おせち

2016/01/04 00:00

ポトスちゃんのお家ではおせちは何を作るの?

義母が存命だった頃、そう聞かれた事がある。
今から10年くらい前だったと思う。

ワタシは首を傾げて考えた後、
「もうしばらく帰ってないので忘れちゃいました」
と笑って答えた。

嫌みで言ったつもりはなく(ホントか?)、ホントに即座に思い出せなかったのだな。
ワタシは結婚して以来、義父母が存命中に自分の実家で年末年始を過ごしたことが一度も無い。
帰りたく無かったワケじゃ無いけど、両家ともそれで納得していたので仕方ないと思っていた。
実際、婚家に帰省するのも年に2回がせいぜいだった時期もあり、ホントに仕方ない選択だったのだ。

両家とも二親が居なくなってしまい、今年は自宅で年末年始を過ごした。
去年もそうだったけれど、まだ喪中だったからお祝いするのも憚られたし、掃除しかしなかった。

一切合切が自分一人の肩にかかっていた今年、
帰省すると義母がおせちを作っているのでそれを手伝うという、パターンだったワタシは、
はて、一体全体どうしたものか、と頭を抱えて悩んでしまった。

が、生来料の嫌いなワタシ。
その上、年末12/28、29と友人家族が泊まりに来ていた事もあり、掃除もさぼりっぱなしだったし。
怪獣は冬コミにフルで参戦した上に、年越しも友人と都内で過ごすという青春まっただ中だったので、
元旦朝に帰宅して果てしなく寝まくるヤツと、元旦早々アキバに出かけて行くヤツと、
何だか今年は慌ただしい。

それでも、2日には家族全員でワタシの実家に年始の挨拶に行ってこられたし、満足。

で、肝心のおせちはというと。
ワタシはとりあえず、肉巻きを作った。(美味しかったよ♪)
夫がローストビーフを作った。(ゆずこしょうがよく合った♪)
怪獣が筑前煮を作った。(安定の旨さ♪)
あれ、俺だけ何も作ってない?ま、食べる専門でいいか! というのが一人居たけど。
(笑)
でも、後はできあいで済ませちゃった。えへへ。^^
かまぼこはいつもより奮発して、美味しそうな小田原蒲鉾を買ったら、夫にも怪獣にも好評だった。
栗きんとんは甘すぎ。分かってたけどね。うーん、来年は作るか?
黒豆は家族の好物だけど、やっぱりイマイチ。義母が上手だったんだよね、これ。
来年は怪獣が挑戦するっぽい事を言ってた。
ワタシはいつか水羊羹を作ろうと思ってる。(これは母が作っていたの)
伊達巻きは買う。
紅白なますは好きじゃない人がいるから、千枚漬けで代用した。

いくらとか数の子とかの魚卵系は誰も食べないし、(ワタシだけがいくらを食べる)
さしみは「まずい」と言って食べないし。(出雲と瀬戸内のは美味しかったんだよ)
田作りとかフナの甘露煮とかは、いらん。
エビも食べないんだよねぇ。(エビフライにでもすれば食べるかも!)
お煮しめや八つ頭は、筑前煮で代用。

あと何があったっけ???
とにかくあとはお皿に彩りよく野菜と一緒に並べればお終いなのだ。

でも、三つ葉とか、数日前までは100円程度だったのに、298円ってぼってない??
なんて、料理はきらいだけど、そんな会話をしながら一緒に買い物するのも楽しかったし、
料理も一緒にすると楽しいもんだね。
どうだ! お正月っぽいだろう! と威張りながらお皿を並べた今年のお正月だった。

今年一年が健康で幸せでありますように。

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する