褒めるのって、結構難しいじゃないですか。気が付いてやる、っていうか。
 ちゃんと見てなきゃいけないから。
 いい加減な褒め方って、口先だけだったり見透かされちゃったりしますもんね。
 気が付いた時は褒めてるつもりだったけど、ちゃんと見てなかったのかな~って最近思うわけです。
 
 自分の子も、職場の同僚も、うん、難しいっすよね…^^;

| 2015/02/27 |  01:00 | ポトス #Kyq53.yY |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する