umiの晩ご飯

2018/02/09 23:54

180209
umiの晩ご飯
*ご飯 *シジミの味噌汁 *生姜焼き(私だけ塩こしょう) *きんぴら *肉豆腐

土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』に書いてあったんですが、
人間は火を使って料理をすることによって、食べることに費やす時間もエネルギーも少なくすることができた。
それによって、余暇を獲得したのだ、と。

目から鱗が落ちたような気がしました。
確かに食物に火を通すことによって、食べ物は軟らかく消化も良くなります。
草食動物のようにいつまでもいつまでも噛み続ける必要はなくなり、
消化に必要な長ーーい消化器官も必要なくなります。
そのエネルギーを、時間を、人間は余暇にまわすことによって進化したのだと言われて、
思わず、なるほど! と膝を叩いてしまいました。

ほぼ日に「おいしい店とのつきあい方」と題して、毎週木曜日に、
外食コンサルタントのサカキシンイチロウさんがコラムを書いています。
私はそれが楽しみで欠かさず読んでいますが、
とてもたくさんのことを教えてもらいました。

お店で料理を出す人にも、食べる人にも、
家で料理をする人にも、食べる人にも、
みんな、それぞれの理由と気遣いが存在し、
料理が好きな人は、どうしたらそれで皆がHappyになれるのか考えているんだな、と思うようになりました。

我が家ではこの2年くらい、毎日umiちゃんがご飯を作ってくれます。
今日は初めて肉豆腐に挑戦し、とても美味しくできました。
記録の為に撮っている写真なので、インスタ映えはしませんが、
私はとても美味しくいただきました。^^
仕事から帰ってコタツに座っていると、ホカホカのご飯が出てくるというのは、本当に最高の幸せです。
我が家のumiちゃんにも感謝しますが、
世の中のお母さんたちって、本当に偉いなあと毎日思います。

みなさん、毎日お疲れ様です。
ゆっくりと週末をお過ごしくださいね。^^

TAG : umiの晩ご飯

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

よもやま  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

タバコと健康

2018/02/08 11:45

『「タバコと健康」真実(ホント)の話』を一読した。

喫煙者と非喫煙者の意見で構成されている1冊だが、
内容的に禁煙を推奨するものではないのは明白だ。
平成14年に制定された健康増進法以来、
喫煙は何かに付けやり玉に挙げられている。
本当に国民の健康を思うのなら、たばこの販売を止めてはいかがだろうかと思うが、
どうやらそういう簡単な話ではないらしい。

タバコと健康被害についての因果関係は明らかである。
とほとんどの人が思っているが、いや、あれは間違っているという主張もある。
予防接種の副反応による被害について考えていた時もそう思ったが、
データのとり方、データの分析の仕方が、賛成反対両派によって180度違う。
ひとつのデータが結論づけるものは何なのか、いつも首を傾げてしまう。
恣意的な見方によって、騙されているのではないのか、と思ってしまうのだ。
エンゲル係数の上昇は食生活の活性化である、と読み解けるように。

最近ニュースには「専門家」と称する人がよく出てくるが、
あの呼称は止めた方がいいのではないかと思う。
何をして、彼らを専門家たらしてめるのか、さっぱり分からないからだ。
だから、彼らの専門性に疑問を持つと共に、データの分析結果について、つい、疑いを持ってしまう。
もちろん、ただのど素人の私にその分析結果の真偽ははかれない。
だが、そのど素人に、世に流布されているデータの結果が信頼され得ないものであるというのは、
大変悲しいことであると、私は思う。
専門家への信頼が揺らいでいるということに他ならないからだ。

体制に、大勢に? おもねっているのではないか。
都合の悪いことを隠そうとしているのではないか。
相手の揚げ足を取ろうとしているのではないか。
自分の都合のみを優先させているのではないか。

1つのデータから導き出される答えは1つではない。
幾通りもの解釈の仕方が存在する。
だが、それを自分の都合の良いようにばかり用いてはならない。
それをしない人が、専門家なのだと、私は思う。

私はタバコを喫煙しない。
だが、家族には喫煙家がいる。
家庭内、どこでも自由にすっている。
ただ、寝たばこによる火災は怖いので、それだけは禁止だ。
最近、首都圏では喫煙場所があまりにも少ない。
私自身、同じ部屋でタバコを吸われると、最近咳が出るようになってきて、ちょっと辛くもある。
それでも、この禁煙への圧力はあまりにもひどいと思う。

あなたの言うことにも一理ありますが、私の話もちょっと聞いてくださいよ。
そういう議論や落としどころがないものだろうか。
世の中、白黒はっきりさせることと、三方一両損は別のことだと思うのだけど。


テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

本のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ヤマト2202第4章 観たよ!

2018/01/28 14:50

1/27は日中仕事してたので、ライブビューイング回ではないけれど、
夜の回を観てきました。
面白かったよーー!

やっぱりデスラーは圧巻で、前日、釣りバカを見た所為もあって、やまちゃん、やっぱすごいですね~
どんなにヤマトクルーが活躍しても、敵方ボスに小物感が見えるとがっかりしちゃうんだよね。
こいつ、すごい、と思える敵に対して、苦難の末に勝利を掴むのが鉄則。
だから、ズォーダーもデスラーも、何があっても超然としてて欲しい。
たとえ、独善的な勘違いでも構わない!(笑)
もっとも、4章ではデスラーの目的が何なのかハッキリしないのも、拳を握った。
引っ張るなあ、福井さん。
4ヶ月、気になるじゃないか~

ネタバレしないで感想書くって難しいな。
書いた感想、消しまくりだよ(笑)

福井さんのアレンジはみごとだし、羽原さんのこだわりもバランス感覚も素晴らしい。
ただ、艦隊戦以外のキャラ系絵面にも、もちっとこだわっていただけると更に嬉しいのだけれど、
それをやってると、終わらないんでしょうね。

私自身はネタバレOKだけれど、
その作品に出会って初めて受ける衝撃も感動も、その人の権利であって、
それを妨害する権利は他者にはない、
という言葉に今は共感しているので、ネタバレ感想は今は書かないでおきます。

旧作品からのアレンジ、そして、艱難苦難の連続とスピード感、そしてデスラー愛。
肉弾戦も上手く使ってあって、とても面白かったです。^^
パフレットが手に入らなかったのが残念なので、仕方ない(という体で)、2週目に行こうかな。
誰か、ご一緒しませんか?

TAG : 宇宙戦艦ヤマト 2202 第4章感想

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトのこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ピーター・ウィスペルウェイ2018

2018/01/12 17:34

トッパンホールで、ピーター・ウィスペルウェイのチェロを聞いてきた。

2018年1月10日(水)19時開演 トッパンホール
Program
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番 ハ短調 BWV1011
 ブリテン:無伴奏チェロ組曲第3番 Op.87
 コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ Op.8
20180112_01

昨年、トッパンホールでエマニュエル・パユ&エリック・ルサージュを聞いた時に、ちらしを見つけた。
「孤高のチェリスト」というコピーに惹かれて、聞いてみたいと思った。
ウィスペルウェイはオランダのチェリストだ。
年齢不詳なアーティストは多いが(笑)、彼は現在55歳かな。

いや、素晴らしかった。^^
チェロってあんな音が出るのか、とその音色の多彩さに驚き、その音に胸打たれた。

私がクラシックを聴くようになったのは、10年くらい前からで、
勉強もしてないし、素養もないし、耳が良いわけでもないので、
行って聞いて、「素敵だった」と思うか思わないか、という素人愛好家なんですけどね。
幸い、オトモダチが詳しいので、トンデモ演奏を聞くようなことは、まず、ない。
だから、その技術の高さや音楽性の素晴らしさは、既にそこにあるものであって、
こういう驚き方をしたことは、今までなかった。

断っておくと、今まで聞いたチェロの音がヘボかったということでは決してない。
自分では弦楽器より管の方が好きだと思っていたのに、実際聞いてみると反応したのは弦だった。
中でも強く惹かれたのはチェロだった。
しかも、オケより室内楽の方が好きだった。
それを重ねるうちに、好きなアーティストさんができ、誘われる前に自分で見つけるようになった。
という経過を辿り、今では月1~2くらいでコンサートに行っている私にしては、チェロは結構聞いてきた方だと思う。
だから、こういう驚き方をした自分に驚いたのだった。

プログラムを見たときに、無伴奏3つか、^^;と思った。
バッハの無伴奏チェロは好きだけど、眠くなるかも…(しかもこの日は盛大に寝不足だった)
ブリテンとコダーイも無伴奏…小品でもやってくれると私でも楽しめるんだけどな、とか思ってたのに。
いや、素晴らしかったわ。
特に、コダーイ。
え、これってこんな曲だったっけ?
え、チェロってこんな音出るの?
深みのある低音も、さえずるような高音も、とにかく素敵で、わくわくしっぱなし。

私の席はP列の中央よりという場所で、ホールの後ろから何番目の席だったけど、
もう目の前で弾いてんじゃないかって思えるような距離感だった。
この感覚は前回のパユ&ルサージュの時にも思ったから、もしかしたらホールのせいかもしれないけれど、
演奏家に力がなかったら、そうはならないだろうととは思う。

BGMとして日常的に聞くようなことはないと思うけれど、
来日した際には、また、是非、聞きに行きたいと思う。
サイン会があったら、CD買って並ぶくらいには、ファンになった。

ちなみに、このコンサートのチケット、申し込むのが遅かったから、
最初、HPを見たときには販売終了枚数に達しましただったのだけど、
翌日確認したら、1席だけ空いていたので、すかさずゲットしたチケットだったのだ。

今年のコンサート始め、素敵な演奏に出逢えてとてもハッピーでした。
次は、来週の宮田君チェロです。^^

TAG : ピーター・ウィスペルウェイ トッパンホール

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

音楽のこと  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

【切り絵】ヤマト2202 真田志郎

2018/01/09 00:59

切り絵255
【切り絵】謹賀新年 宇宙戦艦ヤマト2202 真田志郎

昨日成人の日だったので、文字を「祝・成人」にしようかと思いましたが、
まずはご挨拶ということで、謹賀新年 副長です。^^
副長切ってる時間より、背景の小物を切ってる時間のが数倍かかったというシロモノですが、
副長なので楽しかった♡

月末には2202の第4章も公開になるので、楽しみですね。
年末、ゆっくりと見られなかったので、これからじっくりとPV見ようと思います。^^

寒波襲来の前に、春の陽気になるようですので、
どうぞ、体調をくずされませんようお気を付けください。


▼「つづく」に拍手コメントお礼。



続きを読む »

TAG : 切り絵 宇宙戦艦ヤマト 2199 2202 真田志郎

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

拍手コメントお礼  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |