横須賀へ行ってきた(4)

2015/05/24 00:02

すっかりご無沙汰ですが、YOKOSUKA軍港めぐり(4)です。

 ***YOKOSUKA軍港めぐり (1) (2) (3)

YOKOSUKA軍港めぐり

新井堀割水路を通ります。



そういえば、この水路を通っている時に、「どうして日本はm(メートル)法を使うんでしょう?」というお話がありました。
アメリカ(イギリス)ならインチ・フィート・ヤードですよね。
話は幕末に飛びまして、当時イギリスと仲良くしていたのは薩長等の倒幕側です。
海軍伝習所等々が設立されたのは、ほんのわずかとはいえ、まだ江戸時代。
幕府官立の施設ですから、当時幕府がよろしくお付き合いしていたフランスに助力を乞いました。
つまり、日本海軍が手本としたのがフランス軍だったということですね。
フランスはメートル法を採用していたということです。
「パン」もフランス語なんですってね。(言われるまで気付かなかった・笑 英語ならブレッドだもんね)
どうしてもパンを食べたかったフランス人が横須賀で作り始めたとか。

なんて話をしていたら、なにやらお船がたくさん見えてきましたよ。

YOKOSUKA軍港めぐり

YOKOSUKA軍港めぐり
これは何だったかな?
試験艦あすか、だそうです。(wikipediaはすごいね ^^;)

YOKOSUKA軍港めぐり

114たかなみ型護衛艦すずなみ 116あきづき型護衛艦てるづき

YOKOSUKA軍港めぐり

153あさぎり型護衛艦ゆうぎり 110,111たかなみ型護衛艦

YOKOSUKA軍港めぐり
YOKOSUKA軍港めぐり

そしてででーん!
YOKOSUKA軍港めぐり
このでっかい艦は、ヘリコプター搭載護衛艦いずもですね!

そして、乗り込む前に帰港してきた潜水艦の横を通り
YOKOSUKA軍港めぐり

YOKOSUKA軍港めぐりは終了です。

最後、もっとイロイロ話してくださっていたんですが、時間が空いたのですっかり忘れてしまいました。^^;
へぼな写真ばかりでしたが、おつきあいくださり、ありがとうございました。

この後、私たちは三笠公園へ行き、記念艦三笠を2時間かけて堪能してきました。ww
(クルージングの場所からゆっくり歩いて15分くらいかな)
日本海軍の艦隊コレクション(プラモデル)があり、それをじっくりと見ていたのでした。
比べて見ると、それぞれに違いがあって面白かったです。

三笠については、横須賀へ行く前に「予習」、行った後に「復習」と言って、
夫が映画「日本海海戦」を解説してくれたのでした。

三笠に行って一番に思ったのは「この艦は戦う艦なんだ」ということ。
こんなに薄い鉄板?一枚しかなかったら、攻撃受けたらやばいよね~~とつくづく思いました。
それに、主砲のでかかったこと!(30センチ)
大和はもっとでかいもんね。

日本海海戦とか太平洋戦争とか。
艦や飛行機を単純に「カッコイイ」と思うし、すげーとも思うし、ヤマトも好きだしね。
でも、やっぱりそれと「戦争」ってのは別次元のものなんだよね、ワタシの中では。
自分たちが戦争をするのも、逃げ惑うのも、息子を戦場に送るのも、やっぱり嫌だと思うのであります。

イロイロと考えさせれる、横須賀めぐりでした。^^
また行きたいです♪





TAG : 横須賀

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

旅行・観光  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する