青野さんを偲んで

2015/04/10 01:27

 真田志郎45
 真田長官45

今年は戦後70年という節目の年なので、
4月7日は戦艦大和が沈没した日ということで、ニュースや特番になってました。
ワタシは宇宙戦艦ヤマトを好きになるまで、戦艦大和への特別な感情はありませんでした。
だから、「あの」ヤマトが飛び立ち活躍する、思い入れはありません。
どちらかといえば、このアニメは実際の戦争とは関係ないものなのだ、関係づけてはいけないのだ、
と思っていたくらいでしたが、今は、ヤマトに大和を重ねる想いも理解できる気がします。
やっぱり、共感はできませんけどね。^^;

実は、4/7の事はテレビを見るまですっかり失念していたのですが、
4/9は忘れませんでした。
今でも、お出かけ帰りの電車の中で受け取った、青野さんの訃報を知らせてくれたメールを読んだときのショックは覚えています。
結局、お目に掛かる機会を得ること叶わず、とても残念でした。
ワタシが気になる人に向けて、積極的に動くことが多いのは、
これを繰り返したくないからなのかもしれません。

そういえば、「こんなこともあろうかと」という台詞を使う機会があったので、
ここぞとばかりに口にしてみたのですが、
言い慣れない台詞に噛んでしまい、効果半減してしまいました。^^;
書き慣れてはいるんだけどな(笑)

2199以外の真田さんを描いたのは初めてです。
やっぱり難しいですね~~!
色味的にもちょっとヘンですけど、ワタシの持っている画像ソフトはこれが精一杯なのでした。
くうう、1000は遠いな…!(←仙人を目指そう・笑)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する